プロフィール

島崎よう子

Author:島崎よう子
明治大学文学部卒業。退職後子育ての傍ら青葉文庫、カンガルー共同保育、青葉小・5中PTA、リサイクル条例直接請求運動に係る。1995年東村山市議会議員初当選。現在6期目。

生活文教委員会(前期は厚生委員会)。議会運営委員、広報広聴委員。昭和病院企業団議会議員。
保護司。
自治体議会改革フォーラム会員。全国フェミニスト議員連、財政問題研究会。
介護予防大作戦実行委員、青葉町福祉協力員、いきいきシニアあっぱれ脳トレ、みんなのうたごえ実行委員
sorakazeyoko@w3.dion.ne.jp

島崎よう子 on Twitter
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
そらかぜ通信*Mobile
そらかぜ通信のブログは携帯からもご覧いただけます。
QRコード
ブログ検索
H29年6月一般質問② 多磨全生園の「人権の森構想」を入所の皆さんに寄り添って進めよう。
2番(島崎よう子議員) 夏のような暑さが続いておりますが、きょうはありがたいことに空調を入れていただきました。しっかりやっていきたいと思います。
  今回私は、多磨全生園、補助金の見直し、フードバンクについての3件を取り上げます。 
  初めに、多磨全生園をまちづくりとして捉えようについてです。
  石川県の「シェア金沢」を視察しました。テレビでも取り上げられ、御存じの方も多いかもしれません。国立療養所跡地を、児童入所施設を運営している社会福祉法人佛子園が買い取り、「ごちゃまぜ」のまちをつくりました。「ごちゃまぜ(social inclusion)」というキーワードで全てをつないでいます。
  1万1,000坪に障害児入所施設、サービス付き高齢者住宅、天然温泉、高齢者デイサービス、生活介護、訪問介護、児童発達支援センター、学童保育、障害者の就労支援や学生向け住宅もあります。日用品売店や産前産後子育て応援、ボディケア、全天候型グラウンド、バーやレストラン、配食サービス、クリーニングやコインランドリーなどがありました。
  たくさんある施設は、高齢者や障害者たちが働いている仕事場でもあります。学生たちは家賃が安いかわりに、月30時間のボランティアが義務づけられています。「シェア金沢」には、地域の方々が来たくなるような仕掛けが随所にあるそうです。どこの職場にもいろいろな大人や子供が散らばっていて、本当に「ごちゃまぜ」でつながっている世界を感じました。
  全生園こそ「ごちゃまぜ」のまちづくりを進めるにふさわしいと直感したところです。かつて全生園は、ハンセン病の患者が隔離されたまちでした。今、人権の森構想の実現を目指しておられる入所者の皆さんは、全生園が「ごちゃまぜ」をコンセプトにしたまちになることを望んでおられるように思います。
  
  そこで、以下伺っていきます。
  ①、NPO法人活き生きまちづくりの中の部会、人権の森委員会の皆さん、私もそのメンバーの一人なんですが、余り参加できていませんが、精力的に畑や花壇づくり、講座等に一般の方を巻き込もうとしていて、全生園をまちづくりの一環として捉えています。入所者の方に寄り添う活動が果たす役割をどう考えていますか。


“H29年6月一般質問② 多磨全生園の「人権の森構想」を入所の皆さんに寄り添って進めよう。”の続きを読む>>
議会/行政改革 | 【2018-02-22(Thu) 18:23:37】 | Trackback(-) | Comments:(0)
02/21のツイートまとめ
sorakaze_yoko

RT @furukawa1917: ・貧困家庭を減らします!→貧困家庭と認定する基準の年収を下げます・高齢化を解消します!→高齢者の定義を65歳以上から70歳以上にします・非正規という言葉をこの国から一掃します!→裁量労働制を拡張して正規でも非正規でも全員同一賃金…
02-21 23:10



Twitter | 【2018-02-22(Thu) 04:05:35】 | Trackback(-) | Comments:(0)