プロフィール

島崎よう子

Author:島崎よう子
明治大学文学部卒業。退職後子育ての傍ら青葉文庫、カンガルー共同保育、青葉小・5中PTA、リサイクル条例直接請求運動に係る。1995年東村山市議会議員初当選。現在6期目。

生活文教委員会(前期は厚生委員会)。議会運営委員、広報広聴委員。昭和病院企業団議会議員。
保護司。
自治体議会改革フォーラム会員。全国フェミニスト議員連、財政問題研究会。
介護予防大作戦実行委員、青葉町福祉協力員、いきいきシニアあっぱれ脳トレ、みんなのうたごえ実行委員
sorakazeyoko@w3.dion.ne.jp

島崎よう子 on Twitter
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
そらかぜ通信*Mobile
そらかぜ通信のブログは携帯からもご覧いただけます。
QRコード
ブログ検索
奇跡の一本松

2012年09月12日


写真:一本松
津波が来るまでは7万本の松林だった!

NHKのニュースで岩手県陸前高田市の「奇跡の一本松」が保存処理のために切り倒された一本松が映し出されていました。画面では市民の方が「心の支えだった」と話していました。
東日本大震災の大津波に耐えて7万本の松の中でたった1本生き残り、被災者を励まし続けてきましたが、枯れていることが分かり、市は一本松を切り倒して防腐処理をしたうえで、復興のシンボルとして元の場所に立てることを決めました。この夏、私が陸前高田市で会った方々は、「一本松に1億5,000万円かけるなら、復興の方に遣ってくれよ!」とイラついた声ばかりでした。

陸前高田市で会った方だけでなく、福島第一原発周辺の住民や津波で家仕事を失った上、政府の無策にいまだに再出発できない人たちの様子を連日の報道で知れば、「奇跡の一本松」の美談が現実にかすみそうです。


ところで、3日間の一般質問が終わりました。
最終日は、矢野議員から、朝木議員、大塚議員、佐藤議員、奥谷議員の5人。


写真:絆シャツ

奥谷議員の質問の一つは「中学校に『レスキュー部』の創設を」と、南三陸町にボランテイアに入ったときのシャツを見せながらの質問でした。


夏休みの宿題を8月末になって大慌てでやった子どもは、何十年経っても変わらず。いよいよ明日11時締め切りの決算質問通告書づくりの仕上げデス。東村山市議会は、質問内容をあらかじめ提出しておかないと質問できないルール。東京多摩地域では、八王子市議会と東村山市議会だけ。変なルールなんですけどね~。
最近の話題 | 【2012-09-12(Wed) 22:23:32】 | Trackback(-) | Comments:(0)


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する