プロフィール

島崎よう子

Author:島崎よう子
明治大学文学部卒業。退職後子育ての傍ら青葉文庫、カンガルー共同保育、青葉小・5中PTA、リサイクル条例直接請求運動に係る。1995年東村山市議会議員初当選。現在6期目。

厚生委員会。議会運営委員、広報広聴委員。
保護司。
自治体議会改革フォーラム会員。全国フェミニスト議員連、財政問題研究会。
介護予防大作戦実行委員、青葉町福祉協力員、いきいきシニアあっぱれ脳トレ、みんなのうたごえ実行委員
sorakazeyoko@w3.dion.ne.jp

島崎よう子 on Twitter
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
そらかぜ通信*Mobile
そらかぜ通信のブログは携帯からもご覧いただけます。
QRコード
ブログ検索
大掃除すすんでいますか?
空堀川歳末  まちかど大掃除


先日27日の「まちかど大掃除」
道路チームと空堀川チームに分かれました。私は今年も空堀川に清流を取り戻す会のメンバーと一緒に空堀川担当。
もう20年も続いている活動なのに、クリーンアップやってることを初めて知りましたよ、という方がおられました。
広めることの難しさをしみじみ感じてしまいます。


まちかど大掃除2

道路チームが集めたごみと一緒に手選別。みんなでやったので、あっという間にきれいに仕分けられました。
ペットボトルや缶が多かった(いい加減にしてよね)

まちかど大掃除集合

そして、記念撮影♪
この後、餅つき大会でつきたてのお餅と具沢山のトン汁を戴きました。とっても美味しかった。


青葉小大掃除2


こちらは、13日に行った青葉小学校の大掃除。
体力つくりは、毎年体育館脇とプール周りを担当しています。

青葉小大掃除

子どもやパパママにジジババ約100名が参加。

地域の皆さん、お疲れさまでした~。ありがとうございます。


書類の山

そして、我が家の大掃除は・・・・
私の書類の山は、テレビ録画を見ながら整理します。



まちづくり/市民協働 | 【2015-12-29(Tue) 21:55:59】 | Trackback(-) | Comments:(0)
ふれあいセンターの管理運営は、引き続き市民協議会で可決
ふれあいセンターXmasu 恩多ふれあいセンター
 クリスマス会 500円以上のプレゼントを持ってビンゴ大会に参加。大きなシクラメンが当たりました♪


市内5か所にある「ふれあいセンター」は、地域コミュニテイの拠点として高齢者から子どもまで大勢の住民に利用されています。
管理運営は市民協議会が「指定管理者」として契約しています。

指定管理者制度とは、平成15年の地方自治法改正によって生まれた制度で、株式会社やNPO団体等に公の施設の管理を任せることを可能としたものです。

12月議会では、駐輪場、福祉センター、ふれあいセンターの指定管理者について契約案件が提出されました。議会で議決する必要があるのです。

ふれあいセンターは建設後10年以上が経過し、どの館も修繕の必要が生じているため修繕費の確保を確認しました。
また、事務職員以外はボランテイアによる市民運営で役員の有償を求める意見もありました。私は、公民館と同様に役所職員が担った場合の人件費について訊きました。

答弁は、例えば恩多ふれあいセンターの場合だと、
職員は、正職1名 746万円、嘱託2名 300万円/人、再任用1名 318万円  
      合計 人件費4名、1364万円+管理費400万円=1764万円 
恩多ふれあいセンターの指定管理料は、26年度決算で 906万4000円ですから、その差 800万円!
指定管理者制度の良さは、民間の発想で運営出来ること。市民の裁量権を認めていることも確認しました。


今後5年間の運営を引き続き委託することを、全会派賛成で可決しました。
(担当所管は、全会派に賛成して貰え、と~ってもほっとされたそうです)

他には、東村山駅西口公益施設サンパルネ、ころころの森、スポーツセンターに「指定管理者制度」が導入されています。


3ふれあいセンター 久米川ふれあいセンター

だれでも交流会 だれでも交流会


ふれあいセンター5 ここからは、恩多ふれあいセンター  キッズダンス

ふれあいセンター6 高齢者の輪投げ  ちょっとバカにしていたら全然できません。むずかしい~(涙)


あっぱれ恩多2015.12 昨日の「あっぱれ脳トレ スクリーニング」




まちづくり/市民協働 | 【2015-12-23(Wed) 09:54:51】 | Trackback(-) | Comments:(0)
テニスコート整備の前にやるべきは、高すぎる借地料の是正
テニスコート

「東村山市久米川テニスコートの整備(掘り起こし)等を求める請願」
に対し、市民自治の会は不採択の立場から討論します。

不採択とする理由は2点です。
この請願が9月定例議会最終日に生活文教委員会に付託された後、担当所管はコート整備について専門業者と共に他市も含め調査した結果、専門業者の見解は、「当市のテニスコートは一定状況担保されており、一般の方がプレイするには差し支えない」と請願審査において答弁がありました。請願者の要望のお気持ちはわかりますが、客観的なテニスコート状況が明らかになりました。これが1点目です。

2点目は、H23年度に行った市民による事業評価において、
「借地してまで確保するのは、市の財政状況が好転するまでは我慢すべき。
従来充てていた予算をゼロにするという発想ではなく、運動公園等の代替地を検討し、そちらに予算を回してもらいたい。」
という評価結果に対し、

市の方針は、
借地料について貸主と交渉し見直す。
借地料を固定資産税・都市計画税の合計額の3倍程度に見直していくことが見込めない場合には、代替手段の確保または廃止を検討する。

と結論を出しています。

この事業評価から4年が経過していますが、借地料は固定資産税等の3倍を基本とする東村山市の方針に対し、H24年度予算では5.97倍であったものが、今年27年4月より5.26倍、1679万2752円と若干改善されたものの依然として高い水準であることに変わりません。23年度から25年度までの削減効果は176万7000円であることが昨年10月の行革大綱前期基本方針中間報告に記載されています。

現行の行革大綱において、久米川テニスコートは有償にて借用している土地の返却を検討すると同時に土地賃借契約について、固定資産税・都市計画税の合計の3倍を基準に契約額を見な直す対象の一つとなっています。
しかし、代替地の検討も積極的に進めていません。

そういった状況にありながら、今掘り起しの整備を行えばこの後10年間は引き続きこの土地を借用することとなります。難航している借地料の引き下げは困難となる可能性が濃厚であります。

借地料是正をすれば堀り起こし整備料490万円を容易に捻出できるわけでありますから、テニスコート掘り起しの前に市がやるべきことは、行革大綱の方針を速やかに実行することであることを強く主張して、討論を終わります。



賛成は紹介議員となった自民、公明、共に生きようネット(佐藤まさたか、大塚、白石議員)
反対は、共産党、草の根、民主、市民自治の会(島崎)
賛成多数で採択となりました。
しかし、まさか、28年度に整備費を予算化しないでしょうね。


まちづくり/市民協働 | 【2015-12-21(Mon) 16:18:10】 | Trackback(-) | Comments:(0)
「笑いヨガ」には健康寿命来る?!
安心ネットポスター

笑うことは免疫力を高めることはよく知られていることです。

ウソでも笑えといわれても、そうそうできるものではありませんよね。

そこで、今回の青葉安心ネットの研修は、「笑いヨガ」

どなたでも参加できます。運動のできる格好でお出で下さい。無料です。


まちづくり/市民協働 | 【2015-11-19(Thu) 09:00:12】 | Trackback(-) | Comments:(0)
「富士見・美住町コミュニテイバス」ルート実証運行へあと一歩
コミバス

 11月8日、「富士見・美住循環バスを走らせる会」の臨時総会が行われました。
 2年前の9月にバスを走らせるため 5人のメンバーが地域組織を立ち上げ、沿線住民や自治会のみなさんと取り組んできたことが実を結び、「ルート説明会」の開催になりました。
 
 東村山駅から鷹の道 → 富士見4丁目 → 新青梅街道 → 美住通り → 久米川駅までのルートとバス停20か所が警視庁の検査を受け確定し、東村山市公共交通課職員が説明しました。

コミバスルート案

 当初希望していた循環型は運行時間が長く収支率(=運賃収入÷運行経費)が悪いということで、シャトル型になりました。およそ5キロを30分かけて、朝7時から夜7時まで運行の予定です。

 会場からは、南ルートについての要望や、運行継続のボーダラインである収支比率40%に対する質疑や意見が出されていました。特に、バス代100円から180円に上がり利用者が10万人減ったことを受け、「利用者が減ったらバスを走らせる意味がない」「年金暮らしにとって往復360円は厳しい」、「収支比率40%が50%になったら運賃を150円にする考えはないか。」 収支比率を向上させたら運賃を引き下げるといった提案は、「自分たちのバス」の意識を強める気がしますね。
 また、自治会が市へ提出する同意書に対しては、経済的負担があるか否か、心配する声もありました。これは、あくまでも、バスの走行についての同意の確認のためのものです。

コミバス今後

 富士見町4丁目を除く富士見町南側の路線の運行までには、しばらく時間がかかりますが、今後は、このプランで実証運行に向けて準備が進められていくことになります。
 皆さんの粘り強い活動の実現が、すぐそこまできました♪
 市民による新規路線の実現は、他の地域で、コミバスが必要だと準備を初めた地域の方々を大いに勇気づけることになるでしょう。コミバスの充実をますます応援していきます!




まちづくり/市民協働 | 【2015-11-09(Mon) 19:41:00】 | Trackback(-) | Comments:(0)


前のページ 次のページ