プロフィール

島崎よう子

Author:島崎よう子
明治大学文学部卒業。退職後子育ての傍ら青葉文庫、カンガルー共同保育、青葉小・5中PTA、リサイクル条例直接請求運動に係る。1995年東村山市議会議員初当選。現在6期目。

生活文教委員会(前期は厚生委員会)。議会運営委員、広報広聴委員。昭和病院企業団議会議員。
保護司。
自治体議会改革フォーラム会員。全国フェミニスト議員連、財政問題研究会。
介護予防大作戦実行委員、青葉町福祉協力員、いきいきシニアあっぱれ脳トレ、みんなのうたごえ実行委員
sorakazeyoko@w3.dion.ne.jp

島崎よう子 on Twitter
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
そらかぜ通信*Mobile
そらかぜ通信のブログは携帯からもご覧いただけます。
QRコード
ブログ検索
「子どもと貧困~生きる希望をつくる」 市民と行政が出来ること

2017年02月12日


こどもと貧困 お話は白梅学園大学の長谷川俊夫教授

2月9日、講演「子どもと貧困~生きる希望をつくる」がありました。

主催は、東村山社会福祉協議会&ボランテイアセンター

雪混じりの雨が降る冷たい夜にも関わらず社協会場は満員、静かな熱気に包まれていました。

今どきの日本で貧困のこどもがいるなんて実感できない、といわれますが、イラクシリアなどの絶対的貧困ではなく相対的貧困、餓死はしないが社会の通常の生活レベルから大きくかけ離れている生活状態をいいます。

最低限度の文化的な生活ができること。また進路など様々な機会が保障されるようにすることは、➡行政の役割。
そして、経済的貧困は人間関係の希薄を生み、家族同士も共に過ごす時間が少なくなり、孤立して健康や精神的な問題を引き起こします。孤食が増えていることはデータに表れています。

そこで、日本全国各地で広がりを見せている「こども食堂」について、長谷川ゼミ生が調べた沖縄県「こども食堂」から提言です。
「こども食堂」は貧困家庭が行くものにしてはいけない。
他者と繋がる一つの居場所へ。
「空腹と寂しい」➡「満腹で楽しい~」へ。


「こども食堂」~私たち市民が出来ることですね。
昨夏から青葉町で「キッズダイニング」として、こども食堂が毎週土曜開かれています。
課題はあります。関わっている人たちが話し合って、進めていることがとても重要なことだと思っています。
そして、問題の一つは会場の確保です。行政が会場を保障してくれれば東村山市内でも広がることができるのにと常々考えていました。議会では、「市内の空家を市民活動へ提供を」と質問をしていますが、それも一つ。


会場から、「私たちは何が出来るでしょうか!」との質問に対し、「気持ちのある人たちが集まって考えてください。行政は会場の提供で支援するということだと思います」・・・・行政の役割として応援してください。


子ども/教育 | 【2017-02-12(Sun) 10:31:44】 | Trackback(-) | Comments:(0)


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する