プロフィール

島崎よう子

Author:島崎よう子
明治大学文学部卒業。退職後子育ての傍ら青葉文庫、カンガルー共同保育、青葉小・5中PTA、リサイクル条例直接請求運動に係る。1995年東村山市議会議員初当選。現在6期目。

生活文教委員会(前期は厚生委員会)。議会運営委員、広報広聴委員。昭和病院企業団議会議員。
保護司。
自治体議会改革フォーラム会員。全国フェミニスト議員連、財政問題研究会。
介護予防大作戦実行委員、青葉町福祉協力員、いきいきシニアあっぱれ脳トレ、みんなのうたごえ実行委員
sorakazeyoko@w3.dion.ne.jp

島崎よう子 on Twitter
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
そらかぜ通信*Mobile
そらかぜ通信のブログは携帯からもご覧いただけます。
QRコード
ブログ検索
多磨全生園内の通学路、住民の願いが実りました♪
通学路
所沢街道青葉町4丁目陸橋下に出る通り

こちらのブログにお知らせしましたが、三恵病院の建て替え工事に伴い、所沢街道に出るまで多磨全生園内を通学路として使用させてもらっていました。子どもたちの安全確保のために工事終了後も引き続き、通学路として使用できることに、正式に決定した旨、先週金曜7月31日教育部長より連絡を戴きました。
8月1日の青葉町3丁目夏祭り会場では、もっぱらこの話題で湧きました(^^♪

この朗報を得るまでを振り返ってみると、

通学路の安全 についてヒアリング 市役所にて

2月4日、青葉小保護者、地域住民、青葉小校長の方々とまちづくり部にヒアリングしましたが、工事が終わっても全生園内の通学路を今のまま使用できるようにしてほしいという要望に対し、ハードルが高いという役所の認識で解決の糸口は掴めませんでした。

そこで、4月初め、保護者のパパたちと多磨全生園入所者自治会佐川会長に協力のお願いに伺い、協力の申し出とアドバイスを戴きました。

パパたちは、5月のタウンミーテイングで市長に切々と訴えたり、

青葉小の保護者有志が中心になって署名活動をし、地域の皆さんのご協力も得て、あっという間に1,304筆が集まりました。
署名簿


私は6月議会で「国に本気で交渉して欲しい」と一般質問をしました。

おかげで、教育部が中心となり国へ働きかけて戴き、工事が終わった後も、安全な通学路を確保することができたのです!

保護者の皆さんが諦めずに、様々な人脈を広げ、大勢の皆さんを動かした結果です。
中心になって活動した若いお父さんが、「投げ出さずにやれるだけのことをやってよかった。動けば変わるんだなあ~」としみじみとつぶやきました。

これからも、一緒にまちづくりを進めていきましょう。よろしくね。


子ども/教育 | 【2015-08-04(Tue) 21:04:00】 | Trackback(-) | Comments:(0)


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する