プロフィール

島崎よう子

Author:島崎よう子
明治大学文学部卒業。退職後子育ての傍ら青葉文庫、カンガルー共同保育、青葉小・5中PTA、リサイクル条例直接請求運動に係る。1995年東村山市議会議員初当選。現在6期目。

生活文教委員会(前期は厚生委員会)。議会運営委員、広報広聴委員。昭和病院企業団議会議員。
保護司。
自治体議会改革フォーラム会員。全国フェミニスト議員連、財政問題研究会。
介護予防大作戦実行委員、青葉町福祉協力員、いきいきシニアあっぱれ脳トレ、みんなのうたごえ実行委員
sorakazeyoko@w3.dion.ne.jp

島崎よう子 on Twitter
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
そらかぜ通信*Mobile
そらかぜ通信のブログは携帯からもご覧いただけます。
QRコード
ブログ検索
改革派市長3人、自治分権の実現力を競う!

2013年08月11日


 昨日10日、「がんばろう、日本!」国民協議会のシンポジウムがありました。パネラーは、千葉市長・熊谷氏、埼玉県和光市長・松本氏、三重県松阪市長・山中氏という豪華キャスト!いつも注目してツイッターなど見ている方々です。その上、基調講演は元安孫子市長の福嶋浩彦氏でした。「自治」といったらこの方です。この日も歯切れよく問題提起をされました。

写真:熊谷市長熊谷俊人・千葉市長

 熊谷市長さんの話しは明確でわかりやすい。予算編成過程の公表を始めとし、企業誘致をすすめ、個人が役に立つ情報提供のあり方を検討中。また、市民がまちをマネジメントしようと投げかけ、ネットやスマホで使うアプリで市民と行政を結びつけ公共のサービスの効率を上げるという「ICTシステム」導入によるテストを始めている・・・・。
 市民が不満を抱きつつも、とても出来っこないと思っていることを実現しようとしている。その発想力スゴイ。


写真:松本市長松本武洋・和光市市長

 和光市も予算編成過程の公表を実施し、健全財政条例を策定。介護予防事業に予算をかけ、介護保険の認定率は低く、介護保険料は基準額が4,150円/月、ちなみに東村山市は5,000円を超えました。国民健康保険も分析し、健康づくり基本条例を策定。「1市民1スポーツ」とは反感持つ方もいるのではないか、と少々不安を抱くが、松本市長は、「仮に今、うらまれても後々感謝される」と信念をもって取り組んでいるようです。
 自立の理念が徹底しているとの話であったが具体的なことをもっと知りたい。


写真:山中市長山中光茂・松阪市長

 昨年秋のJIAM研修で講演を聞いたときのインパクトが強かった。著書『巻き込み型リーダーの改革』の帯にーーー学生時代、歌舞伎町のキャパ嬢スカウトを生業とし、医師としてアフリカに渡り、数多くの死と向き合う。帰国後政治を志し、若干33歳にして市長に就任。政治や負担を市民に求める新しい行政スタイルを構築・・・・とあります。今年1月2期目の当選を果たしています。

 その1.新しい行政スタイル「シンポジウムシステム」について。
 方向性を決めるときに市民が参加する仕組み。当事者を集めてみんなで現場を見に行く。行政は、いくつかのシミュレーションを提示し話し合いを重ねる。審議会等は単なるアリバイ作りで、政策形成過程を一般市民の目を触れずにすることが間違っている。地域が負担に責任を持つなら行政はしっかり支援する。

 その2.松阪市内に23ある小学校地区全てに「住民協議会システム」を立ち上げた。例えば企業の寄付金200万円位は一般会計に入れてしまえば存在感がないが、住民協議会に分ければ使い道は大きい。企業にとっても寄付した甲斐がある(ホントにそうだ)

 その3.企業との明るい癒着計画(なんとも過激なフレーズ)。市民の利益になるなら優位性のある企業を受け入れる。


 頼もしい若い市長さんたち♪♪♪
 三者三様の施策実現に向けた努力が半端ないことは、時に「モノゴイ市長会にでるより盆踊りに出てる方が有効」などの激しい言葉から感じられました。


 そして、議会の関与については、いずれも厳しい意見でした。
 二元代表制は機能しているか? 
 議会への市民参加は十分行なわれているか?
 議会では議員同士の徹底した議論が行なわれているか?
 議会は議決する権限の重さを認識しろ。

 あの市長たちからみたら、議会は不甲斐なく映るのだろう。もっと必死コケと言いたかったのかもしれない。
 どの問にもYESと答えられない。東村山市議会の私たちは、議会基本条例づくりを通じて、この夏真剣に議論して共通認識をもてたことが多くある。だから、これから変わっていけるはず。
 がんばると誓いたくなる元気をもらった帰り道でした。



まちづくり/市民協働 | 【2013-08-11(Sun) 18:10:03】 | Trackback(-) | Comments:(0)


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する