プロフィール

島崎よう子

Author:島崎よう子
明治大学文学部卒業。退職後子育ての傍ら青葉文庫、カンガルー共同保育、青葉小・5中PTA、リサイクル条例直接請求運動に係る。1995年東村山市議会議員初当選。現在6期目。

生活文教委員会(前期は厚生委員会)。議会運営委員、広報広聴委員。昭和病院企業団議会議員。
保護司。
自治体議会改革フォーラム会員。全国フェミニスト議員連、財政問題研究会。
介護予防大作戦実行委員、青葉町福祉協力員、いきいきシニアあっぱれ脳トレ、みんなのうたごえ実行委員
sorakazeyoko@w3.dion.ne.jp

島崎よう子 on Twitter
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
そらかぜ通信*Mobile
そらかぜ通信のブログは携帯からもご覧いただけます。
QRコード
ブログ検索
空堀川の桑の木は切ってしまえ?!
空堀川5

今までにも、空堀川に清流を取り戻す会として、空堀川の学習会を開いてきましたが、今回は空堀川は東村山市内を流れる最大の川なのだから、まちの一部として考えてほしいと人一倍情熱を注いでいる平田さんが中心になって開催していくことになりました。

空堀川学習会


このシリーズの第1回目は「空堀川の歴史を知ろう!」
東京新聞に入れたチラシを見て小学3年生1年生&ママも含め24名の参加。

後半の質問・意見交換コーナーでは、「大雨の台風9号で空堀川は溢れそうになった。木が邪魔している。切ったほうがよい!」といったお話がしたくて参加した方に対して、別の男性からは、「河川管理、治水のためには木は必要。木があることで水の流れを遅くしてくれる。樹木は緑のダム。」、「洪水になったら大変だ。勝手に切ってもよいか」、「東京都が管理しているので勝手に切ることはできません。」「河川計画の中に河畔林を取り込んだ中で考えていきましょうよ。」といった複数の方から活発に発言がありました。
「森は海の恋人」は有名な言葉ですが、「樹木は緑のダム」って、川においても生きているんですね~。目からうろこ。

改修前の川本来の流れは蛇行していて、水流は早くなかったのですが、直線に改修され川の水は一目散に駆け抜けて、あっという間に水が消えてしまいます。

私の両親が若かった頃,床上浸水に遭いそれはそれは大変な目にあったと話していましたし、川に近くにお住まいの方の不安は想像できるような気がします。

この日は、会場使用時刻が過ぎてしまい、意見交換が深まるといったところまではたどり着けませんでしたけど、面白い議論となりました。次回は、「空堀川の樹木の在り方について」新河川法や東京都の河川計画なども含めて学びたいと思いました。


空堀川魚 御成橋辺りで投網で捕まえたオイカワやザリガニ


ごみ/環境 | 【2016-09-12(Mon) 20:07:46】 | Trackback(-) | Comments:(2)


コメント
こいさん

ご意見ありがとうございます!

この度の西日本豪雨災害の映像に息をのむような思いをしました。東村山でも集中豪雨の際には、空堀川でも溢水の恐れがある時もありますから、気になっているところです。

空堀川に清流を取り戻す会では、河川内の樹木伐採については、以前から北多摩北部建設事務所に要請してきております。
特に倒木の恐れのある木や株立ちした木などについてです。

私も、「空堀川の植生について」昨年3月定例議会で一般質問をしました。東村山市から東京都へ働きかけして欲しいということも主張しました。

昨日、道路河川課長に対応について確認したのですが、市長への手紙も頂いているので、北北建にお願いするとのことでした。
なんとも、もどかしい動きに思えてしまいます。

東村山市役所から東京都への要請に注目して、ご報告したいと思います。


> 空堀川の景観を楽しむには、河川内に木々があるのはいいことですが、昨今の河川氾濫を見ていると、空堀川の中には大木かした木々が多すぎる気がいたします。
>
> 空堀川の本来の役目は、豪雨などで増水した水をスムーズに下流に流すことです。
>
> 今の空堀川は河川の真ん中あたりににすら大木が育っており、増水時ごみなどが引っ掛かったり、水の流れを妨げているように感じます。
>
> 西日本の河川氾濫災害をみるにつけ、避難は大事なことですが、それでは家財や人命を助けきれません。
> 事前予防として、空堀川の体積土砂の定期的な掘削や河川内の木々を極力取り除くことが必要だと思います。
>
> うわべの河川内の芝刈りだけでなく、大きな木々を削除していかないと、災害時、河川内の木々が無ければ上流からのごみや木々が引っ掛かって、河川氾濫しなかったのにとならないように、美観より、本来の空堀川の役目に徹する時期だと思います。
2018-07-14 土 07:12:21 | URL | 島崎よう子 #- [ 編集]
空堀川の景観を楽しむには、河川内に木々があるのはいいことですが、昨今の河川氾濫を見ていると、空堀川の中には大木かした木々が多すぎる気がいたします。

空堀川の本来の役目は、豪雨などで増水した水をスムーズに下流に流すことです。

今の空堀川は河川の真ん中あたりににすら大木が育っており、増水時ごみなどが引っ掛かったり、水の流れを妨げているように感じます。

西日本の河川氾濫災害をみるにつけ、避難は大事なことですが、それでは家財や人命を助けきれません。
事前予防として、空堀川の体積土砂の定期的な掘削や河川内の木々を極力取り除くことが必要だと思います。

うわべの河川内の芝刈りだけでなく、大きな木々を削除していかないと、災害時、河川内の木々が無ければ上流からのごみや木々が引っ掛かって、河川氾濫しなかったのにとならないように、美観より、本来の空堀川の役目に徹する時期だと思います。
2018-07-12 木 16:08:52 | URL | こい #- [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する