プロフィール

島崎よう子

Author:島崎よう子
明治大学文学部卒業。退職後子育ての傍ら青葉文庫、カンガルー共同保育、青葉小・5中PTA、リサイクル条例直接請求運動に係る。1995年東村山市議会議員初当選。現在6期目。

生活文教委員会(前期は厚生委員会)。議会運営委員、広報広聴委員。昭和病院企業団議会議員。
保護司。
自治体議会改革フォーラム会員。全国フェミニスト議員連、財政問題研究会。
介護予防大作戦実行委員、青葉町福祉協力員、いきいきシニアあっぱれ脳トレ、みんなのうたごえ実行委員
sorakazeyoko@w3.dion.ne.jp

島崎よう子 on Twitter
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
そらかぜ通信*Mobile
そらかぜ通信のブログは携帯からもご覧いただけます。
QRコード
ブログ検索
火の用心~マッチ1本火事の元

2012年12月26日


 今夜は冷え込みました。地元の青葉町2丁目下堀自治会では、毎年恒例の火の用心パトロールが昨日から始まっています。市長がみなさんの労をねぎらってご挨拶にみえました。パトロールの主人公は小学生を中心とした子どもたち。自治会と子ども見守り委員会のみなさんが、準備万端してくれます。

 子どもたちが、声を揃えて「火の用心!戸締り用心、火の用心!マッチ一本火事の元!」といいながら、拍子木をカチカチと叩き町内を練り歩きます。時々、玄関先に出てご苦労様と声をかけてくださる方がいて、しっかり声が届いているのがわかります。



 分団消防車の歳末パトロールも回っています。最近は火災発生を知らせるサイレンが煩いとのクレームがあるそうで、「カンカン、カンカン」の鐘の音も遠慮がち。私はこの鐘の音から「見守られている」安心感をいつも抱きますので、寂しいなあと思います。


 ところで、自治会のパトロールの後は、子どもたちにごほうびのお菓子が渡され、みんなには熱々のワンタンスープが振舞われました。3杯もお替りした子がいました。
当日パトロールに付き添う人以外にも大勢の住民が関わっていて、ありがたいことだと感謝しています。


 カラカラ天気の歳末、風邪と火の元にご用心。


今月行なわれた「青葉町震災訓練」参加者は525名も。
写真:青葉町震災訓練

初期消火やAED操作、バケツリレー、煙や起震体験などの他、今年は車いす体験があり、ほとんどの方が初体験で真剣に学びました。指導は社協です。
写真:青葉町震災訓練車いす体験


まちづくり/市民協働 | 【2012-12-26(Wed) 23:42:37】 | Trackback(-) | Comments:(0)


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する