プロフィール

島崎よう子

Author:島崎よう子
明治大学文学部卒業。退職後子育ての傍ら青葉文庫、カンガルー共同保育、青葉小・5中PTA、リサイクル条例直接請求運動に係る。1995年東村山市議会議員初当選。現在6期目。

厚生委員会。議会運営委員、広報広聴委員。
保護司。
自治体議会改革フォーラム会員。全国フェミニスト議員連、財政問題研究会。
介護予防大作戦実行委員、青葉町福祉協力員、いきいきシニアあっぱれ脳トレ、みんなのうたごえ実行委員
sorakazeyoko@w3.dion.ne.jp

島崎よう子 on Twitter
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
そらかぜ通信*Mobile
そらかぜ通信のブログは携帯からもご覧いただけます。
QRコード
ブログ検索
9月議会一般質問(2) 制度のはざまにいる方の緊急対応体制を。

2016年04月22日


介護保険対象年齢ではない、障害のある方ではないといった制度のはざまにいる方が、商店街で倒れているのに近所の方が気付き、包括支援センターが動き始めましたが・・・役所の担当がなかなか決まらなかったということがありました。

       ーーーーーーーーーーーーーーーーー

○2番(島崎よう子議員) 2番、制度のはざまにいる方の緊急対応体制を。すごく複雑な話で、これを簡略にお話しするのは難しいんですけれども、頑張ってみます。
   あるとき道路でうずくまっている女性Aさんを見かけた方が、そばの白十字あおば相談センターに駆け込み、そこから東部包括支援センターに連絡が行き、東部包括支援センターが緊急対応したということがありました。Aさんは64歳で病気を持っていらっしゃるんですが、入院を嫌がっていたという状態です。そして妹さんは58歳で、大変衰弱をしていたということがありました。
包括は役所に相談したんですけれども、年齢的には高齢介護課ではない、障害支援課も対象外じゃないか、生活困窮自立支援センターのほっとシティもどうだろうどうだろうということで、1週間ぐらいがあっちだこっちだと、担当はどこだと 検討していたようです。包括の職員はその間、食べ物などを持っていったりとか、手当てをしてあげていたようです。
  そういった折、あしたから土日というときに、Bさんをこのまま放置しては危険な状況でどうしたらいいのかという話が、青葉町安心ネット定例会に舞い込んできました。そこで定例会の中 で話し合ったわけですけれども、市民団体のねこの手というのがあるんですが、このねこの手はちょっとしたサポート、有償でやっているんですが、診察券を出 したり、ごみ出しをやったりという、そこの団体が見守りを引き受けることにして動き出しました。
5人が曜日を決めて見守りや買い物付き添いに入りました。そのうち、やがて市のほうからデイサービスが始まったところです。私も会員の一人として、週1回だけでしたが、2カ月ぐらいですが、30分の見守りに入ったところです。その後、高齢介護課や障害支援課が状況を把握して対処してくれました。そしてBさんはみるみるうちに元気になって、私は地域の力、 市民の力を実感したところです。
  そこで①です。こういった制度のはざまにいる方の場合は、どこが担当になるのか。今回の場合は1週間ぐらいかかったと聞いておりますけれども、ネットワーク体制を検討したのか伺います。



“9月議会一般質問(2) 制度のはざまにいる方の緊急対応体制を。”の続きを読む>>
シニア/福祉 | 【2016-04-22(Fri) 15:37:47】 | Trackback(-) | Comments:(0)
12月議会一般質問(1) 介護保険を安心できるものに

2016年04月21日


玄関前の花

○2番(島崎よう子議員) トップバッターですが、一般質問を行います。
  本日は3つのテーマ、1、介護保険を安心できるものに、2、だれのための保育園か、3、幼児相談室・教育相談室の一元化を充実したものについて質問していきます。

  1番です。介護保険を安心できるものに。
  介護保険制度は、介護の社会化、利用者が選択できるものとしてスタートしましたが、来る2025年問題に対応するため、要支援者対象サービスの訪問看護、福祉用具等以外は介護保険給付から外し地域支援事業へ、また、特別養護老人施設入所が要介護3以上となるなど、介護保険制度の理念が今回の法改正のもとで大きく揺らぎかねないと懸念しているところです。
  さて、東村山市第6期地域包括ケア推進計画がこの4月からスタートしています。介護予防・日常生活支援総合事業─以下、総合事業と呼びますが─の実施に当たって、所管は御苦労されている日々と思われます。当初、平成29年4月から、当初というより素案段階でしょうか、実施予定と聞いておりましたが、前倒しして28年度より開始とのことであるので、お伺いしていきます。
  (1)総合事業を1年前倒しにした理由を伺います。また、29年度に実施した場合、今後の介護保険料額にどれくらい影響が出ると見込んでいるのか伺います。



“12月議会一般質問(1) 介護保険を安心できるものに”の続きを読む>>
シニア/福祉 | 【2016-04-21(Thu) 17:50:13】 | Trackback(-) | Comments:(0)
健康寿命をのばそう!介護予防大作戦 in 東村山
介護予防大作戦5

「2015介護予防大作戦in東村山」中央大会が開催されました。
13町ごとの「介護予防大作戦」は、9月27日の青葉町を皮切りに2月1日の本町を最後にすべて終え、総仕上げの中央大会が昨日12日、盛況に終えました。

リニューアルした中央公民館ホールロビーには、各町で開催した「介護予防大会」の様子や、参加団体の紹介パネル展示がされていました。

介護予防大作戦4

社会福祉法人緑風会理事長 酒井雅司先生(認知症サポート医)の講演は、「介護予防で健康寿命をのばそう~フレイル(虚弱)からの脱出~

巧みな話術で難しい話も笑いながら聞いてしまいました。耳慣れない「フレイル」という言葉は、今後のキーワードになるとか。
「フレイル」とは、要介護と健康の間の、筋力や活動が低下した状態をいうそうです。
加齢に伴う衰えも、この段階で手を打てば回復できる、ここがポイント。

身体が弱っているから、外に出れないのか? 外に出ないから、身体が弱るのか?

「脳トレ」「筋トレ」「口トレ」が大切ということで、
写真はグリーンボイススタッフによる体操をやっているところです。


介護予防大作戦3

実行委員長 下地恵得氏ご挨拶。10年前の第1回目からずっと牽引してきたリーダーです。


介護予防大作戦2

市高齢介護課 榎本課長の「地域包括ケアについて」の基調講演
東村山市では、昨年から出前講座に取り組み高齢介護課職員が、地域に出て行って説明しています。
わかりやすいと好評です。職員も自信をつけてきたように感じます。
介護保険制度が変わって良く分らない、といった声を聞きます。みなさんも、数人集まれば来てくれるそうですので、ご活用しては如何でしょう。



介護予防大作戦

パネルデイスカッション「地域の安心・安全に向けて」~超高齢社会を迎える中で~
お顔がうまく撮れていませんが、左から
コーデイネーターの東京都健康長寿医療センター研究所 大淵修二先生
医師会の活動から     高島常夫氏
歯科医師会の活動から  橋本健一氏
薬剤師会の活動から    石塚卓也氏
警察署の活動から     加藤義昭氏
消防署の活動から     海野幸太氏
高齢者施設の活動から  西岡修氏

実行委員会では、難しい話ばかりが続くのは如何かといった議論もありましたが、パネルデイスカッションのメンバー構成こそ「地域包括ケア」の意味が現れているということになりました。

13時から16時半という長帳場、330人の皆様に参加して戴き、実行委員の一人として私もほっとして帰路につきました。

シニア/福祉 | 【2016-03-13(Sun) 09:58:32】 | Trackback(-) | Comments:(0)
誰でもが「下流老人」に陥る可能性はあるが、声を上げることで暮らしにくさは変えられる!

2016年02月01日


下流老人

1月30日、東村山女性団体連絡会主催の講演会「下流老人の現状と対策」を聴きました。
講師はベストセラー『下流老人 - 一億総老後崩壊の衝撃』の著者で、ほっとプラス代表理事、反貧困ネットワーク埼玉代表の藤田孝典さんです。

2下流老人

事前のチラシには「女性と子どもの貧困の連鎖を断ち切る」とあったのですが、「女性の高齢者と貧困」に絞ったようでした。
65歳以上の貧困率は22.0% 単身男性 38.3%、単身女性 52.3%が貧困。
↑を見てください。驚くべき数字です。

下流老人の特徴
  1.収入が少ない
  2.十分な貯蓄がない~政府のデータ 平均1270万円、しかし、貯蓄ナシ 16.8% 4割以上が500万円未満。平均のまやかし
  3.頼れる人がいない

そして、実家に戻らざるを得ない若者たち(非正規雇用や離婚、病気等)を抱え、共倒れに。高齢者自身、重い病気にかかれば、月額27万円の年金であっても貯蓄があっても、あっという間に下流老人へ。高齢者は誰でもが貧困に陥る可能性があるのです。

下流老人の問題の本質は、「あらゆるセーフティーネットを失った状態」という。
だから、「貧困・格差は個人の問題でなく、社会構造の責任」と。

そこで、下流化を防ぐノウハウは、
一人で悩まず、病院のソーシャルワーカーや包括支援センターに相談しましょう!福祉施策を使いこなそう。
さらに、「声を上げることで、暮らしにくさは変えられる。選挙投票でもいい。」の言葉に、日本人は我慢強すぎてマヒしてきていると感じるこの頃なので、拍手したい気分になりました。


藤田孝典さん

藤田孝典さんはご覧のようにこんなに若いのに、高齢者おばさんたちの心をぐっと掴み、共感させ、笑わせ、知恵をさずけ、元気にさせて次の会場へ消え去ったのでした。

シニア/福祉 | 【2016-02-01(Mon) 21:36:45】 | Trackback(-) | Comments:(0)
交通事故などによる高次脳機能障害とは

2016年01月17日


シクラメン

高次機能障害となった方の自立支援に向けた市民交流事業が行われた西東京市民会館へ出かけてきました。

高次脳機能障害とは、脳卒中や交通事故などによって脳に損傷をおこし、「記憶障害」や、ふたつのことを同時に行うと混乱する等の「注意障害」、自分で計画を立ててものごとを実行することができない「遂行機能障害」 これらの病態が複雑に絡み合っているそうです。

基調講演 慶応義塾大学 水野勝弘特任講師による「半側空間無視はんそくくうかんむし」について 


正直いって、「半側空間無視」という言葉をはじめて知りました。「無視」とは意図的な言葉なので、障碍が原因による症状なのにこの言葉を使うことがしっくりせず、心に入ってきません。
その中で、「半側空間無視」は、 社会復帰のための援助をして行く上で、一番影響が大きいといわれている症状だそうです。

本日のレジメより引用―――
脳損傷の反対側(麻痺と同じ側)の空間にあるものに注意を向けられない障害。
右半球を損傷し、左半球を無視することが多い。
右半球損傷の人4割程度に認められるといわれる。
見ることだけでなく、聞くことや触ること、運動などにも障害が及ぶ。

具体的には、左半側無視では、食事の際に左側の食べ物を食べ残す状態になります。

2部は、地域での支援 ~当事者の声から~

当事者Aさん&家族から、7歳の時、交通事故にあった後の学校生活を中心に話がされ、
多摩北部医療センター リハビリテーション科
梅村こども診療所
東村山市障がい者就労支援室
の担当者の方々により医学的リハビリテーション、職業的リハビリテーション、社会的リハビリテーションを連携して行い、就労支援された経過について、説明がありました。丁寧な取り組みだったのです。
座長である東京医療学院鴨下教授からは、「何かをやりたいと思っている人にとって居場所ができないことは辛いことです」、そして、「高次脳機能障がい者の社会的自立は社会的コミュニテイチームによって可能になる」というまとめに納得できました。

また、Aさんが東村山市就労支援室に辿り着くまでの話の中で、何度も言われた「見えない障害の難しさを感じました」の言葉が心に残りました。Aさんは外見上もお話しも健常者と少しも変わらないのです。この点も私が誤解していた一つです。

「北多摩北部地域高次脳機能障害者支援ネットワーク協議会」は、平成21年に設立され、着実に歩みを進めていることを知りました。しかし、私が今日学んだことは、多くの人への啓発がもっと必要でしょう。「高次脳機能障害に気づくことが第一歩です。」なのですから、当事者の方へ情報が届くよう工夫をして頂きたいと思います。そうそう、障害支援課長はじめ職員たちが参加していましたから期待できると思います。

シニア/福祉 | 【2016-01-17(Sun) 09:39:03】 | Trackback(-) | Comments:(0)


前のページ 次のページ