プロフィール

島崎よう子

Author:島崎よう子
明治大学文学部卒業。退職後子育ての傍ら青葉文庫、カンガルー共同保育、青葉小・5中PTA、リサイクル条例直接請求運動に係る。1995年東村山市議会議員初当選。現在6期目。

厚生委員会。議会運営委員、広報広聴委員。
保護司。
自治体議会改革フォーラム会員。全国フェミニスト議員連、財政問題研究会。
介護予防大作戦実行委員、青葉町福祉協力員、いきいきシニアあっぱれ脳トレ、みんなのうたごえ実行委員
sorakazeyoko@w3.dion.ne.jp

島崎よう子 on Twitter
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
そらかぜ通信*Mobile
そらかぜ通信のブログは携帯からもご覧いただけます。
QRコード
ブログ検索
「東村山市教育大綱」に教育理念が追加されたけど
教育大綱 クリックすると大きくなります。

昨日2日の総合教育会議で「教育施策の大綱」が決まった。
昨年12月15日から今年に入った1月9日までパブリックコメントが実施され、15人の市民から51件の意見が寄せられた。年齢は書いてないが、意見内容から推察すると子育て中の保護者からのパブコメは少ない気がして残念に思う。

東村山市のパブコメは、戴いた意見に対し市の考え方を示して公表している点は、とても良いと思う、まもなくホームページにアップされるのでご覧ください。

さて、そのパブコメだが、「教育理念を入れてないがどうしてでしょうか?」
という指摘がある。もっともなことだ。教育大綱案を読んだときに、なんとも落ち着きの悪さを感じたが、その理由の一つはこれだ。この日、事務局はパブコメを考慮して修正したものが教育委員に示された。教育理念が追加されていた。1趣旨 3期間 4教育施策の大綱の体系の間に、2教育理念がはいった。

気になったのはもう一点。こどもの捉え方において、私は「自尊感情」という言葉をぜひとも入れるように働きかけていた。だが、自尊感情は、大綱の作成に通底しているし、「自他を尊重し」に含まれているという説明で叶わなかった。追加された教育理念の1行目に「~子供たちが、自他を尊重し、知性、感性、道徳心や体力をはぐくみ~」という文章の記述がある。


「自分は生まれてきてよかった」「自分自身に満足している」「人の役に立ちたい」・・・・こうした こどもの自尊感情や自己肯定感を意識し、高める教育は重要だと私は考えてる。
「自分自身が好き」と答える若者は4割といった調査結果もあるほど、自分に自信がないこどもたち。
まず、「自尊感情」、その先に、「自分の大切さとともに他の人の大切さを認めること」があるのだと思う。


子ども/教育 | 【2016-02-03(Wed) 15:09:39】 | Trackback(-) | Comments:(0)


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する