プロフィール

島崎よう子

Author:島崎よう子
明治大学文学部卒業。退職後子育ての傍ら青葉文庫、カンガルー共同保育、青葉小・5中PTA、リサイクル条例直接請求運動に係る。1995年東村山市議会議員初当選。現在6期目。

生活文教委員会(前期は厚生委員会)。議会運営委員、広報広聴委員。昭和病院企業団議会議員。
保護司。
自治体議会改革フォーラム会員。全国フェミニスト議員連、財政問題研究会。
介護予防大作戦実行委員、青葉町福祉協力員、いきいきシニアあっぱれ脳トレ、みんなのうたごえ実行委員
sorakazeyoko@w3.dion.ne.jp

島崎よう子 on Twitter
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
そらかぜ通信*Mobile
そらかぜ通信のブログは携帯からもご覧いただけます。
QRコード
ブログ検索
2019年度一般会計予算558億1764万円に反対の討論を行いました
2019年度一般会計予算に市民自治の会は、反対の討論を行います。

① 第5次総合計画策定の時期を前に、人口問題は重要です。合計特殊出生率 当市は1.22、多摩地域平均1.28を下回っています。20代30代の若い女性が市外へ流出して、近隣他市が人口増加しているのに比べ、この10年人口減少に歯止めがかかりません。

② 渡部市長は「子育てするなら東村山市」を掲げていますが、異議ありの声を多く聞きます。保育園に入れない、学童クラブに入れない、兄弟が同じ保育園に入れないため仕事を持ち働く保護者の負担は大変です。地域型保育園に入れても3歳になったとき次に入所できる保育園が保障されていません。学童保育の終了時間を延期しないために特に1年生の保護者の負担は大きい。安心して働く環境整備が不十分です。こども福祉費の市民一人当たり額は、多摩26市中19位。これで「子育てするなら東村山」といえますか。こういった市民の困りごとを前向きに検討するボトムアップの姿勢がないことが問題です。

③ 公民連携として渡部市長が力を入れてるジョブシェアセンターは、市にとってのメリットが、見えません。公共施設を民間企業に安く貸して特定少数の利益になってないでしょうか。また、包括管理施設委託は、委託先が再委託する事業者について、情報公開がされません。これでは適切な契約内容なのか議会はチェックできません。公共サービスを担うものが、公正な労働条件の下で仕事に就くことが、公共サービスの質を落とさないことに繋がります。民民の問題として片付けずに、公契約条例を制定して、東村山市としての基本理念を示すべきと考えます。

④ 補助金のチェック体制が不明確であり「見直しガイドライン」策定も遅れています。

⑤ 臨時財政対策債は、借りない、必要な分だけ借りる、政府を信用して満額借りる選択肢がありますが、31年度も臨時財政対策債を満額借り切る予算になっています。三位一体改革で痛手を受けたことを教訓に、国に頼るばかりでなく、自主的な運営に転換すべき、と申し添えて討論とします。




スタンス | 【2019-03-18(Mon) 23:12:13】 | Trackback(-) | Comments:(0)


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する