プロフィール

島崎よう子

Author:島崎よう子
明治大学文学部卒業。退職後子育ての傍ら青葉文庫、カンガルー共同保育、青葉小・5中PTA、リサイクル条例直接請求運動に係る。1995年東村山市議会議員初当選。現在6期目。

生活文教委員会(前期は厚生委員会)。議会運営委員、広報広聴委員。昭和病院企業団議会議員。
保護司。
自治体議会改革フォーラム会員。全国フェミニスト議員連、財政問題研究会。
介護予防大作戦実行委員、青葉町福祉協力員、いきいきシニアあっぱれ脳トレ、みんなのうたごえ実行委員
sorakazeyoko@w3.dion.ne.jp

島崎よう子 on Twitter
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
そらかぜ通信*Mobile
そらかぜ通信のブログは携帯からもご覧いただけます。
QRコード
ブログ検索
市議会がまちに繰出しました。

2011年02月06日


 5日、東村山市議会主催講演会の街頭宣伝活動が終って記念写真。
議会講演会びら配り

 議会事務局長が久米川駅→ヨーカ堂前→新秋津駅と見守って?くださいました。東村山市議会が初めて超党派で取り組んだ画期的な活動(1会派だけ参加しない会派がありましたが)です。




 市民の皆さんと一緒に「議会は今後どうあるべきなのか」、「議会が変わると市民生活にどう影響するのか」を学ぶ講演会です。ぜひご参加ください。

2月13日(日)午後2時~4時
東村山駅西口駅ビル「サンパルネ」2Fコンベンションホール


テーマ  『市民に開かれた議会へ~議会改革で自治体は変わる!?~』
講 師  廣瀬克哉法政大学教授


 今日は青葉町福祉協力員会主催のミニバザー。青葉町福祉協力員会拠点の吉田さろんとその前の狭い道路で開きました。昼前の2時間、人が集中して様子を写す閑もなく。「断捨離しなくちゃいけないのに、見ると買っちゃうのよね」の言葉が飛び交い、モノを溜め込まない生活をめざすことは定着してきています。不要になったら6月のバザーに出してね、とやり取りしながら客と売り子の会話を楽しみました。


 片付けを終えて中央公民館に自転車を飛ばすと、中学生生徒会による「学校PR大作戦」の発表は、5中の番。
生徒会PR


 青島広志さんの軽妙なおしゃべりは、テレビで知っている以上に個性的。テノールの小野勉さんは東村山在住の方だそうで、うれしい発見です。

 この前の中学生の主張および絵・イラスト発表の際にも、当の中学生の少なさに愕然としましたが、今日もホールを見渡すと中学生の姿がない。知人とそんな話をしていた所、青島さんはすかさず、その点を指摘して、「廊下にいる中学生に入ってもらってください」と。
 そうです、今回の講演会テーマは「中学時代と音楽への目ざめ」。対象の中心は中学生のはず。生徒会のPRも中学生に聞いてもらってこそ意味があると思います。誰を対象として開催しているのですか?

 青島さんの話は芸術家らしい表現でメッセージ性が高いものでした。以前、この舞台で永六輔さんやアグネスチャンさんの語りのアグレッシブに圧倒され、明確なメーッセージを持って舞台に上がっていることを感じましたが、今日も同じでした。一流の芸能人のもつエネルギーはすごい。そこへいくと政治家はどうだろう?

市民のつどい

 青島さんのピアノも小野さんの歌も、そして中学生の合唱も素晴らしかった。芸術は人に感動を与えられます・・・けど。





最近の話題 | 【2011-02-06(Sun) 23:36:50】 | Trackback(-) | Comments:(0)


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する