プロフィール

島崎よう子

Author:島崎よう子
明治大学文学部卒業。退職後子育ての傍ら青葉文庫、カンガルー共同保育、青葉小・5中PTA、リサイクル条例直接請求運動に係る。1995年東村山市議会議員初当選。現在6期目。

生活文教委員会(前期は厚生委員会)。議会運営委員、広報広聴委員。昭和病院企業団議会議員。
保護司。
自治体議会改革フォーラム会員。全国フェミニスト議員連、財政問題研究会。
介護予防大作戦実行委員、青葉町福祉協力員、いきいきシニアあっぱれ脳トレ、みんなのうたごえ実行委員
sorakazeyoko@w3.dion.ne.jp

島崎よう子 on Twitter
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
そらかぜ通信*Mobile
そらかぜ通信のブログは携帯からもご覧いただけます。
QRコード
ブログ検索
東村山市前代未聞の2018年度予算案撤回!→ 修正再提出 
3月16日午前中の朝木議員の質疑は、「憩いの家」4館の管理委託費がH24年度から毎年上がり続け、30年度も前年度比で約200万円増とした理由を訊くものだったが、答弁は2転3転し23時半まで断続的な開会となり議会全体としての問題になった。
これをうやむやにしては予算審議は続行できない!と思った。
週明けの19日夕に請求した資料が配布され、22日は「集中審議」となったが不適切な答弁によって何度も中断する始末。
市長の発言撤回内容も、出された資料も不備のあるもので、山口みよ議員たちと議長等に審議の継続を働きかけたりした。
そしてついに、渡部市長は議案第24号一般会計予算案を撤回し、修正再提出として、議案第32号一般会計予算案を提出といった異例の事態となった。
内容は、憩いの家4館の経費から運営業務委託料を全て削除し、新たに直営で運営するための臨時職員経費とバス運行委託料を計上したもの。
市長から出し直された一般会計予算案は、賛成13:反対8で可決。その後、国民健康保険、後期高齢者医療、介護保険、下水道特別会計の全てを終え、24日午前1時40分にようやく閉会となった。


2018年度一般会計予算に対し、
市民自治の会は反対の立場で討論します。


1.憩いの家運営業務委託料の予算根拠は、現事業者である入札業者から出された見積もりがそのまま予算額になっています。さらに予定価格となっているなど重大な問題が露わになりました。集中審議を行っても2転3転する答弁に終始し予算の根拠を  明らかに出来ませんでした。他の委託事業は如何なものか。542億円予算全体の信頼を揺るがします。
直接役所が委託した場合であっても、役所の法令遵守および自立性に疑念がもたれる事態にありながら、このまま「包括管理委託」をすすめることは認められません。85施設638事業を一括管理委託にすると議会チェック機能は働かなく、透明性の確保が難しくなることを懸念します。

2.ジョブシェアセンターの開設は、多様な働き方に対応できるとして一見、働きたい住民を応援しているように見えますが、公の役目は、正規労働者を増やす立場で職場の開拓をすすめるべきと考えます。

3.借地料は固定資産税等の3倍とするとしているにもかかわらず、何十年もルール以上5倍、4.5倍、4倍の借地料を払ってい る所が、前年度より1か所増え6か所になっています。これは議会での指摘を無視しているかのようで、公平公正であろうとする真剣な取り組みが感じられません。

4.貧困の連鎖を断ち切る取り組みは根本的な方針が見えません。
こども施策予算を厚くすることは「未来への投資」です。引きこもりや貧困の実態調査の予算は国の交付金があるにも拘らず、   活用の検討もしていなかった。国民健康保険大幅値上げに対し、多子家庭に対する助成をして応援すべき。「子育てするなら東村山」が泣きます。

なお、期待できる施策として、小中学校の入学準備金前渡し、
サウンデイング調査を活用して、総合計画や都市マスタープラン等の基礎調査を連携させること、さらに、
社会福祉センターの再生では、現場に係る方々や担当職員が市民団体と協議をして障がい者が希望のもてる計画を描いています。
また、補助金ガイドライン策定に向け、既得権益や基準の明確化の視点を取り入れることを明らかにした点を評価し、今後を注視していきます。
以上。


包括施設管理委託(都内初)

大和リースと契約。施設の管理業務を包括的に委託し、民間事業者の付加価値提案Wi-Fiスポットの設置、巡回点検の充実による施設の利用価値や管理水準の向上を実現

ジョブシェアセンターの開設(全国初)

パーソルテンプスタッフ(株)と連携し、女性や若者、シニアが都心へ通勤することなく、短時間、食住接近で働くための環境を作る。市民センター内に設置し、既存の就労相談と合わせ総合的な就労支援を展開するというもの。



議会/行政改革 | 【2018-03-23(Fri) 21:44:33】 | Trackback(-) | Comments:(0)


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する