プロフィール

島崎よう子

Author:島崎よう子
明治大学文学部卒業。退職後子育ての傍ら青葉文庫、カンガルー共同保育、青葉小・5中PTA、リサイクル条例直接請求運動に係る。1995年東村山市議会議員初当選。現在6期目。

生活文教委員会(前期は厚生委員会)。議会運営委員、広報広聴委員。昭和病院企業団議会議員。
保護司。
自治体議会改革フォーラム会員。全国フェミニスト議員連、財政問題研究会。
介護予防大作戦実行委員、青葉町福祉協力員、いきいきシニアあっぱれ脳トレ、みんなのうたごえ実行委員
sorakazeyoko@w3.dion.ne.jp

島崎よう子 on Twitter
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
そらかぜ通信*Mobile
そらかぜ通信のブログは携帯からもご覧いただけます。
QRコード
ブログ検索
またもや可否同数の案件
今年の漢字は『安』でしたね。安保法制の「安」、安心不安の「安」、安全の「安」とか。私は「法」かなと思っていましたが外れました。今週は議会は休会で議会運営協議会や広報広聴委員会を開催しています。広報広聴委員会は、12月議会の市議会たよりを編集しながら、次の議会報告会や今後の議会報告会のあり方に向けて協議中です。
そして、21日議会最終日は議案や請願・陳情に対する全議員による議決を諮りますので、会派間で意見交換しながら賛否を検討しています。私は反対する時には、提案者に対して、また市民にも説明が付くようにその理由を述べるようにしています。

ブログをご無沙汰してしまい、遅ればせながらの報告です。すみません。いつもだったら請願・陳情は委員会に付託して審査をし結論を出すのですが、次の陳情は議会最終日に結論を出しては意味がないので手続きを省き、議会初日に結論を出したものです。全会派が討論を行い可否同数により議長決済で否決となりました。

27陳情第14号「安倍政権に対して、早急に国会の改正を求める意見書に関する陳情」

に対し、市民自治の会は採択すべき立場を明らかにして賛成の討論を行なう。
不採択の理由として、ASEANやAPECなどの国際会議が相次ぎ来年度の補正予算などを挙げているがそれ自体は毎年決まっていることであり、詭弁と言わざるを得ない。
臨時国会の開催は、与野党の合意で決まるものではなく、また開催の諾否の最終権限が政府与党にあるものではない。まして、慣例で決まっている問題ではない。日本国憲法53条に「いずれかの議院の総議員の四分の一以上の要求があれば、内閣は、その召集を決定しなければならない」と明記されている。参院の議員61名が署名して、議長に要求すれば、それで憲法の要件は満たされるのであり、内閣は開催を拒否することはできない。それを無視した安倍政権は、憲法違反である。臨時国会の開催は立憲主義そのものの問題である。

安保法の内容および審議過程で立憲主義を揺るがし、多くの国民や憲法学者たちがいまだに警鐘を鳴らしている。臨時国会の召集を見送ること、今再びの蛮行は許しがたい。異常な国会運営に、日本の行方に強い危機感をもつ。

東村山議会として、安倍内閣に臨時国会開催を求める意見書を提出すべきと考え、当陳情に賛成するものである。




スタンス | 【2015-12-16(Wed) 08:44:59】 | Trackback(-) | Comments:(0)


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する