プロフィール

島崎よう子

Author:島崎よう子
明治大学文学部卒業。退職後子育ての傍ら青葉文庫、カンガルー共同保育、青葉小・5中PTA、リサイクル条例直接請求運動に係る。1995年東村山市議会議員初当選。現在6期目。

厚生委員会。議会運営委員、広報広聴委員。
保護司。
自治体議会改革フォーラム会員。全国フェミニスト議員連、財政問題研究会。
介護予防大作戦実行委員、青葉町福祉協力員、いきいきシニアあっぱれ脳トレ、みんなのうたごえ実行委員
sorakazeyoko@w3.dion.ne.jp

島崎よう子 on Twitter
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
そらかぜ通信*Mobile
そらかぜ通信のブログは携帯からもご覧いただけます。
QRコード
ブログ検索
東村山を良くする会の決算討論

2014年09月25日


決算の認定を認めなくとも何も影響はないという話もありますが、決算での審査が次年度の予算編成に反映されることこそ重要との思いで、決算審査に臨みました。

東村山を良くする会は、2013年度一般会計決算認定に対し以下の理由で反対する。

① 渡部市長就任以後、総額90億円、当該年度で15億5千万円も財政を黒字化したというが、自治会防犯街路灯補助金を前年度から市道100%から78%に私道を50%から39%に切り下げ、また、多摩第4位もの臨時財政対策債243億円を借りて53億円しか返済できておらず、将来の市民にツケ回しするという実態にあること。

② 2263㎡も緑が減少しながら有効な対策をとってないこと。

③ 宗教法人であっても4件の課税事実が判明しているにもかかわらず、小売業の認定をうけた宗教法人売店が調査もされず非課税の特別扱いををされていること。

④ 落札後わずか2ケ月で受注業者が倒産したリサイクルセンター管理棟工事につき発覚後、入札等監視委員会は適切な調査を一切していないこと

⑤ 警察0Bを依然として「生活保護行政対象暴力対策員」という名称で雇用し、生活保護受給者に対する差別と偏見を助長させ、市の品位を落としめていること。

⑥ 市民センター使用料等の算出根拠に職員人件費一人約900万円も算入し市民に二重の税外負担を敷いていること。

⑦ コミュニティバス事業は民間バス事業の補完だと言いながら、民間バス事業で実施している高齢者割引も無いままに値上げすることを決定したこと。


議会/行政改革 | 【2014-09-25(Thu) 19:12:34】 | Trackback(-) | Comments:(0)


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する