プロフィール

島崎よう子

Author:島崎よう子
明治大学文学部卒業。退職後子育ての傍ら青葉文庫、カンガルー共同保育、青葉小・5中PTA、リサイクル条例直接請求運動に係る。1995年東村山市議会議員初当選。現在6期目。

生活文教委員会(前期は厚生委員会)。議会運営委員、広報広聴委員。昭和病院企業団議会議員。
保護司。
自治体議会改革フォーラム会員。全国フェミニスト議員連、財政問題研究会。
介護予防大作戦実行委員、青葉町福祉協力員、いきいきシニアあっぱれ脳トレ、みんなのうたごえ実行委員
sorakazeyoko@w3.dion.ne.jp

島崎よう子 on Twitter
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
そらかぜ通信*Mobile
そらかぜ通信のブログは携帯からもご覧いただけます。
QRコード
ブログ検索
テニスコート整備の前にやるべきは、高すぎる借地料の是正
テニスコート

「東村山市久米川テニスコートの整備(掘り起こし)等を求める請願」
に対し、市民自治の会は不採択の立場から討論します。

不採択とする理由は2点です。
この請願が9月定例議会最終日に生活文教委員会に付託された後、担当所管はコート整備について専門業者と共に他市も含め調査した結果、専門業者の見解は、「当市のテニスコートは一定状況担保されており、一般の方がプレイするには差し支えない」と請願審査において答弁がありました。請願者の要望のお気持ちはわかりますが、客観的なテニスコート状況が明らかになりました。これが1点目です。

2点目は、H23年度に行った市民による事業評価において、
「借地してまで確保するのは、市の財政状況が好転するまでは我慢すべき。
従来充てていた予算をゼロにするという発想ではなく、運動公園等の代替地を検討し、そちらに予算を回してもらいたい。」
という評価結果に対し、

市の方針は、
借地料について貸主と交渉し見直す。
借地料を固定資産税・都市計画税の合計額の3倍程度に見直していくことが見込めない場合には、代替手段の確保または廃止を検討する。

と結論を出しています。

この事業評価から4年が経過していますが、借地料は固定資産税等の3倍を基本とする東村山市の方針に対し、H24年度予算では5.97倍であったものが、今年27年4月より5.26倍、1679万2752円と若干改善されたものの依然として高い水準であることに変わりません。23年度から25年度までの削減効果は176万7000円であることが昨年10月の行革大綱前期基本方針中間報告に記載されています。

現行の行革大綱において、久米川テニスコートは有償にて借用している土地の返却を検討すると同時に土地賃借契約について、固定資産税・都市計画税の合計の3倍を基準に契約額を見な直す対象の一つとなっています。
しかし、代替地の検討も積極的に進めていません。

そういった状況にありながら、今掘り起しの整備を行えばこの後10年間は引き続きこの土地を借用することとなります。難航している借地料の引き下げは困難となる可能性が濃厚であります。

借地料是正をすれば堀り起こし整備料490万円を容易に捻出できるわけでありますから、テニスコート掘り起しの前に市がやるべきことは、行革大綱の方針を速やかに実行することであることを強く主張して、討論を終わります。



賛成は紹介議員となった自民、公明、共に生きようネット(佐藤まさたか、大塚、白石議員)
反対は、共産党、草の根、民主、市民自治の会(島崎)
賛成多数で採択となりました。
しかし、まさか、28年度に整備費を予算化しないでしょうね。


まちづくり/市民協働 | 【2015-12-21(Mon) 16:18:10】 | Trackback(-) | Comments:(0)


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する