プロフィール

島崎よう子

Author:島崎よう子
明治大学文学部卒業。退職後子育ての傍ら青葉文庫、カンガルー共同保育、青葉小・5中PTA、リサイクル条例直接請求運動に係る。1995年東村山市議会議員初当選。現在6期目。

生活文教委員会(前期は厚生委員会)。議会運営委員、広報広聴委員。昭和病院企業団議会議員。
保護司。
自治体議会改革フォーラム会員。全国フェミニスト議員連、財政問題研究会。
介護予防大作戦実行委員、青葉町福祉協力員、いきいきシニアあっぱれ脳トレ、みんなのうたごえ実行委員
sorakazeyoko@w3.dion.ne.jp

島崎よう子 on Twitter
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
そらかぜ通信*Mobile
そらかぜ通信のブログは携帯からもご覧いただけます。
QRコード
ブログ検索
「武蔵村山MMスタンプで市税等の納税」を視察しました。

2014年05月15日


MMカード

 武蔵村山市では、今年4月1日から武蔵村山MMスタンプのポイントを利用して市税等の納付ができるようになったという報道に興味を持ち、「武蔵村山MMスタンプで市税等の納税」を視察しました。

 武蔵村山MMスタンプ協同組合理事長さん、事務局員さん、市役所生活環境部・産業観光課長さん、市民部・収納課長さんに説明して戴きました。

 MMスタンプは、800ポイント=4万円分のお買いもの(税抜き)で満点になり、500円分使える仕組みです。




 取り組みのいきさつは、
平成24年度改正の行革大綱に「MMスタンプの市税納入等にかかる有効活用」が掲げられ、翌年、企画財務部主導で財政課、産業観光課を巻き込んで検討。12月にMMスタンプ協同組合と協定を結び、この4月1日から市税等の納付ができるようになったそうです。
 一方、MMスタンプ協同組合の方では、従来は、日帰り旅行などの特典を付けていたそうですが、さらに加盟店舗拡大を含め研究していたところだった、というお話でした。

 さて、一番のネックは「納税は現金」という原則。
市役所収納課と緑ヶ丘出張所に武蔵村山MMスタンプ協同組合から、それぞれ5万円の現金をプールして満点のMMスタンプカードと市税等の納付書を持参していただき、収納課で1枚につき500円分として現金に換えて収納とされました。

 利用できるのは、市都民税、固定資産税、国保税、軽自動車税、保育料等7種類で、納期を過ぎたものについては利用出来ません。

 5月14日現在(実際には4月は納期がなかったので5月1日から)、11人(36枚、18,000円)の利用実績があります。ただ今のところ軽自動車税に充てられた方が多いようです。

武蔵村山店舗お店の方が触っているのがスタンプを打つ器械

 このMMスタンプの対象となるのは、小売業、サービス業で、中には市民会館のコンサートチケットも対象になっているそうですから、使い勝手がよさそうですね。
 何よりも、東村山市版スタンプは、糊をつけて台紙に貼るタイプですが、MMスタンプはカード方式なのでとっても便利!

 理事長さんとしては、満点カードでさらに店で買い物をしてほしいので、納税の方に使用が流れてしまうのではないかと多少不安もあるようでしたが、満点カードを増したくて買い物しちゃいそう。心配不要な気がします。

 東村山市でもぜひ取り組んでほしいですね。

 
まちづくり/市民協働 | 【2014-05-15(Thu) 19:46:10】 | Trackback(-) | Comments:(0)


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する