プロフィール

島崎よう子

Author:島崎よう子
明治大学文学部卒業。退職後子育ての傍ら青葉文庫、カンガルー共同保育、青葉小・5中PTA、リサイクル条例直接請求運動に係る。1995年東村山市議会議員初当選。現在6期目。

生活文教委員会(前期は厚生委員会)。議会運営委員、広報広聴委員。昭和病院企業団議会議員。
保護司。
自治体議会改革フォーラム会員。全国フェミニスト議員連、財政問題研究会。
介護予防大作戦実行委員、青葉町福祉協力員、いきいきシニアあっぱれ脳トレ、みんなのうたごえ実行委員
sorakazeyoko@w3.dion.ne.jp

島崎よう子 on Twitter
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
そらかぜ通信*Mobile
そらかぜ通信のブログは携帯からもご覧いただけます。
QRコード
ブログ検索
プレミアム商品券の恩恵にあずかれるのは、たったの12.9%!
プレミアム商品券

八王子市のプレミアム商品券の販売を委託されていた信用金庫の職員が、一般に販売する前に自分用に購入したり、顧客に優先的に販売したりしていたとニュースになっていました。全くヒドイ話。
各地で猛暑の中、行列を作って買っている様子も報じられています。小さなお子さんや介護する人を抱えておられるうちでは並ぶことは出来ませんね。東村山市では、抽選を行った点はGoodだと思います。
抽選方法は、申し込んだハガキは使わず、申込者に番号を振ったカードを引いたものを落札者とするやり方でした。氏名や申込数はわからないようになっていますから、公平公正と言えるかもしれません。

しかし、10冊(10万円+2万円)申し込んだ人も1冊(1万円+2,000円)しか申し込まなかった方も一律で抽選としたのは、不公平です。プレミアム分は税金ですから、できるだけ多くの方が恩恵にあずかれるように工夫をすべきだったと思います。実際、推進派議員にはクレームが多数きているそうです。
そもそもキャッシュが用意できない方は、申し込むことさえ出来ないところに理不尽さを感じます。

東村山市の場合、1世帯で申し込みができるのは1人だけで、担当者に聞いたところ、申込者は1万4,136人、当たった方は約9,000人とのこと。少なくて驚きました。約7万世帯のたったの12.9%の家庭しか恩恵にあずかれないプレミアム商品券って、税金の使い方として如何なものでしょうか。 

ちなみに、東村山市におりた税金は、地域活性化・地域住民生活等緊急支援交付金として 1億4875万円也





まちづくり/市民協働 | 【2015-07-30(Thu) 07:11:15】 | Trackback(-) | Comments:(0)


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する