プロフィール

島崎よう子

Author:島崎よう子
明治大学文学部卒業。退職後子育ての傍ら青葉文庫、カンガルー共同保育、青葉小・5中PTA、リサイクル条例直接請求運動に係る。1995年東村山市議会議員初当選。現在6期目。

生活文教委員会(前期は厚生委員会)。議会運営委員、広報広聴委員。昭和病院企業団議会議員。
保護司。
自治体議会改革フォーラム会員。全国フェミニスト議員連、財政問題研究会。
介護予防大作戦実行委員、青葉町福祉協力員、いきいきシニアあっぱれ脳トレ、みんなのうたごえ実行委員
sorakazeyoko@w3.dion.ne.jp

島崎よう子 on Twitter
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
そらかぜ通信*Mobile
そらかぜ通信のブログは携帯からもご覧いただけます。
QRコード
ブログ検索
第2回東村山市版株主総会・・・

2012年11月24日


 東村山市版株主総会が開かれました。
 昨年の第1回はマスメディアが大挙して取材に押し寄せ、夜はあちこちのテレビなどで報道されるといった活況でしたが、その趣は失せ、来ていた取材は1社だけ、東村山市の通常市民イベント会議風景となりました。写真はNGでお伝えできません。(第1回の様子はこちらから

 議会では、自民党初めなにかと反発意見が出ている東村山市版株主総会にもかかわらず、傍聴に来た議員は公明党の石橋・小松・村山議員、山口議員、私だけと少ないのは意外です。

 前回マスコミが取り上げたのも議会で物議になったのも、「オーナーである東村山市民が、市長のボーナスを決める!」だった訳ですが、今回はその点を誤解のないように、最後に市長は「この評価結果を議会の判断材料にしていただく。決定は議会で議決を得ます。」発言していました。




  議事進行は、市長の平成23年度の施策の取り組みや財政状況等の説明の後で、参加者による意見交換および発表、評価の投票・結果発表と続きます。
 意見交換は、5~6人づつの10のグループに分かれ、「今後、市がどういうことに力を入れるべきか」について意見を交換するというもので、結論を出すものではありません。
 普段、議会での議論や私が関わっている市民活動での課題とは、また違った意見が聴けたことが今日の収穫でした。いや、そうじゃない。声は拾っていたけど、「こうすれば」というアイデイアまでに出来てなかったということかな。その発想にちょっと、わくわくしました。
 そして思うことは、東村山市議会として市民の意見を聴く会を早く開きたいということ。


評価結果
1点 物足りない       0人  昨年   2人
2点 やや物足りない     9人      15人
3点 普通          18人      13人
4点 よくやっている     16人      19人
5点 非常によくやっている  3人       2人
  ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  合計          151点     157点
  投票数         46票      51票
  平均点         3,28     3.07

 評価結果は、昨年度より若干上がりました。
結果を受けて、市長の挨拶「昨年より若干よくなった。普通ぐらいのレベルかな。いつかは、満点を取りたい。全ての方に満足してもらえる市政は難しい。あらたな提案要望など頂いた。市民の皆さんとキャッチボールしながらいい町をめざしていきたい。」

  無作為抽出の2,000名に案内を出し、参加申し込み80人の内、本日の会に参加されたのは48人。この人数は昨年とほぼ同じ。昨年12月議会で私が課題を問うたのに対し、市長「今後、どのように多くの方に御参加いただくためにはどのような呼びかけをしていくのがいいのか、ここは課題かと考えております。」と答弁。結果として効果はなかった訳ですが、これにはどのように取り組んだのか、気になるところです。

 市民の参画チャンネルを増やすことは大賛成ですが、今回も課題についての説明が抜けているのは、オーナーである市民を本気で意識していないのではないかと、この点が私は不満です。

  ところで、お開きとなり、市長初め理事者部長たちが通路に並び、お見送りされた光景がちょっとそれらしく、可笑しかった。

まちづくり/市民協働 | 【2012-11-25(Sun) 10:05:53】 | Trackback(-) | Comments:(0)


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する