プロフィール

島崎よう子

Author:島崎よう子
明治大学文学部卒業。退職後子育ての傍ら青葉文庫、カンガルー共同保育、青葉小・5中PTA、リサイクル条例直接請求運動に係る。1995年東村山市議会議員初当選。現在6期目。

生活文教委員会(前期は厚生委員会)。議会運営委員、広報広聴委員。昭和病院企業団議会議員。
保護司。
自治体議会改革フォーラム会員。全国フェミニスト議員連、財政問題研究会。
介護予防大作戦実行委員、青葉町福祉協力員、いきいきシニアあっぱれ脳トレ、みんなのうたごえ実行委員
sorakazeyoko@w3.dion.ne.jp

島崎よう子 on Twitter
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
そらかぜ通信*Mobile
そらかぜ通信のブログは携帯からもご覧いただけます。
QRコード
ブログ検索
活発だった12月議会、閉会。

2011年12月21日


 東村山市議会12月議会は追加議案がてんこ盛りで昨夜閉会しました。
 最終日の議案に対し、私の持ち時間(7分に2分プラスされましたが)が足らないため、ころころの森の指定管理者の指定とスポーツセンター指定管理者の指定の2件のみ質問通告を提出して本会議に向いました。

 保育園に関しては指定管理者制度は馴染まないと3年前に一般質問しましたが、いよいよ来春、第八保育園は現在運営しているユーカリ法人へ移管されます。よかったあ。民間移管に関する手続きの議案が2本。




 その一つ、市立第八保育園の無償譲渡議案では、
土地は今まで同様賃貸料はなく、建物(9000万円と算定)は無償で譲渡。その理由を「施設賃料の発生により、保育の質を下げることのないように無償で譲渡すべきと判断した。」と答弁。
 奥谷議員は無償とする法的根拠があいまいだと問い質していましたが、私の観点からは抜け落ちていて、はっとさせられました。

 また、現在、公有地を無償貸与されている認可保育園は第八の他、つぼみ、富士見、花さき保育園ですが、来年開所予定の老人ホーム敷地内の三條会運営の保育園は土地賃借料 134万円/年、全生園に移転する花さきは265.8万円/年であることが明らかになりました。
 矢野議員は、「賃料有り無しがあって、保育園に通っている子どもの保育の質が平等に保てないではないか。公平原則に違反する。」と詰め寄り、市長は「未来永劫、無償とは限らない」と答えていました。歴史的な経緯があってこうなっているからと私は触らずにきています。けれど、やり取りを聞いていて、やはり問題です。整理が必要な時期に来ていると思いました。
 保育園運営の実質当事者として矢野議員が質問すると、微妙な話しにもっていかれてしまう傾向があります・・・・。根が深い問題をからんでいますけど、それはそれで私のスタンスで取り組んで行きます。


 ころころの森の指定管理者の指定は、矢野・朝木議員以外の賛成多数で可決となりました。白梅学園の委託事業から東村山市子どもNPOユニットが指定管理者となります。
 スポーツセンター指定管理者の指定は、草の根と共産は反対で、可決されました。スポーツセンターは西口サンパルネと同じく「東京ドームグループ」が来年度から5年間の指定管理者と決まりました。

プールリニューアル
スポーツセンタープールがリニューアルオープンしました。11月5日の式典から。

 副市長、教育委員の選任、意見書、請願と報告したいことが残っていますが、でかける時刻になりました。続きは、次回。
議会/行政改革 | 【2011-12-21(Wed) 08:40:09】 | Trackback(-) | Comments:(0)


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する