プロフィール

島崎よう子

Author:島崎よう子
明治大学文学部卒業。退職後子育ての傍ら青葉文庫、カンガルー共同保育、青葉小・5中PTA、リサイクル条例直接請求運動に係る。1995年東村山市議会議員初当選。現在6期目。

生活文教委員会(前期は厚生委員会)。議会運営委員、広報広聴委員。昭和病院企業団議会議員。
保護司。
自治体議会改革フォーラム会員。全国フェミニスト議員連、財政問題研究会。
介護予防大作戦実行委員、青葉町福祉協力員、いきいきシニアあっぱれ脳トレ、みんなのうたごえ実行委員
sorakazeyoko@w3.dion.ne.jp

島崎よう子 on Twitter
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
そらかぜ通信*Mobile
そらかぜ通信のブログは携帯からもご覧いただけます。
QRコード
ブログ検索
予算委員会再開

2011年03月18日


 地震発生時点で延会となったまま中断していた予算特別委員会が再開されました。とりあえず計画停電の合間を縫って、昨日今日は9時30分から12時30分までで、民生費(福祉関係)の山口議員の質疑の途中まででした。この後は22日13時30分から17時まで、予算委員会の最終日23日は10時30分から17時までと組んでありますが今後どうなるのかもわからない状況です。

 議会では、4月1日以降の行政活動を停止することはできず、とにかく予算だけは可決しておかねばならないとの判断をしています。骨格予算もありえるのかと私自身は想定しておりましたが、代表者会議、議運では時間配分を5分短縮しただけの対応です。意外だったのは、職員は市長はじめ平常通りみなさん答弁席に居並んだこと。答弁のリズムもいつも通りで、妙な気分です。この感覚は私だけでしょうか?
  職員は緊急体制で現場対応にあたっているのは事実なのに、議場の空気に変化ナシみたいな感じです。もっとも、庁舎内に暖房は入っておらず少々寒く薄暗い。


 ところで、計画停電に対して、不満の声が高くなっています。
電気は備蓄できないため、需要と供給のバランスを測りながら実施エリアを決めているとのことで、被災地の皆さんを思えば協力することに異存はないのです。停電に覚悟してそれなりの準備をして時間をずらしたり段取りをしているのに、止まるといって止まらないのでは計画がたてられません。市によっては、停電実施が重なっている地域と未だ実施されていないエリアもあるような報道があります。
  停電回避が続いたことで節電意欲の低下になって、電力需給のバランスを崩さなければよいがと思います。そういったことへの対応は直ぐにでもすすめていただきたいと思います。

 しかし、今の状況に精一杯できるだけの対応をしていることもまた事実ですのでご理解をいただきたいと思います。様々な不備は、この事態が落ち着いたら提言していきたいと考えます。

 今朝はこれから予算委員会です。

最近の話題 | 【2011-03-18(Fri) 07:37:57】 | Trackback(-) | Comments:(0)


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する