プロフィール

島崎よう子

Author:島崎よう子
明治大学文学部卒業。退職後子育ての傍ら青葉文庫、カンガルー共同保育、青葉小・5中PTA、リサイクル条例直接請求運動に係る。1995年東村山市議会議員初当選。現在6期目。

生活文教委員会(前期は厚生委員会)。議会運営委員、広報広聴委員。昭和病院企業団議会議員。
保護司。
自治体議会改革フォーラム会員。全国フェミニスト議員連、財政問題研究会。
介護予防大作戦実行委員、青葉町福祉協力員、いきいきシニアあっぱれ脳トレ、みんなのうたごえ実行委員
sorakazeyoko@w3.dion.ne.jp

島崎よう子 on Twitter
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
そらかぜ通信*Mobile
そらかぜ通信のブログは携帯からもご覧いただけます。
QRコード
ブログ検索
議会基本条例の施行で、こんな風に変わりました!

2014年04月21日




正面に伊藤真一委員長および議会事務局職員、両脇に小町明夫、朝木直子、山崎秋雄委員。背中を向けて座っているのは所管職員。

議会基本条例は4月1日に施行され、それに伴い委員会運営のルールも変更になりました。本日の生活文教委員会が記念すべき1回目の委員会です。


傍聴手続きは、議会事務局に申し出て傍聴バッチをもらうだけ。今日初めて傍聴に来られた方が、住所氏名を書かずに、こんなに簡単に傍聴できるなんてと驚いていました。議会を身近に感じてもらえたようです。
傍聴は市民が4人、議員は、蜂屋健次、石橋光明、村山淳子さんと私。




議会基本条例の施行で、他にもこんな風に変わりました!

1.委員会も本会議同様に「公開」となり、委員会で傍聴の許可を待たずとも最初か  ら委員会室に入室できます。

2.傍聴席での写真撮影やパソコン使用可へ。ただし、なるべく音声を発生  させないようにすること。
  (スマホシャッター音が響いて気が引けて1枚だけ。)

3.陳情も請願同様に審査することになりました。紹介議員を必要とする請  願でなくとも大丈夫。請願・陳情は市民からの政策提案と位置づけました。

4.請願、陳情の内容について、提出者に来ていただき話を伺うことができるように  なりました。今までは休憩中にご意見を聞かせて戴いていたので、議事録に残すことができませんでした。

5.所管部からの行政報告を開会中に行なうこと。これは委員会を閉会した  後に協議会という形で行なってきました。市民も所属以外議員も傍聴することができなかったものですが、改善しま  した。


ところで、今日の請願審査は、2本とも継続となりました。
*東村山市立小・中学校の特別教室と体育館にエアコン設置を求める請願
*青葉町1~2丁目に公共集会施設の建設を求める請願
 次回は、紹介議員をお呼びして話を伺うこと、市有地に関する調査。

次に、所管事務調査事項 「特別支援教育推進計画について」

最後に、市民部、教育部、生活安全部より行政報告があって、閉会しました。


開かれた議会、議会を見える化して何を見せるかが問題。行政の監視・評価、政策提案の議会としての役割を高めなければとあらためて感じた次第です。





議会/行政改革 | 【2014-04-21(Mon) 23:20:13】 | Trackback(-) | Comments:(0)


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する