プロフィール

島崎よう子

Author:島崎よう子
明治大学文学部卒業。退職後子育ての傍ら青葉文庫、カンガルー共同保育、青葉小・5中PTA、リサイクル条例直接請求運動に係る。1995年東村山市議会議員初当選。現在6期目。

生活文教委員会(前期は厚生委員会)。議会運営委員、広報広聴委員。昭和病院企業団議会議員。
保護司。
自治体議会改革フォーラム会員。全国フェミニスト議員連、財政問題研究会。
介護予防大作戦実行委員、青葉町福祉協力員、いきいきシニアあっぱれ脳トレ、みんなのうたごえ実行委員
sorakazeyoko@w3.dion.ne.jp

島崎よう子 on Twitter
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
そらかぜ通信*Mobile
そらかぜ通信のブログは携帯からもご覧いただけます。
QRコード
ブログ検索
あっぱれ脳トレ、テキストをやってみませんか。

2016年06月28日


あっぱれ脳トレテキスト6月号    あっぱれスクーリング2 恩多ふれあいセンター


6月定例議会が昨日終わり、今日の午前中は「青葉町介護予防大作戦」推進委員会に向けた打ち合わせをままカフェで。
そして、午後は「あっぱれ脳トレ」のスクーリングと市民活動の1日でした。

「あっぱれ脳トレ」のテキストは、毎日、単純な計算問題1ページと熟語や数ドクなどあれこれを1ページづつ毎日やったものを月に1回集まって答え合わせを5つの会場で行っています。

下の詩は何の歌か分かりますか?
私の子どもの頃、こんな風に歌詞を逆さまにして歌って遊んだものです。だけど、スクーリングでは誰も知らない、やったことないといわれてしまいました。

先日25日に小学校の同窓会に久々に出席して、小学校時代の思い出の付き合わせになると、それぞれの記憶に留めている景色が違って大いに盛り上がりました。私の記憶力の悪さに呆れてしまいました。次の同窓会で皆に覚えているか聞いてみよう。
私の母校は、花園神社隣の新宿区立四谷第五小学校。今は、統廃合されそこにはなく、校舎は吉本興業に使われています。

テキスト2

次の問題を解いてみませんか。

“あっぱれ脳トレ、テキストをやってみませんか。”の続きを読む>>
シニア/福祉 | 【2016-06-28(Tue) 22:14:51】 | Trackback(-) | Comments:(0)
9月議会一般質問(3) 精神障がいの理解啓発を進めよ

2016年04月22日


空堀川の花

○2 番(島崎よう子議員) 最後の3番目の質問に移ります。精神障害の理解啓発を進めよについてです。
   2004年、精神保健医療福祉の改革ビジョンが出されて、ポイントは2つあったと思います。入院医療から地域生活中心へ、②は地域生活への移行支援というものでした。そして、2006年には障害者自立支援法で3障害の一元化がされて、2013年には障害者総合支援法が施行されました。

また、精神保健福祉法が改正され、昨年4月に施行されていますが、地域ではまだまだ広く認識されておらず、精神障害のある方々に対し困惑している状態です。病気が疑われる方も、家族が理解していないために、病院へ行くことをためらわれているようにうかがわれる例などを聞いております。認知症や発達障害に 関しては大分理解が広まってきているように思えますが、この精神障害に関してはまだまだだなということから質問します。
  ①です。法改正の主な点はどのようなことか伺います。

○健康福祉部長(山口俊英君) 平成26年4月に施行されました精神保健及び精神障害者福祉に関する法律の主な改正点は大きく分けて3点でございます。
  1点目は、医療機関において精神障害の特性に応じた良質な医療提供が確保できるよう、厚生労働省大臣による医療指針の策定を行ったこと。
  2点目は、精神障害がある御家族の入院に際して、入院された方の保護者に治療を受けさせる等の義務が課されておりましたが、保護者の負担が大きくなってきたため、保護者制度が廃止され、医療保護入院に要する親族の同意に関した手続が見直されたことでございます。
  3点目は、精神科病院における退院後の生活環境に関する相談や指導を行う退院後生活環境相談員を病院内に新たに設置し、地域の関係機関との連携強化を図ったことでございます。



“9月議会一般質問(3) 精神障がいの理解啓発を進めよ”の続きを読む>>
シニア/福祉 | 【2016-04-22(Fri) 16:01:32】 | Trackback(-) | Comments:(0)
9月議会一般質問(2) 制度のはざまにいる方の緊急対応体制を。

2016年04月22日


介護保険対象年齢ではない、障害のある方ではないといった制度のはざまにいる方が、商店街で倒れているのに近所の方が気付き、包括支援センターが動き始めましたが・・・役所の担当がなかなか決まらなかったということがありました。

       ーーーーーーーーーーーーーーーーー

○2番(島崎よう子議員) 2番、制度のはざまにいる方の緊急対応体制を。すごく複雑な話で、これを簡略にお話しするのは難しいんですけれども、頑張ってみます。
   あるとき道路でうずくまっている女性Aさんを見かけた方が、そばの白十字あおば相談センターに駆け込み、そこから東部包括支援センターに連絡が行き、東部包括支援センターが緊急対応したということがありました。Aさんは64歳で病気を持っていらっしゃるんですが、入院を嫌がっていたという状態です。そして妹さんは58歳で、大変衰弱をしていたということがありました。
包括は役所に相談したんですけれども、年齢的には高齢介護課ではない、障害支援課も対象外じゃないか、生活困窮自立支援センターのほっとシティもどうだろうどうだろうということで、1週間ぐらいがあっちだこっちだと、担当はどこだと 検討していたようです。包括の職員はその間、食べ物などを持っていったりとか、手当てをしてあげていたようです。
  そういった折、あしたから土日というときに、Bさんをこのまま放置しては危険な状況でどうしたらいいのかという話が、青葉町安心ネット定例会に舞い込んできました。そこで定例会の中 で話し合ったわけですけれども、市民団体のねこの手というのがあるんですが、このねこの手はちょっとしたサポート、有償でやっているんですが、診察券を出 したり、ごみ出しをやったりという、そこの団体が見守りを引き受けることにして動き出しました。
5人が曜日を決めて見守りや買い物付き添いに入りました。そのうち、やがて市のほうからデイサービスが始まったところです。私も会員の一人として、週1回だけでしたが、2カ月ぐらいですが、30分の見守りに入ったところです。その後、高齢介護課や障害支援課が状況を把握して対処してくれました。そしてBさんはみるみるうちに元気になって、私は地域の力、 市民の力を実感したところです。
  そこで①です。こういった制度のはざまにいる方の場合は、どこが担当になるのか。今回の場合は1週間ぐらいかかったと聞いておりますけれども、ネットワーク体制を検討したのか伺います。



“9月議会一般質問(2) 制度のはざまにいる方の緊急対応体制を。”の続きを読む>>
シニア/福祉 | 【2016-04-22(Fri) 15:37:47】 | Trackback(-) | Comments:(0)
12月議会一般質問(1) 介護保険を安心できるものに

2016年04月21日


玄関前の花

○2番(島崎よう子議員) トップバッターですが、一般質問を行います。
  本日は3つのテーマ、1、介護保険を安心できるものに、2、だれのための保育園か、3、幼児相談室・教育相談室の一元化を充実したものについて質問していきます。

  1番です。介護保険を安心できるものに。
  介護保険制度は、介護の社会化、利用者が選択できるものとしてスタートしましたが、来る2025年問題に対応するため、要支援者対象サービスの訪問看護、福祉用具等以外は介護保険給付から外し地域支援事業へ、また、特別養護老人施設入所が要介護3以上となるなど、介護保険制度の理念が今回の法改正のもとで大きく揺らぎかねないと懸念しているところです。
  さて、東村山市第6期地域包括ケア推進計画がこの4月からスタートしています。介護予防・日常生活支援総合事業─以下、総合事業と呼びますが─の実施に当たって、所管は御苦労されている日々と思われます。当初、平成29年4月から、当初というより素案段階でしょうか、実施予定と聞いておりましたが、前倒しして28年度より開始とのことであるので、お伺いしていきます。
  (1)総合事業を1年前倒しにした理由を伺います。また、29年度に実施した場合、今後の介護保険料額にどれくらい影響が出ると見込んでいるのか伺います。



“12月議会一般質問(1) 介護保険を安心できるものに”の続きを読む>>
シニア/福祉 | 【2016-04-21(Thu) 17:50:13】 | Trackback(-) | Comments:(0)
健康寿命をのばそう!介護予防大作戦 in 東村山
介護予防大作戦5

「2015介護予防大作戦in東村山」中央大会が開催されました。
13町ごとの「介護予防大作戦」は、9月27日の青葉町を皮切りに2月1日の本町を最後にすべて終え、総仕上げの中央大会が昨日12日、盛況に終えました。

リニューアルした中央公民館ホールロビーには、各町で開催した「介護予防大会」の様子や、参加団体の紹介パネル展示がされていました。

介護予防大作戦4

社会福祉法人緑風会理事長 酒井雅司先生(認知症サポート医)の講演は、「介護予防で健康寿命をのばそう~フレイル(虚弱)からの脱出~

巧みな話術で難しい話も笑いながら聞いてしまいました。耳慣れない「フレイル」という言葉は、今後のキーワードになるとか。
「フレイル」とは、要介護と健康の間の、筋力や活動が低下した状態をいうそうです。
加齢に伴う衰えも、この段階で手を打てば回復できる、ここがポイント。

身体が弱っているから、外に出れないのか? 外に出ないから、身体が弱るのか?

「脳トレ」「筋トレ」「口トレ」が大切ということで、
写真はグリーンボイススタッフによる体操をやっているところです。


介護予防大作戦3

実行委員長 下地恵得氏ご挨拶。10年前の第1回目からずっと牽引してきたリーダーです。


介護予防大作戦2

市高齢介護課 榎本課長の「地域包括ケアについて」の基調講演
東村山市では、昨年から出前講座に取り組み高齢介護課職員が、地域に出て行って説明しています。
わかりやすいと好評です。職員も自信をつけてきたように感じます。
介護保険制度が変わって良く分らない、といった声を聞きます。みなさんも、数人集まれば来てくれるそうですので、ご活用しては如何でしょう。



介護予防大作戦

パネルデイスカッション「地域の安心・安全に向けて」~超高齢社会を迎える中で~
お顔がうまく撮れていませんが、左から
コーデイネーターの東京都健康長寿医療センター研究所 大淵修二先生
医師会の活動から     高島常夫氏
歯科医師会の活動から  橋本健一氏
薬剤師会の活動から    石塚卓也氏
警察署の活動から     加藤義昭氏
消防署の活動から     海野幸太氏
高齢者施設の活動から  西岡修氏

実行委員会では、難しい話ばかりが続くのは如何かといった議論もありましたが、パネルデイスカッションのメンバー構成こそ「地域包括ケア」の意味が現れているということになりました。

13時から16時半という長帳場、330人の皆様に参加して戴き、実行委員の一人として私もほっとして帰路につきました。

シニア/福祉 | 【2016-03-13(Sun) 09:58:32】 | Trackback(-) | Comments:(0)


前のページ 次のページ