プロフィール

島崎よう子

Author:島崎よう子
明治大学文学部卒業。退職後子育ての傍ら青葉文庫、カンガルー共同保育、青葉小・5中PTA、リサイクル条例直接請求運動に係る。1995年東村山市議会議員初当選。現在6期目。

生活文教委員会(前期は厚生委員会)。議会運営委員、広報広聴委員。昭和病院企業団議会議員。
保護司。
自治体議会改革フォーラム会員。全国フェミニスト議員連、財政問題研究会。
介護予防大作戦実行委員、青葉町福祉協力員、いきいきシニアあっぱれ脳トレ、みんなのうたごえ実行委員
sorakazeyoko@w3.dion.ne.jp

島崎よう子 on Twitter
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
そらかぜ通信*Mobile
そらかぜ通信のブログは携帯からもご覧いただけます。
QRコード
ブログ検索
やっぱり意義があるタウンミーテイング

2009年9月22日


夕闇の中、ゆっくりと自転車で家路に向っていると金木犀の香りに混じって、秋刀魚を焼く香ばしい匂いが流れてきました。この秋はことのほか秋刀魚がおいしい。大根おろしたっぷり添えて焼き魚、それから三枚に下ろしてお刺身でも食べました。軒先販売では栗も並んでいます。

さて、日曜日のタウンミーテイングの報告です。



朝から真っ青な抜けるような青空となったシルバーウイーク2日目、開始時刻ジャストの1時半、受付で「若い方たち、いらしていますか?」と聞くと「赤ちゃん連れのご夫婦が2組・・・・」「それだけ?」 結局、小学生を連れたママが後からいらしただけで、いつもと変わらぬ世代の参加者風景でした。

第四保育園タウンミーティング
会場となった第4保育園


保育園や幼稚園での開催は、子育て中の方にとっては来易くなるだろうという私の予測は見事にハズレ。参加者数は20名ぐらい。前日、土曜日の或る会合でこの日の呼びかけをすると、「あら、まだやってんの。もう話すことなんてないでしょう」と一蹴されたのとダブルで気持ちが沈む。

でも、振り返ってみれば、ほとんどの方が発言していました。切実な問題を抱えている方や市政に関心を持たれている市民が時間を割いてきていただけたようです。そんなもんかもしれませんね。
そういえば、18日夜、都市計画道3・4・5号線の説明会には80名あまりが集まりました。自分に関わりがあれば出かけるものです。

タウンミーテイングは、毎月1回どこかの会場で市長へ直接問う機会が確保されている点で、意義があります。

この日は、育休中で来春、職場復帰した時に保育園へ入れる保障を、と必死で訴えるご夫婦、また発達障害の小学生は地元の学校と久米川小へ通級に通うことの困難さを解決するように迫るひとり親のお母さんが熱く話されました。
その後、「切実な要望のあとで、文化の充実を求める話で恐縮ですが、~」と切り出され、公民館の陶芸用かまどの修理を要望されたグループがありました。
公民館の使用料を下げたために修理ができないのなら使用料を元に戻してもよいし、かまどの使用料を徴収してもいい。修理ができず壊れたままだと、いくつかある陶芸サークルは解散することになってしまう。担当と協議する場を作ってほしいという、内容でした。
今、どの事業もコストカットが前提できていますが、所管のこの取り組みは安易に思えます。これに関しては市長も、「協議の場面を作っていきたい」と答えていました。

残念ながら、備品の扱いについて私も認識していませんでしたし、このような発想をしておられるグループがあることも知りませんでした。

休憩時間に年配の男性が、母子家庭で働かざるを得ないから、通級の送り迎えはできないと発言した女性へ話しかけていました。帰りしな私にも「市が一番優先すべきは、ああいう方の生活を守ることでしょう」と熱心に言われましたが、尊いお気持ちだと思います。

タウンミーテイングは、市長や職員が市民の生の声を聞ける場であること、参加した市民同士が問題を共有できること、自分の周り以外の人人の考えを知ることができることーーーにも価値がありますね。

以前にも書いたように、必要が生じたら個別課題で議論できる機会にもなる点でも、意味があると思います。


仕組みがあることが大事。タウンミーテイングを続けてください。


右側の窓越しに西武国分寺線の黄色い車体が通過する。電車好きの子にはたまらないだろうな。
線路を挟んで、八坂小学校。
第四保育園タウンミーティング2
まちづくり/市民協働 | 【2009-09-22(Tue) 22:14:55】 | Trackback(-) | Comments:(0)


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する