プロフィール

島崎よう子

Author:島崎よう子
明治大学文学部卒業。退職後子育ての傍ら青葉文庫、カンガルー共同保育、青葉小・5中PTA、リサイクル条例直接請求運動に係る。1995年東村山市議会議員初当選。現在6期目。

生活文教委員会(前期は厚生委員会)。議会運営委員、広報広聴委員。昭和病院企業団議会議員。
保護司。
自治体議会改革フォーラム会員。全国フェミニスト議員連、財政問題研究会。
介護予防大作戦実行委員、青葉町福祉協力員、いきいきシニアあっぱれ脳トレ、みんなのうたごえ実行委員
sorakazeyoko@w3.dion.ne.jp

島崎よう子 on Twitter
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
そらかぜ通信*Mobile
そらかぜ通信のブログは携帯からもご覧いただけます。
QRコード
ブログ検索
「わたしたちは『買われた』展」~背景を知ることからはじまる
私たちは「買われた」展

20日、全国政策研究集会2日目、オプショナルツアーも終え、17時に立川で解散。研修仲間の西宮市議、木更津市議といっしょに神楽坂セッションハウスで開催されている「私たちは買われた」展に急ぐ。長蛇の列。1時間以上待ったが、話は尽きないのであっという間だ。

会場には、写真と共に壁いっぱいに少女たちの声が展示されていた。
多くが若い人で3割くらいは男性。若い男性は来ないと勝手に思い込んでいたせいか、どんな思いで男性が見に来ているのか、とても気になった。狭い空間で、男性といっしょに少女たちのカミングアウトを読みたくなかった。男性と隣り合わせになると、その場を離れた。

中高校生が、売春に巻き込まれてしまった背景は、貧困や児童虐待、家庭環境などがあることは、仁藤夢乃さんの講演を聴いて知っていた。それでも、中には小学3・4年生女子がいたり、カミングアウトの手紙は、延々と20人くらいも続き、とてもシンドイ。

少女たちはあまりに孤独だった。まだ10歳そこそこなのに一人ぽっちの暗闇にいる。そして、親たち大人たちの未熟さ、無責任ぶりに言いようのないものがこみ上げてきた。

「私たちは『買われた』展」については、賛否両論があるようだ。かって、DVドメスティックバイオレンスについて理解されなかったころ、「嫌なら逃げ出せばいいのよ。逃げないあなたも悪い!」という言葉を投げる人たちが多くいた。それと同様に、困難を抱えて生きる子どもがいることを知らせたこの企画は、とても意義がある。
チラシを渡した友人知人たちが大勢見に行ってくれ、現実を知って貰えた。何度でも話しを聞き、共に考えることが力になると思う。

仁藤夢乃さん代表の社団法人Coroboは、 
「すべての少女に衣食住と関係性を。困っている少女が暴力や搾取に行きつかなくて良い社会に」を合言葉に
中高生を中心とする女子を支える活動を行なっています」
昨年、一時シェルターを開設して、体を休め一時的に過ごすことができる場所の運営も始めている。

仁藤夢乃さん2     仁藤夢乃さん



最近の話題 | 【2016-08-22(Mon) 17:10:09】 | Trackback(-) | Comments:(0)


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する