プロフィール

島崎よう子

Author:島崎よう子
明治大学文学部卒業。退職後子育ての傍ら青葉文庫、カンガルー共同保育、青葉小・5中PTA、リサイクル条例直接請求運動に係る。1995年東村山市議会議員初当選。現在6期目。

生活文教委員会(前期は厚生委員会)。議会運営委員、広報広聴委員。昭和病院企業団議会議員。
保護司。
自治体議会改革フォーラム会員。全国フェミニスト議員連、財政問題研究会。
介護予防大作戦実行委員、青葉町福祉協力員、いきいきシニアあっぱれ脳トレ、みんなのうたごえ実行委員
sorakazeyoko@w3.dion.ne.jp

島崎よう子 on Twitter
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
そらかぜ通信*Mobile
そらかぜ通信のブログは携帯からもご覧いただけます。
QRコード
ブログ検索
大好評だった『東村山版株主総会』だけど・・・今ひとつ腑に落ちない。

2011年11月24日


23日午後、「東村山版株主総会」が開催されました。前日22日某夕刊全国版に載ったとかで、TV局クルーのカメラやアナウンサーなどマスメディアが大挙して取材に押し寄せ、会場はすごい熱気でした。昨夜はあちこちのテレビなどで報道されましたので、みなさまもご覧になったでしょう。

株主総会

市民と一緒に政策の優先を考えなければやっていけない財政の厳しい時代です。市民が市政に参加するチャンネルを増やすことはとてもよいことです。
株主総会に参加された方には好評でしたし、傍聴した私の友人も感心していました。報道も「全国初の取り組み、市長のボーナスを市民が査定!」と好意的。
実際、東村山の財政状況などを知ることが出来た、と納税者意識を高めたかもしれない。

無作為抽出で案内が届いた方は、「わたしに」に呼びかけられたと受け止め、参加意欲は数段も高まります。無作為抽出プラーヌンクスツエレは、市政に関心を持つ市民を増やすよい手法だと思います。

なのに、今ひとつ腑に落ちない感じを拭えないのは何故だろう。




一つは、昨日の参加者52人で決めてしまうことに違和感があります。パブコメのように日頃から関心ある市民からの評価ももらい、組み合わせにしたら重層的になるのではないか。
もう1点は、市長の説明に議会から指摘されていることを話されなかったこと。議会の審議は全く関係ないというのをどう考えたらよいのだろう。
また、本来は市長のボーナスは特別職報酬等審議会で決めるルールを別の機関で決定することを整理しないで進める乱暴さに対する不信感だろうか。

12月議会の質問は、昨日ブログに書いたテーマと、もうひとつは、この「東村山版株主総会」
質問の12月5日まで考えを深めてみます。皆さま、ご意見など聞かせてください。

それにしても、市長に比べ、東村山市議会は負けを認めざるをえない。情報提供&報告&市民意見の聴取、どれもだ。株主総会旋風が議会へも吹く予感。いや、チャンスにしたい。


質問通告内容は以下ーーーーーー

1.東村山版株主総会等市民評価から、市政運営の構築について市長に問う。

東村山版株主総会は、市民全員をオーナーと捉え、無差別抽出による住民から参加の申し込みをされた「株主」の投票によって市政評価を行い、評価結果については、市長の期末手当の支給額に反映させる仕組を考えるとの事です。
1) 通告後の翌日23日に株主総会第1回が実施され結果が出ているわけですが、評価結果をどう受け止めておられるか。
2) 5段階評価は期末手当て額にどのようにリンクするのか。
3) 市民がオーナーシップの契機になりうる手応えを感じられたか。
4) 今回初めて実施したことで、得られたことは何か。課題は?
5) 株主総会当日資料によると、説明には議会の決算審査での指摘などについては触れていないようだが、なぜか。
6) 「特別職報酬等審議会条例第2条、市長は、議員報酬並びに市長及び副市長の給料の額に関する条例を議会に提出しようとするときは、あらかじめ、当該報酬等の額について審議会の意見を聞くものとする」となっているが、これとの整合性をどう考えたらよいのか。
7) 審議会後の条例改正は議会が行うが、株主総会結果との整合性は如何か。
8) 市長マニフェストに「市長の給料・退職金等に市民による業績評価を反映する仕組みをつくります」とあるが、株主総会では期末手当てを対象とし、2本立てにしたのは何故か。
9) 市民による事業仕分けに対する職員の意見はどのようなものがあったか。検討状況を伺う。
10) 株主総会では、評価を受けて着実に総合計画を進めたいと、補正予算の審議で答弁されていた。株主総会、行政評価、市民による事業仕分けとそれぞれが出した評価をどう整理するのか。
11)あらためて『株主』の定義を伺う。
12)総合計画・基本構想において市民参加で意見を伺い反映させたこと、と株主総会は違う位置づけであるのか。
13)渡部市長1期目と2期目の市政運営構築において修正あるいは強化する点などどのような考えでおられるのか。
議会/行政改革 | 【2011-11-24(Thu) 08:33:28】 | Trackback(-) | Comments:(0)


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する