プロフィール

島崎よう子

Author:島崎よう子
明治大学文学部卒業。退職後子育ての傍ら青葉文庫、カンガルー共同保育、青葉小・5中PTA、リサイクル条例直接請求運動に係る。1995年東村山市議会議員初当選。現在6期目。

厚生委員会。議会運営委員、広報広聴委員。
保護司。
自治体議会改革フォーラム会員。全国フェミニスト議員連、財政問題研究会。
介護予防大作戦実行委員、青葉町福祉協力員、いきいきシニアあっぱれ脳トレ、みんなのうたごえ実行委員
sorakazeyoko@w3.dion.ne.jp

島崎よう子 on Twitter
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
そらかぜ通信*Mobile
そらかぜ通信のブログは携帯からもご覧いただけます。
QRコード
ブログ検索
3月議会一般質問「LGBTを含むすべてのこどもが、ありのままで大人になれる社会を」
LGBTチラシ 東村山市立第四中学校 「人権教育公開授業」


 3点目の質問に移ります。LGBTを含むすべての子どもがありのままで大人になれる社会をについてです。
LGBTとは、レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダーの頭文字をとった総称です。性的マイノリティーは、電通ダイバーシティ・ラボが2015年4月に実施した調査によると7.6%、13人に1人いるという結果が出ているそうです。
2013年10月から12月、東京都のLGBTの学校生活実態調査では、LGBTの大半から小学校から思春期のころに性的違和感を自覚しており、「いじめや暴力を受けたことがある」が約68%、「LGBTをネタとした冗談やからかいを見聞きした」が約84%いたそうです。
そして多くのLGBTは、「自分は特殊な存在」「本当の自分のことを言えば、人間関係が崩壊するのではないか」「きっと誰にも理解してもらえない」「親を悲しませたくない」などから、悩みを打ち明けられないでいるそうです。このため、自己肯定感や自尊感情を低めてしまう傾向にあり、性同一性障害で受診した人を対象にした調査では、自殺念慮、この自殺念慮というのは自殺したいという、ちょっと時間がないので、自殺念慮65.9%、自殺・自殺未遂28.4%、不登校29.4%などなど、大変な数値が出ているわけですけれども、自殺念慮の第1ピークは中学から高校の第二次性徴期であることがわかっています。
  

“3月議会一般質問「LGBTを含むすべてのこどもが、ありのままで大人になれる社会を」”の続きを読む>>
子ども/教育 | 【2016-05-28(Sat) 10:02:54】 | Trackback(-) | Comments:(0)
9月議会一般質問(1) どの子にも学習環境の保障を
新緑

会議録は、次の議会前までにできているのですが、アップするのを忘れていました。遅ればせながらですがお読み戴けましたら幸いです。

○2番(島崎よう子議員) 最後です。私はこの休憩に入る前に終わりたいなと思ったんですけれども、議長のお取り計らいで緊張感が持続してというふうに思っていますが、皆さんもあしたの決算通告でお忙しいかと思いますが、もうしばらくおつき合いをお願いいたします。
  今回は3つのテーマについて質問していきます。どの子供も学習環境の保障を、制度のはざまにいる方の緊急対応体制を、精神障害の理解啓発を進めよの3本です。

  1点目からいきます。どの子供も学習環境の保障を。全ての子供が自分自身を大切な存在と感じ、希望を持って自分らしく成長していける社会環境を目指して質問しています。これは私がずっと追いかけているテーマです。
   8月13日に起こった大阪寝屋川の中1少年少女遺棄事件は、容疑者は捕まりましたがむごい事件で、大変やり切れません。2人が深夜から早朝まで商店街を うろうろしていた様子を捉えた防犯カメラの映像を私たちは何度も目にしました。見守り体制や犯罪歴者の情報のあり方、さまざまな課題も提起されています。
寝屋川市では緊急対策として、市内4駅の周辺に防犯カメラ40台を約2,000万円かけて増設するようです。また、二度と起こさせない対策は、ICタグ、見守りシステムなども検討する必要があるかもしれません。
  一方で、深夜に子供がうちを出て遊びに行くような家庭環境に置かれていた点が、私は気になってなりません。親の余裕のない生活ぶりがうかがえる、孤立した子育てに陥っていたのではないか、支援が必要な状況にあったのかもしれないと思われるのです。  さて、貧困の連鎖を断ち切る取り組みの一つとして、学習支援事業がスタートし、期待しているところです。
  ①です。子供の貧困率は厚生労働省によれば16.3%ですが、当市においてはどのぐらいでしょうか。


“9月議会一般質問(1) どの子にも学習環境の保障を”の続きを読む>>
子ども/教育 | 【2016-04-22(Fri) 15:15:14】 | Trackback(-) | Comments:(0)
12月議会一般質問(3) 幼児相談室・教育相談室の一元化を充実したものに。

2016年04月22日


花

○2番(島崎よう子議員) 3番です。幼児相談室・教育相談室の一元化を充実したものに。
  時間がないので急ぎます。市長の所信表明で、ゼロ歳から18歳までの切れ目のない一貫した相談支援体制の実施の考えを述べられ、私も、障害の有無にかかわらず困り感のある子供への対応については、早期発見と早期からの切れ目のない支援体制が重要であると考えております。そういったことがありますが、来春から実施の予定であるというので、以下伺います。  (1)です。社協が行ってきた幼児相談室の引き継ぐべき点、改善すべき点は何か伺います。



“12月議会一般質問(3) 幼児相談室・教育相談室の一元化を充実したものに。”の続きを読む>>
子ども/教育 | 【2016-04-22(Fri) 14:30:33】 | Trackback(-) | Comments:(0)
12月議会一般質問(2) だれのための保育園か。兄弟は同じ保育園へ!
ひがっしーチョコ


○2番(島崎よう子議員)2番です。だれのための保育園か。
  1、障害児の保育を保障せよ。障害児童の保育園入所は、親だけではなく、さまざまな人、子供たちと触れ合うことになり、社会的自立を促し、インクルーシブな社会を目指す上で当然なことと考えています。
  そこで、(1)保育園待機児童は年々改善されてきています。ことし4月現在では待機児童は32名となりましたが、年齢別に待機児童数を伺います。

○子ども家庭部長(野口浩詞君) 平成27年4月1日現在の待機児童数の内訳でございますが、ゼロ歳児1名、1歳児12名、2歳児7名、3歳児7名、4歳児以上5名の計32名となっております

○2番(島崎よう子議員) 一方、全年齢合計欠員が約70名だったと聞きました。直近はどうなっているのでしょうか、年齢別に伺います。
○子ども家庭部長(野口浩詞君) 保育所、地域型保育事業における平成27年12月1日現在の年齢別の欠員状況でありますが、ゼロ歳児ゼロ名、1歳児ゼロ名、2歳児1名、3歳児6名、4歳児以上12名の計19名となっております。



“12月議会一般質問(2) だれのための保育園か。兄弟は同じ保育園へ!”の続きを読む>>
子ども/教育 | 【2016-04-21(Thu) 17:58:27】 | Trackback(-) | Comments:(0)
「東村山市教育大綱」に教育理念が追加されたけど
教育大綱 クリックすると大きくなります。

昨日2日の総合教育会議で「教育施策の大綱」が決まった。
昨年12月15日から今年に入った1月9日までパブリックコメントが実施され、15人の市民から51件の意見が寄せられた。年齢は書いてないが、意見内容から推察すると子育て中の保護者からのパブコメは少ない気がして残念に思う。

東村山市のパブコメは、戴いた意見に対し市の考え方を示して公表している点は、とても良いと思う、まもなくホームページにアップされるのでご覧ください。

さて、そのパブコメだが、「教育理念を入れてないがどうしてでしょうか?」
という指摘がある。もっともなことだ。教育大綱案を読んだときに、なんとも落ち着きの悪さを感じたが、その理由の一つはこれだ。この日、事務局はパブコメを考慮して修正したものが教育委員に示された。教育理念が追加されていた。1趣旨 3期間 4教育施策の大綱の体系の間に、2教育理念がはいった。

気になったのはもう一点。こどもの捉え方において、私は「自尊感情」という言葉をぜひとも入れるように働きかけていた。だが、自尊感情は、大綱の作成に通底しているし、「自他を尊重し」に含まれているという説明で叶わなかった。追加された教育理念の1行目に「~子供たちが、自他を尊重し、知性、感性、道徳心や体力をはぐくみ~」という文章の記述がある。


「自分は生まれてきてよかった」「自分自身に満足している」「人の役に立ちたい」・・・・こうした こどもの自尊感情や自己肯定感を意識し、高める教育は重要だと私は考えてる。
「自分自身が好き」と答える若者は4割といった調査結果もあるほど、自分に自信がないこどもたち。
まず、「自尊感情」、その先に、「自分の大切さとともに他の人の大切さを認めること」があるのだと思う。


子ども/教育 | 【2016-02-03(Wed) 15:09:39】 | Trackback(-) | Comments:(0)


前のページ 次のページ