プロフィール

島崎よう子

Author:島崎よう子
明治大学文学部卒業。退職後子育ての傍ら青葉文庫、カンガルー共同保育、青葉小・5中PTA、リサイクル条例直接請求運動に係る。1995年東村山市議会議員初当選。現在6期目。

生活文教委員会(前期は厚生委員会)。議会運営委員、広報広聴委員。昭和病院企業団議会議員。
保護司。
自治体議会改革フォーラム会員。全国フェミニスト議員連、財政問題研究会。
介護予防大作戦実行委員、青葉町福祉協力員、いきいきシニアあっぱれ脳トレ、みんなのうたごえ実行委員
sorakazeyoko@w3.dion.ne.jp

島崎よう子 on Twitter
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
そらかぜ通信*Mobile
そらかぜ通信のブログは携帯からもご覧いただけます。
QRコード
ブログ検索
農業者クラブ研修会~農業は変革していく

2016年06月04日


毎年この季節に、東村山市農業者クラブ地区研修会に議員にも声をかけていただき参加しています。
今回は恩多地区の果樹園で、潅水システムとハウスについて。

農業視察2       農業視察6 ネクタリンはもうこんなに大きく。


農業視察 梨

昔の人が感と経験でやってきた水やりを、コンピューターで自動的にできるようになっています。
太陽光発電も活用していました。6年前まで勤めていた仕事からの発想のようです。


農業視察3 ネクタリン

地植えからボックス型栽培へ
果樹の根の量を制限し、土壌水分をセンサーで感知して自動給水。
ボックス型で容易に土壌を変えられ、根の条件が確保できるそうです。
ナシやぶどうなどの寿命はおよそ20年で連作し続けられないということもあったのですね。


農業視察7  ぶどう

中国などの広大な土地で大量生産に負けないよう、いかに高品質なものを作れるか苦心されているお話やコンビニ店員の時給に届かないと後継者がいないといった言葉に更に私の頭にはTPPがよぎりました。
シャインマスカットは皮ごと食べられて私は大好き。


農業視察4

梨の接ぎ木で、先端部分にも栄養が行き渡り実が付き、選果はアルバイトの方でもできるということでした。


農業視察5 


雨による病虫害対策は大変なご苦労のようで、農業は自然との闘いです。ビニールハウスにより飛躍的に改善されたとのこと。
地元で採れた新鮮な野菜や果物が食べられる幸せをいつも感じています。都市農業を守りたい。
市議会に出来ることは何か? 

視察をさせて頂いた松富園、小山園、久安園の皆さま(右から)、ありがとうございました。


ごみ/環境 | 【2016-06-04(Sat) 20:00:11】 | Trackback(-) | Comments:(0)


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する