プロフィール

島崎よう子

Author:島崎よう子
明治大学文学部卒業。退職後子育ての傍ら青葉文庫、カンガルー共同保育、青葉小・5中PTA、リサイクル条例直接請求運動に係る。1995年東村山市議会議員初当選。現在6期目。

生活文教委員会(前期は厚生委員会)。議会運営委員、広報広聴委員。昭和病院企業団議会議員。
保護司。
自治体議会改革フォーラム会員。全国フェミニスト議員連、財政問題研究会。
介護予防大作戦実行委員、青葉町福祉協力員、いきいきシニアあっぱれ脳トレ、みんなのうたごえ実行委員
sorakazeyoko@w3.dion.ne.jp

島崎よう子 on Twitter
カレンダー
10 | 2007/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
そらかぜ通信*Mobile
そらかぜ通信のブログは携帯からもご覧いただけます。
QRコード
ブログ検索
「東京の土に家を建てたらもったいない」~追加。
文章の一部がそっくり抜けていてタイトルの内容になっていませんでした。
このときの更新は上手くいかず何回もやり直しをしてチェックしたはずなのですが・・・。
追加の文章です。


東村山の土がすばらしいってことをご存知でしたか。
だいぶ以前に、東村山ではサツマイモやこんにゃくしか育たない土地だったと聞いたような気がしていたのですが私の誤解でした。


“「東京の土に家を建てたらもったいない」~追加。”の続きを読む>>
ごみ/環境 | 【2007-11-30(Fri) 08:07:56】 | Trackback(-) | Comments:(0)
「東京の土に家を建てたらもったいない」

2007年11月28日


東村山市農業者クラブ館内研修会に会派で参加させていただいた。
テーマは今年で3回目の「見つめてみよう東村山農業」、秋津の生産者めぐり。40台近い自転車が移動するので何事かといった風景だったかもしれません。
秋津チロリン村を1時半集合出発して、路地野菜→花卉ハウス栽培→東京花マット→果樹園の視察。

広い畑(長嶋要一氏)空堀川の大沼田橋付近。オレンジの姿が大体真ん中で、全体はこの4倍の広さです。

広い畑








“「東京の土に家を建てたらもったいない」”の続きを読む>>
ごみ/環境 | 【2007-11-29(Thu) 15:38:56】 | Trackback(-) | Comments:(1)
一般質問のテーマ

2007年11月28日


来週、12月4日から12月議会が始まります。
一般質問の通告書を提出しました。東村山議会ではほとんどの議員が一般質問を行います。今回も24人が出しました。

今回私は、
1.フレックスタイムの導入を。
2.私有道路整備の補助金は必要。
3.生ごみの集団回収を本気ですすめよ。
についてです。

“一般質問のテーマ”の続きを読む>>
議会/行政改革 | 【2007-11-28(Wed) 09:23:50】 | Trackback(-) | Comments:(0)
空風通信 Vol.5
空風通信Vol.5が完成しました!

内容は新所沢街道※(都道3・4・11号線)(こちらについては7月8日のブログ記事をぜひご覧ください。)を始めとした市民の生活に大きく関わる道路についての問題を特集として取り上げた他、萩山・青葉学童、9月の市議会報告などを盛り込みました。ぜひご覧ください。

空風通信表空風通信ウラ
【PDFデータ】


※通称新所沢街道とはこちらのことです。
都市計画道路3・4・11号線の一部。多摩北部医療センター内は赤い部分(工事1期分)
(クリック拡大可)
20070709230256.jpg


空風通信 | 【2007-11-26(Mon) 09:44:23】 | Trackback(-) | Comments:(0)
第1回中学生クイズ大会

2007年11月24日


昨日今日と2日続けてスポーツセンター行き。
昨日は65歳以上の方のふれあい運動会。初めて見させていただきました。
東村山の高齢化率は20.8%と国の高齢化率とほぼ同じスピードで進んでいますが、参加されている皆さんはとても元気で明るい。こういう行事に参加して励んでいらっしゃいます。
13町が赤・青・黄の3組に分かれ闘います。玉入れでは、渡部市長、熊木議員、伊藤議員と一緒に私も秋津青葉チームに参加して楽しませていただきました。

ふれあい運動会~ボール送り
20071124224103.jpg



さて、今日は「中学生クイズ大会」第1回目が行われました。
青少年対策協議会(略して青少対)が1年半、13回の会議で練りに練って作り上げたそうです。何人かの方から時々、状況を聞いていましたので気にかかり応援しに行ったのでしたが、面白くって始めのうちは写真を撮るのを忘れてしまいました(ケッコウ、やってしまうのです)。

中学生クイズ大会最終戦~緊張が高まっています!
20071124182819.jpg





“第1回中学生クイズ大会”の続きを読む>>
子ども/教育 | 【2007-11-24(Sat) 23:58:57】 | Trackback(-) | Comments:(0)
ポールスタアのケヤキをどうすれば守れるか?

2007年11月23日


1週間ぐらい前から急に寒くなってきました。初冬と呼ぶにふさわしいけれどコートを着るには早いような。ジャケット&マフラーで出かけ帰りは寒い寒いと後悔しながら自転車を走らせています。木枯らしに吹かれて落ち葉も多くなりました。

緑化審議会が先日開催され、市内の緑の現況が報告されました。現在、「淵の森対岸林(八郎山と命名されたようです)」「青葉町3丁目大沼田橋近辺」「ざわざわ森」「多摩湖緑地」「回田緑地」など5ヵ所の公共緑地、44ヵ所の緑地保護区域、376本の保存樹木。東村山市内もご他聞にもれず雑木林や農地は相続、宅地化により年々、減少が著しい。

市長は9月議会で「現在の緑地保護区域指定地を買い取るとすると、仮に坪100万円としても

“ポールスタアのケヤキをどうすれば守れるか?”の続きを読む>>
ごみ/環境 | 【2007-11-23(Fri) 18:34:11】 | Trackback(-) | Comments:(2)
所沢街道に信号機設置を求める署名活動にご協力ください。

2007年11月21日


所沢街道信号設置01



都道・所沢街道は歩道設置の計画があるもののなかなか進まず、清瀬境の青葉町1丁目の子どもたちは非常な危険にさらされて通学しています。(詳しくは6月7日のブログをご覧ください。)雨の日は普段にもまして大人でも怖いほどです。用地買収をすすめていますがいろいろ難しく買収率は26%で、今年度は100mの歩道設置ができるそうです。

そういった状況にありますが、全生園南西角から2丁目に跨ぐ陸橋は、自転車や車椅子、バギー、お年よりは陸橋を使用できずに所沢街道を渡るのは大変危険なので、横断歩道および信号機を設置して欲しいという要望を青葉小PTAの方たちと一緒に東京都北多摩北部建設事務所に訴えに行きました。
今、青葉小PTAが署名活動を進めています。ご協力ください。締め切りは1月15日。(署名用紙はこちら↓、または当ブログの左側リンクコーナーよりダウンロードできます。)

所沢街道信号機【PDFデータ】



“所沢街道に信号機設置を求める署名活動にご協力ください。”の続きを読む>>
ごみ/環境 | 【2007-11-21(Wed) 20:00:00】 | Trackback(-) | Comments:(0)
行財政改革調査特別委員会はじまる

2007年11月19日


9月議会最終日の10月17日に設置された「行財政改革調査特別委員会」の審査が始めて開かれました。9月議会後は視察などが続き日程調整が難しく、やっと第1回目の開催となりました。それでも、15時から別の会議が入っている方たちがいらして本日は14時半頃には終りたいと委員長からお願いがあって開会されようとしたのですが、

“行財政改革調査特別委員会はじまる”の続きを読む>>
議会/行政改革 | 【2007-11-20(Tue) 08:56:01】 | Trackback(-) | Comments:(0)
市民と市長のタウンミーテイング

2007年11月17日


第2回目は多摩湖ふれあいセンターで開催。
65席全席が満席。野口町、多摩湖町、諏訪町の方を中心に集まられているようでした。秋津の前回に比べ女性の参加が少なく残念~。

今回の司会進行など運営は行政が担当していましたが、会場からの発言に市長が答え、休憩中にポストイットにかかれた意見について最後の20分を充てる進行方法は前回(10月21日ブログ掲載)と同じです。

タウンミーティング



タバコの歩行喫煙禁止にしてほしい。
財政力をどう高めていくつもりか。
前川溢水対策を講じてくれ。
国保医療費対策の観点から市民農園を増設するべきと思うが計画はあるのか。
前例主義をどこかで断ち切れ。一例として議会の視察を日帰りにしたほうが有効だ。
金を稼ぐ提案をしたい。
緑を守って欲しい。
介護保険料や国保料を下げて欲しい。
市長は何が課題と考えているか。
児童や一人暮らしの防犯対策をして欲しい。
・・・等々活発に意見が出され渡部市長はていねいに答えていました。

議員4期の経験が生かされている、と思います。

“市民と市長のタウンミーテイング”の続きを読む>>
まちづくり/市民協働 | 【2007-11-18(Sun) 00:09:00】 | Trackback(-) | Comments:(0)
稲を育てる学校

2007年11月17日


北山小04



昨日は北山小学校の創立30周年記念式典に列席しました。

北山小は八国山ふもと、北山公園、菖蒲園に隣接し自然に恵まれた環境にあります。田んぼの一部を地主の好意で買収し昭和52年に11番目に開校されました。以前伺った話では、校舎は児童数が増えたときに備え増築可能な設計になっているとか。

八国山と北山公園~手前は稲刈りが済んだ田んぼ、右の方に稲が干してありました。

北山小



東村山の小学校は学校ごとに特色があります。


“稲を育てる学校”の続きを読む>>
子ども/教育 | 【2007-11-17(Sat) 22:00:00】 | Trackback(-) | Comments:(0)
消費期限ってなんなの?!

2007年11月15日


食品の消費期限や偽原料使用など表示にかかわる問題が連日のように報道されています。ミートホープもひどかったけど、「白い恋人」「赤福」「御福餅」「船場吉兆」の表示偽装の悪質さも負けていない。故意に製造日や消費期限を偽って提供したにもかかわらず、消費者から「まずい」という抗議はなかったし健康被害の訴えもなかったようです。事実、「白い恋人」や「赤福」をいつもおいしいと思って食べていた私もその一人です。つまり消費者にとっての「実害」はなかったわけです。

ということは、消費期限や賞味期限って何なの?!


8月の給食展~市長と一緒に小学校給食の試食をしているところ。おいしい!

20070916232253.jpg



市内の小中学校や多くの保育園の給食は、子どもの育ちを配慮した献立で、安全でできるだけ地元の野菜などを食材に使っています。小魚や豆類のメニューがいっぱい。

20070916232320.jpg



“消費期限ってなんなの?!”の続きを読む>>
子ども/教育 | 【2007-11-16(Fri) 10:00:00】 | Trackback(-) | Comments:(0)
全国学童保育研究集会~子どもの姿を見つめること
 

2007年11月14日


10日11日に開催された「第42回全国学童保育研究集会」。
今年は東京で開催とあって東村山学童保育連絡協議会は春の総会のときから「参加しよう」と呼びかけ気合が入っていました。当日スタッフだけでも20人も参加したとのこと。東村山市と東村山教育委員会は後援をしています。会長が学童指導員さんや学校にも呼びかけているのですけれど反応がいまひとつ、と気を揉んでいましたが指導員のスタッフ参加があったと聞きうれしく思いました。

2日目の分科会は、
「放課後プランと学童保育」
「今日の子どもの問題を考える」
「女性・男性の仕事・職場、働き方を考える」
「学童保育の大規模化と新設・増設の課題」
「自治体政策と地方自治の課題」
「社会保障・児童福祉施策の動向と課題」・・・28の分科会が並びどちらにも出席したいテーマばかり。

差し迫った71名問題で児童クラブを分割する際の運営は誰が担うのか。職員定数削減方針から考えると指導員の嘱託化や施設の民間委託もありえるのかもしれません。まずは、現状を把握したい。というわけで、私は「大規模化と新設・増設の課題」の分科会を選びました。


20071111231645.jpg



“全国学童保育研究集会~子どもの姿を見つめること”の続きを読む>>
子ども/教育 | 【2007-11-14(Wed) 23:59:47】 | Trackback(-) | Comments:(0)
産業まつり&どんこい祭
 

2007年11月12日


イベントラッシュも大詰めの10日11日。今回は商工会がおもしろそうな企画をやりますし、全国学童保育研究集会が東京で開催されるのでこちらも外せない。もちろん産業まつりも覗きたいし・・・。ただでさえ、どうやって回れるかと悩むところなのに、配水管清掃が入ってしまいました。我が家に当てられた日はちょうど視察で留守だったために予備日の10日になってしまいました。うちの人たちは土曜出勤で私が担当せざるを得ません。そんなわけでしたので、所属している市民団体のテントへもゆっくり行けませんでした。来年のお楽しみ。

『 匠うどん2007 』・『 よさこいフェスタ 』・『 ご当地グルメグランプリ 』を行う複合イベント『どんこい祭』が初めて開催されました。


どんこい祭・「匠うどん2007」(クッリクすると拡大されます)
20071111231541.jpg


『どんこい祭』ってなに?って思うでしょう。この名前は『ドンと来い』そして「うどん」と「よさこい」というところから名づけられたそうですよ。


“産業まつり&どんこい祭”の続きを読む>>
まちづくり/市民協働 | 【2007-11-12(Mon) 20:46:51】 | Trackback(-) | Comments:(0)
視察の秋3・・・「予算ありきの視察から」について。
 

2007年11月10日


市の大イベント・産業まつりなのに朝から大降り。出店や健康の集いの関係者たちは出足の鈍い人出に残念だったことでしょう。午後になって雨が上がりやっと活気を取り戻しました。お天気に左右される事柄は関係者のご苦労はひとしおです。

各テントを回って懐かしい人に会えるのも大きな楽しみです。先ほどは職員OBから「最近の議員は勉強が足りない。かっては部長答弁があいまいだと議員にするどく突っ込まれるので職員もよく勉強したものだ。」と、15年以上前の話に触れ檄を飛ばされました。確かに相関関係ですから、職員に不満を言うならその矢は議員のほうに向いて返って来る、と言えると思います。

そんな折、ある方のブログに「予算ありきの視察ではないか。視察によって行政がどれだけよくなったかを検証すべき」という議会への厳しいご指摘がありました。

常任委員会の視察については、6月議会が終る頃からどこへ行くか、という話しがぼちぼち出されます。「予算ありき」にて視察地を決定する・・・要するに「予算があるから、視察をする」という発想で実施されているという面も否定できない事実でしょう。その流れでいいのか、というつぶやきもありますが議論には至っていません。

“視察の秋3・・・「予算ありきの視察から」について。”の続きを読む>>
議会/行政改革 | 【2007-11-10(Sat) 21:25:05】 | Trackback(-) | Comments:(0)
視察の秋2・・・放課後の子どもの居場所
 

2007年11月9日


視察2日目。
8時半山陽本線尾道駅を出発、新幹線に乗り換え1時15分から愛知県岡崎市役所で、「学区こどもの家」ならびに「児童育成センター」について話を伺った後、市内で一番歴史の古い梅園小学校に付随する施設を案内していただく。

東村山では保育にかける小学1~3年生は放課後や夏休みなど児童クラブに通っていますが、入所希望児童は右肩上がりに増え続けています。定員数はあったものの父母たちの全入運動に応える形で、締切までに申し込んだ児童は全員入れています。
かって60人定員だったクラブは80名近い子どもたちで溢れかえっています。児童クラブ保護者会から、「おやつ時や雨降りの日など海水浴場並で~す。」と訴えられます。
この状況は東村山市だけでなく、大規模化は安全を守れないとして、国は「71名規模のクラブには指導員の人件費補助を出さない」方針を出してきました。当市の16クラブのうち10箇所が該当します。ではどうするのか・・・?

そこで、地域の子どもの居場所として位置づけられている「学区こどもの家」が参考になるのではないかと伺うことになりました。

20071112205308.jpg



“視察の秋2・・・放課後の子どもの居場所”の続きを読む>>
子ども/教育 | 【2007-11-09(Fri) 21:35:57】 | Trackback(-) | Comments:(0)
視察の秋1・・・一人の医者の感性から
 

2007年11月7日


5日~6日と厚生委員会の視察に出かけました。
同じ日に生活文教委員会が広島、岡山へ行きました。先週は環境建設委員会、その前が政策総務委員会。他にも昭和病院や東京たま広域資源循環など一部事務組合議会などの視察もあってそちらの委員になっている議員は毎週のように視察に行っていて大変らしい。

さて、5日は尾道市の「御調(みつぎ)病院」、6日は愛知県岡崎市の「学区こどもの家」の視察。厚生委員会の構成は、女性議員4名(東村山市議26名中女性は7人)、男性議員2名の計6名に事務局が同行してくれましたので7名です。

女性議員の4人です(男性議員が入っていなくてごめんなさい)
20071112205056.jpg



5日東京発8時33分ののぞみで向い岡山で乗り換え新尾道に。1時30分から5時まで視察、尾道港にある宿泊ホテルに着いたのは6時少し前でした。尾道市はH17,18年の平成の大合併で人口15万1500人。
“公立みつぎ総合病院”は在宅医療と福祉の連携が上手く行っている例として知られていますので、ぜひ学びたいと思い視察候補地に提案しました。病院は市民病院と公設民営のみつぎ病院があります。

みつぎ総合病院の医療圏人口は7万人で寝たきりは1%弱(東村山ではどれくらいなのだろう?)、20年前より3分の1へ減少したというからすごいです。それというのも、医療と福祉の連携システムは、退院された方が年月が経つと寝たきりになってしまう人が多い現状を見て、寝たきりゼロをめざして組織をつくったとのこと。

医者は「命を助ける」役割を果たすことに命題がある現状を受け止めざるを得ないようなところがありますが、「その人」と「生活」を見つめていらした医者の感性に感動します。

予防センターの内部(後ろの男性は北久保議員です)
20071112205215.jpg



“視察の秋1・・・一人の医者の感性から”の続きを読む>>
シニア/福祉 | 【2007-11-07(Wed) 22:19:12】 | Trackback(-) | Comments:(0)
人がたからの東村山
 

2007年11月4日


10月11月は楽しい行事やイベントが目白押し。
昨日もいくつも重なって、長居しがちな私はたくさんは行かれませんでしたが、楽しい出会いがいっぱいあっていい一日でした。

まずは恒例の「全生園・秋の緑の祭典」へ。私は議員になってから欠かさず参加していますが、今年は改選のせいか、議員の参加率が高い。

全生園自治会長の佐川さんは15年前に開いたときは参加者がわずかであったが、青年会議所や小中学校長や先生、地域の人々と一緒にできるようになったことを感慨深げに語られました。らい予防法が廃止されたときに聞いた全生園名誉園長・成田先生の講演を思い出します。入所者の皆さんのあきらめずに取り組んでこられた長い道のりが結実したんですね。

市内の小学生は全生園から“人権”を学び毎年、作文を聞かせてくれます。今年は身近な青葉小が担当とあって6年生全員による谷川俊太郎の「生きる」を群読。私も谷川俊太郎の詩は好き。続いて、読まれた作文に「~僕たちは全生園から学ぶ義務がある。今は違うけれど、全生園の人たちにひどいことをして差別してきたからです・・・中略・・・全生園は青葉小のたからです。」に胸が熱くなりました。

壁には子どもたちの研究が張り出されていました。
20071103214031.jpg


外では「全生園まつり」が賑やかに。つきたてのお餅もおでんもおいしかった。
20071103214211.jpg




“人がたからの東村山”の続きを読む>>
まちづくり/市民協働 | 【2007-11-04(Sun) 21:49:12】 | Trackback(-) | Comments:(0)
来年度の予算提案をしました。
 

2007年11月2日


自民党・自治クラブとして渡部市長へ来年度予算要望を提出しました。
私は、自民党と会派を組む際に政策協定を結んだ内容から、具体的な事業としてまとめ提案しました。(ホームページにマニフェストを掲載してあります。)
例えば、

6.子ども時代を安全で豊かに育つように環境整備を

①萩山児童クラブ舎の建替えを進め、次に青葉児童クラブ舎の建替えに向けて準備すること。
②地域ふれあいセンター構想と児童館構想を整理し、青葉町児童館・ふれあいセンターを次期基本計画に位置づけること。

9.道路のバリアフリー化を進め安全を確保すること
①所沢街道の歩道設置の促進。
④医療センター内の都市計画道路3・4・11号線築造工事は、ヨークマート周辺の歩道設置やスイスイプラン、また所沢街道歩道設置の実現後に開始すること。
⑧私道道路の維持補修費に予算をつけること。

10.その他
西口再開発ビル公益施設および旧保健所内のトイレ設置に当たっては、視覚障がい者、オストメイト等の方たちに利用しやすいものとなるように整備すること。


この日午後からは、普通救命講習を受けました


“来年度の予算提案をしました。”の続きを読む>>
まちづくり/市民協働 | 【2007-11-03(Sat) 18:14:38】 | Trackback(-) | Comments:(0)
生ごみ測定週間終る
 

2007年11月1日


皆さんのお宅では、1週間でどれくらいの生ごみがでますか?

「花と野菜の会」では毎年2回、会員が家庭からでる生ごみがどれくらいあるのか測定しています。今年は10月中の1週間でしたので我が家は、先週25日~31日を選び終了しました。議会中はなにかと余裕がなくて滑り込み・・・といったところ。

うちの場合、生ごみを市が取り組んでいる集団回収に出しています。


“生ごみ測定週間終る”の続きを読む>>
ごみ/環境 | 【2007-11-02(Fri) 08:29:16】 | Trackback(-) | Comments:(0)
秋の富士山
 

2007年11月1日


20071101090311.jpg
クリックすると大きく見られます。

この写真と「白鳥と富士」が10月31日午後6時半頃、NHK総合チャンネル”首都圏ネットワーク・季節の表情”のコーナーで放映されたそうです。その頃、私は行財政改革審議会の傍聴をしょうとスタンバイしていました。
撮影者ご本人の了解を得て載せさせていただきました。

撮影者の”生きる”は私のお気に入りのブログの1つです。「富士の威容」など他にも秋を堪能できる写真があります。ぜひご覧になって。



“秋の富士山”の続きを読む>>
最近の話題 | 【2007-11-01(Thu) 09:06:20】 | Trackback(-) | Comments:(2)