プロフィール

島崎よう子

Author:島崎よう子
明治大学文学部卒業。退職後子育ての傍ら青葉文庫、カンガルー共同保育、青葉小・5中PTA、リサイクル条例直接請求運動に係る。1995年東村山市議会議員初当選。現在6期目。

生活文教委員会(前期は厚生委員会)。議会運営委員、広報広聴委員。昭和病院企業団議会議員。
保護司。
自治体議会改革フォーラム会員。全国フェミニスト議員連、財政問題研究会。
介護予防大作戦実行委員、青葉町福祉協力員、いきいきシニアあっぱれ脳トレ、みんなのうたごえ実行委員
sorakazeyoko@w3.dion.ne.jp

島崎よう子 on Twitter
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
そらかぜ通信*Mobile
そらかぜ通信のブログは携帯からもご覧いただけます。
QRコード
ブログ検索
思いを寄せて、復興支援ボラに参加しました。
復興支援

3月6日(日)東村山市社協主催「いわき市復興支援ボランティアバスツアー」に参加しました。バスは、いつも東京交通さんにお世話になっています。

仮設住宅の自治会、『ひろの町 一魂祭』を東村山から行った「よさこいの迫ーHAKU-」の21名と「和太鼓nTSUGUTO」の2人で盛り上げていただきました。
「あゆみの会」新年会でお馴染みですが、ほんとに迫力満点。何より笑顔&楽しんで踊っている姿に見惚れてしまいます♪



復興支援3ーHAKU-のちびっこたちに「可愛い~♪」の掛け声しきり。


復興支援2和太鼓nTSUGUTO、カッコいい!

私は、焼きそば担当。焼き団子や豚汁もとっても喜ばれました。


東村山市議会議員有志で寄贈したお金をビンゴゲームの賞品にお使いいただけたとのことでした。大きなトイレットペーパーと液体洗濯洗剤、2リットルの水6本入。そして、東村山市社協からは、野菜セット(大根・キャベツ、ねぎ、しいたけ、だいじょうぶだ饅頭)です。


震災後の6月に私が初めて参加した時は、泥にまみれた写真の整理を担当しました。
復興支援では社協が力を入れていますが、特に東村山社協は、下村さんが中心になって、市民と一緒に切れ目なく支援活動をしています。頭が下がります。


4復興支援
小学校敷地内に作られた商店街は、この春で取り壊しだそうです。


帰路車窓より。昨年夏に来た時と違い、海沿いはスーパー堤防の工事が始まっていました。仮設住宅でも復興が進んでいない話を伺いましたが、オリンピックに人手がとられていることを目の当たりにしました。ニュースなどでも見ているのに、実感をもって胸に落ちます。


「風評被害でどうにもなんない」
「水道水は怖くて、みんな飲まないのよ」
「防潮堤で海が見えないのは不安だ。何が起こっているかわかんなくなる。」
といった現地の方々の言葉を伝えていかなければいけません。
そして、東京からできる行動をやっていきたいと思います。



スタンス | 【2016-03-12(Sat) 10:22:04】 | Trackback(-) | Comments:(0)


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する