プロフィール

島崎よう子

Author:島崎よう子
明治大学文学部卒業。退職後子育ての傍ら青葉文庫、カンガルー共同保育、青葉小・5中PTA、リサイクル条例直接請求運動に係る。1995年東村山市議会議員初当選。現在6期目。

生活文教委員会(前期は厚生委員会)。議会運営委員、広報広聴委員。昭和病院企業団議会議員。
保護司。
自治体議会改革フォーラム会員。全国フェミニスト議員連、財政問題研究会。
介護予防大作戦実行委員、青葉町福祉協力員、いきいきシニアあっぱれ脳トレ、みんなのうたごえ実行委員
sorakazeyoko@w3.dion.ne.jp

島崎よう子 on Twitter
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
そらかぜ通信*Mobile
そらかぜ通信のブログは携帯からもご覧いただけます。
QRコード
ブログ検索
総合的な学習を支えるものは何?

2011年07月08日


今までの教育が「ゆとり」すぎたという反省!?のもと新しい学習指導要領では、かなり授業業時間数が増えています。が、2000年から始まった総合的な学習は、「生きる力」を育むという理念のもと、知識や技能の習得とともに思考力・判断力・表現力などの育成を重視しているという。また、地域との連携も謳われています。

空堀川に清流を取り戻す会では、今月6・7・8日の3日間、八坂小学校5年生の総合的な学習のお手伝いに入りました。 
生き物調査




準備万端整え、東村山浄水場そばの井戸端で、子どもたちをお出迎え。

3班に分かれて担当者が活動内容を説明してスタート。
生き物班:タモ網、バケツを持って河原に集合。
担当者がタモ網の使い方を実演。上流、下流に 分かれて魚獲りの開始。ほとんどがドジョウ。一人で10尾ぐらい獲る子もおれば、1匹も獲れない子もいる。獲り方の実演を注意深く観察している子は成績が良い

生き物調査班

猛暑の昨日、川に入っていると幾分涼しい。

植物班: 8種類の植物ビンゴを3種類用意。植物ビンゴ

全部ビンゴを完成させた子も何人かいた。ケッコウむずかしいです。担当者から合格の◎印をもらって大喜び。
植物調査班


歴史班: メンバー手づくりの「紙芝居」を使って、川の歴史から始まってかなりハイレベルな講義を熱心に聴いていました。
空堀川の歴史班

連日の夕立で川には水がある!当たり前のことだけど、水がなかったら川とは呼べない。何故水がないんだろうって話などもしています。
「空堀川クイズ」はほとんどの子が正解。


各班の活動が終わってから全員が馬頭橋に集合。上流と下流に分かれてゆっくり歩きながら魚を中央部に追い込み、
投網準備

投網を打ち、一網打尽。 まさかの大漁に全員大歓声! 10センチのオイカワやマブナがぴちぴちどっさり。
投網若い先生デス。
一人づつ、やさしく魚にさわったら川に戻す。
「なんで!なんで」・・・・「空堀川は自然を大切にする川なの」とメンバーがきっぱり。


この子たちが春に植えたポーチュラカ(300株を植える)を観察。ここで担任の先生が、雑草を一人2本抜いていけと指示。花壇がきれいになりました。

元の場所に集合し、挨拶をして給食の時間に間に合うよう帰えって行きました。
閉会
後半、副校長先生も参加されました。


総合的な学習の効果がどれほど上がっているのか知りませんが、少なくとも地域の大人が教育現場にかかわるようになっています。東村山市では福祉や環境団体、農家の方々・・・・大勢の大人が参加しています。
子どもたちはおじさん、おじさんと先生以外の大人から教わる経験をしているのは確かです。
暑くて暑くて・・・炎天下の3時間に、事前に費やす準備、そして無報酬の上、持ち出しのことなどを考え、その行動となる原動力はなんですか?どこからくるのですか?と訊ねたくなりました。市民の力に本当に頭が下がります。
子ども/教育 | 【2011-07-09(Sat) 23:12:38】 | Trackback(-) | Comments:(0)


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する