プロフィール

島崎よう子

Author:島崎よう子
明治大学文学部卒業。退職後子育ての傍ら青葉文庫、カンガルー共同保育、青葉小・5中PTA、リサイクル条例直接請求運動に係る。1995年東村山市議会議員初当選。現在6期目。

生活文教委員会(前期は厚生委員会)。議会運営委員、広報広聴委員。昭和病院企業団議会議員。
保護司。
自治体議会改革フォーラム会員。全国フェミニスト議員連、財政問題研究会。
介護予防大作戦実行委員、青葉町福祉協力員、いきいきシニアあっぱれ脳トレ、みんなのうたごえ実行委員
sorakazeyoko@w3.dion.ne.jp

島崎よう子 on Twitter
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
そらかぜ通信*Mobile
そらかぜ通信のブログは携帯からもご覧いただけます。
QRコード
ブログ検索
放射能汚染の測定と結果公表

2011年06月03日


北山公園の菖蒲は来週後半が見ごろらしいです。
花しょうぶ

 明日4日から始まる菖蒲まつりの準備の傍らを保育園の子どもたちが駆け回っていました。菖蒲まつりは19日まで。模擬店は毎日でています。近所の農地ではレタスや大根を売っていますよ。東村山では減農薬に努めている農家が多く、安全・新鮮です。

・・・といつつ、神奈川県の足柄茶から放射性セシウムが検出されたというニュースは衝撃で、東村山の野菜は大丈夫か? 先日の農業視察の際も話題になりました。学校給食で出されている野菜はどうなっている?とメールを頂いたり、ツイッターでも飛び交っています。



 1日から始まった議会で、市長は施政方針で放射線量測定していくと表明し、1日より保育園の測定が始まりホームページにその結果が掲載されています。小中学校校庭も対象になっています。幼稚園など要望があれば対応していく考えとのことですが、ガイガーカウンターの計測器が1台しかないため、小回りは利かないようです。

 これの担当は防災安全課なのですが、私が問い合わせると、市長のツイッターから情報を得て回答している範疇で、なんとも心もとない。これでは担当職員のモチベーションが上がらないのではないでしょうか。

 今回の原発事故で最も問題だと思うのは、情報の確かさと提供の仕方です。あまり神経質になるのはよくありませんが、実際に調べなければ分からない。安心を確かめるためにも検査は必要です。その点、市民の不安に押されるように市独自で測定を始めた東村山市の対応を評価します。まず情報として調べてから対応を考えたい。

 さて、話を元に戻して、野菜の放射線量測定について産業振興課に訊いた所、東京都は都内各地で栽培された小松菜やほうれん草などの検査を行ってきていますが、対象収穫品が合わせて5ヘクタール以上のため、東村山市の場合、ほうれん草だけとのことです。
 4月20日に行なった放射能濃度測定結果は、放射性ヨウ素、放射性セシウム共に50ベクレル以下の基準値以下でした。ひとまず安心。生産者の方も安心して野菜作りに励めるはず。市民への公表をぜひともして欲しい。次回測定は6月中旬頃です。

 同時に、給食などに利用している市外の農産物の実態も明らかにして欲しい。

最近の話題 | 【2011-06-04(Sat) 06:22:39】 | Trackback(-) | Comments:(0)


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する