プロフィール

島崎よう子

Author:島崎よう子
明治大学文学部卒業。退職後子育ての傍ら青葉文庫、カンガルー共同保育、青葉小・5中PTA、リサイクル条例直接請求運動に係る。1995年東村山市議会議員初当選。現在6期目。

生活文教委員会(前期は厚生委員会)。議会運営委員、広報広聴委員。昭和病院企業団議会議員。
保護司。
自治体議会改革フォーラム会員。全国フェミニスト議員連、財政問題研究会。
介護予防大作戦実行委員、青葉町福祉協力員、いきいきシニアあっぱれ脳トレ、みんなのうたごえ実行委員
sorakazeyoko@w3.dion.ne.jp

島崎よう子 on Twitter
カレンダー
08 | 2007/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
そらかぜ通信*Mobile
そらかぜ通信のブログは携帯からもご覧いただけます。
QRコード
ブログ検索
ほどよく風通しのあるご近所

2007年9月30日


  小学校の運動会が朝からの雨で延期になったので、青葉町保健推進員会主催の『骨密度測定』に出かけました。2年前にも参加したことがありますが、今日は私が帰る11時頃には40名以上の参加があって2年前に比べると大盛況。推進委員の皆さんが自治会回覧などで広報に勤めた成果のようです。
  今回は、骨密度→ 血管年齢→血圧測定→結果説明という具合に回っていく間に、ご近所同士で判定結果を見せ合ったり、年齢体重などを言い合ったり和やかな雰囲気。ワンフロアーでやっていますし、係りはご近所の方だし、個人情報がどうのこうの、のレベルではありません。


“ほどよく風通しのあるご近所”の続きを読む>>
シニア/福祉 | 【2007-09-30(Sun) 15:57:37】 | Trackback(-) | Comments:(0)
所得の実態

2007年9月27日


夜のNHKニュースで”年収200万以下増 格差拡大”

民間企業で働く人の去年1年間の平均年収は435万円と9年連続で減少したことが、国税庁の調査でわかりました。年収200万円以下の人は昭和60年以来、21年ぶりに1000万人を超え、大幅に増加しましたが、その一方で年収1000万円を超える人も増加し、給与格差が拡大している状況が明らかになりました。
と報道しているのを聞いて、東村山市の実態を思い起こしました。”東村山市民の所得実態”がどうなっているのかは3月の予算委員会で明らかになりました。



“所得の実態”の続きを読む>>
議会/行政改革 | 【2007-09-27(Thu) 23:54:31】 | Trackback(-) | Comments:(2)
決算の数字を追いかける毎日

2007年9月25日


  来週から決算委員会が始まります。通告は21日に提出してあります。私は歳入部分を担当します。"財政”って集中して取り組むとわかったような気になって面白いのですが、誰かに説明してみるとわかってないことが判明して難しいことを思い知らされます。
 “東村山市の財政運営は大丈夫か?”とグラフを作ったりあっちこっちの数字を見ながら行き詰ると、

      犬とコスモス

犬とコスモス


セビル君とガールフレンドのビボンちゃんの記念写真みたいですね。哀愁に満ちた哲学的な瞳。セビル君は友人宅の犬ですが見ていると心が和みます・・・この写真をみて一息いれて。



“決算の数字を追いかける毎日”の続きを読む>>
議会/行政改革 | 【2007-09-25(Tue) 23:59:37】 | Trackback(-) | Comments:(2)
青葉・萩山児童クラブ舎建替えの請願」は付託事項をつけて採択

2007年9月24日


 先週19日の厚生委員会で3件の請願が採択されました。(報告が遅くなってしまいごめんなさい)
2件の「青葉・萩山児童クラブ舎建替えの請願」は付託事項をつけて採択。 児童クラブ建て替えの請願は前回8月委員会で決めたとおり採決し、全会一致で採択されました。
採択された請願に付託事項として私は、



“青葉・萩山児童クラブ舎建替えの請願」は付託事項をつけて採択”の続きを読む>>
子ども/教育 | 【2007-09-24(Mon) 21:45:07】 | Trackback(-) | Comments:(0)
温暖化防止住宅に補助金

2007年9月17日


    福生市、同商工会が設立した協議会「福生スクラム・マイナス50%」が地球温暖化防止のため、一般住宅で二酸化炭素排出を減らす改修や機器を導入する際に費用を補助する『福生エコライトハウス事業』を始めたという新聞記事(16日付)を読みました。


  9月も半ばだというのにこの土曜日からの暑さといったら!小学校体育館を会場にして『長寿を共に祝う会』を開催しているところでは、みなさん 汗だくです。2部の踊りやハーモニカ演奏などに出演してくださる方の控え室は子どもたちの教室ですが、天井の扇風機から送られてくる風が思いのほか涼しくてよかったと思いました。

  「学校にクーラーをつける要望」が出されたときに


“温暖化防止住宅に補助金”の続きを読む>>
ごみ/環境 | 【2007-09-17(Mon) 22:48:36】 | Trackback(-) | Comments:(0)
高齢者の安心は・・・?

2007年9月16日


 各町で“長寿を共に祝う会”が催される頃となりました。
”多年にわたり社会に尽くしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う”気持ちで地域の76歳以上(来年からは77歳以上)の高齢者を招待し、地域の方々と共に楽しんでいただける会を開催します。

  敬老の日が、4年前から9月15日からハッピーマンデーに変わって、祝う会の日程は今月中に催しされることになりました。青葉町でも社協の下部組織である福祉協力員会で話し合って例年とおり日曜日の16日に。そういえば、日本全体では、高齢者人口が増えて廃止にした自治体も増えてきているとか。

   

“高齢者の安心は・・・?”の続きを読む>>
シニア/福祉 | 【2007-09-16(Sun) 23:52:06】 | Trackback(-) | Comments:(0)
決算委員会へ向けて

2007年9月14日


   昨日午後には決算特別委員会が設置されました。
決算委員会の人数は26名中16人です。決算で税金の使われ方をチェックし来年度予算にいかす“重要な委員会”と位置づけを変えて全議員で取り組む議会もでてきていますが、まだごく少数。
使ってしまった金だから、いまさらどうのこうの言っても始まらない~ということで、東村山市は半分の人数でやってきた方法で今年もいきます。
 メンバーは各会派で決め、自・自クラブは鈴木、肥沼、野田議員と私の4名。肥沼議員は委員長になりましたので3名で分担します。

 主な財政の指標とされているのは、財政力指数、経常収支比率、公債費比率の3点が目安とされてきました。ところが、昨年の夕張市の破綻を教訓に

“決算委員会へ向けて”の続きを読む>>
議会/行政改革 | 【2007-09-14(Fri) 23:59:02】 | Trackback(-) | Comments:(0)
一般質問3日目~世論がうごかす力

2007年9月13日



    開会直後、議長の「~答弁は誠意を持って簡潔に行うように云々」と注意がありました。この“誠意を持って”答弁するようにという言葉は始めてのような気がします。 
    議員たちのブログや市民の方たちの書き込みが効いたのでしょうか、異例の注意でした。そのかいあってか、答弁に緊張感が見られ質問・答弁は噛み合っていました。

  議会を変える力は市民にあるというのが私の持論です。
市民からの意見は議会として受け止められるようには聞こえてきていません。市民の声は一部の議員にしか届いていないのではないでしょうか。
  議会の活動も一般的には“議会たより”だけで、特定の議員の話を聞く機会はあるかもしれませんが、支持している議員以外の話を聞く機会はなかなかないと思います。
  ましてや議会全体としての報告を聞けるしくみがありません。議員の方も支持者に対する報告だけで、違った観点からの意見を聞く機会はないのが現実ですよね。
  双方が井の中の蛙・・・にならないように、と思います。議員にとっては非常にしんどいことではありますが。


  今日の傍聴者は13名。ちなみに、初日 29名、6日 23名、10日 20名、11日 30名で計115名でした。たぶん、昨年前よりずっと多いと思います。



議会/行政改革 | 【2007-09-13(Thu) 23:59:10】 | Trackback(-) | Comments:(3)
一般質問2日目・・・怒りの議会

2007年9月11日


   一般質問の2日目。今日は8人まで進み、明後日、残り3人の議員で一般質問は終わりです。今議会は、初日の議案審議を含めて質問と答弁のあり方に考え込んでしまいました。

 今朝1番の福田議員の西口公益施設の質問に対して、答弁らしい答弁がされず彼女はキンキンと声にも怒りが滲み出る調子で再び質問を繰り返しやっとごく短く答える場面から始まりました。詰め掛けた傍聴席からは、福田議員に共感する声が漏れてきました。

 奥谷議員は防災対策について過去の議員たちの質疑を紹介しながら、これほど同様の質問がありながら何故に進まないのかと怒りを込めて迫りました。
 そして私の組織や人材育成についての質問に対しても埒の明かない答弁を長々と述べられ心底がっかり。個別の課題をいくつか再質問するつもりでしたが、総務部の役割そのものを問わずにいられなくなりました。初日の物品購入に関する問題の審議のあり方以来、私の気分は堪りにたまってきています。

 今回の人材育成の質問をするに至った契機は住民が市長へのメールで直訴したことにあるのですが(ブログ8月30日)まったく、痛みとも思っていないようです。かろうじて市長答弁で成り立っているような議会(もちろん、真摯に答弁されている部長たちもおられます)。しかし、いうまでもなく役所は実働の職員で成立しているのですから市長直近の管理職たちの意識が変わらなければ東村山は建て直しができません。

 私自身の新しい立場からの質問の仕方に戸惑いがあり、質問の組み立て方が不十分であった点もある・・・しっかり反省しなければいけない。職員の答弁にお構いなく淡々と質問していく議員もいます。新たな切り口を工夫してみよう。私も変わらなくては!


議会/行政改革 | 【2007-09-11(Tue) 23:49:11】 | Trackback(-) | Comments:(2)
一般質問1日目の風景

2007年9月10日


一般質問の1日目。今議会は議席番号の後ろから始まりました。今回は20人が質問に立ち、今日は清沢議員から肥沼議員まで9人が終りました。通常は1日7人ぐらいづつ進むでしょうか。
   一般質問の3日目に2006年度の決算が提案された後、決算特別委員会を設置し委員長決めなどを経て決算議案が付託されます。そういったことがあるせいか、ピッチが早いような・・・。
  傍聴された方は6月議会に比べると若干少なくなりました。傍聴は議場に入ったらずっといなければいけないわけではなく、出入りは自由です。お子さん連れの方はロビーでも聞けますよ。

  一般質問の項目を見ればその自治体の課題がわかるといわれています。7月16日に『新潟県中越沖地震』が発生したこともあって、震災対策に関する質問が3件あります。淵の森3件、緑の保全も2件、自転車利用者マナー2件・・・と多岐の分野にわたっています。同じテーマであっても質問の切り口は様々で、感心させられることがあります。

  今日は、道路問題やざわざわ森、コミバスのルートについてなどがありましたが、場所がスクリーンに映し出されたらどんなにかわかりやすいだろうと思いました。道路は番号で話がされますから特にそうです。シンポジュームなどでは、パソコンを使用したりOHPで説明するのは当たり前なのに。国会の委員会質疑では、パネルを使っていますよね。あれは閣僚に向かってというより視聴者の国民に対して説明をしているのだと思います。
  現状では特に傍聴者の方はわかりにくいと思います。いずれ、インターネット中継されるときになったら余計に必要だと思います。議長席の後ろのスペースはちょうどいいと思うのですが?

  さて、私の明日11日の質問は、たぶん午後2時半頃になりそうです。
1.市民と協働の市役所づくりをめざして。
・子ども施策を推進するための『子ども部』の創設を
・市民・NPOとの協働の推進をしていく姿勢がみえないから担当課を設置すべき。
・クレーム対応研修はどのように進めているか。
等、組織と人材育成の視点から質問します。

2.ヨークマート周辺道路の安全確保について。
・歩道&右折レーン設置の完成までの計画を伺う。
・バス通りから野火止に向かう歩道の設置確保について都の対応はいかがか。
・北多摩北部医療センター内の道路づくりは、バス通りの歩道等設置できてからすすめよ。

3.地域自立支援協議会の設置について。




議会/行政改革 | 【2007-09-10(Mon) 23:38:56】 | Trackback(-) | Comments:(0)
すてき!運動会のある町

2007年9月9日


  7日  会派の打ち合わせがありました。
午後は市内の農業地を視察する予定でしたが、台風9号の影響で、生産者の方は農作物の手を入れたり後始末でとても私たちを受け入れる余裕はないだろうということで、延期にしました。生産者の方たちは消防団員の方も多くご自分の仕事のほかに町内の見回りなどもあってなおさら、お忙しいことと思われました。

   市内で大きな被害はなかったようですが、野口町前川の辺りや久米川町スポーツセンター付近、青葉町1丁目の一角など、雨量が多いと冠水してしまいます。

   舗装され地面はすっかり被覆地が多くなって、その分雨は地中に浸み込まなくなってしまいました。スポーツセンター付近は浸透井戸が設置され、だいぶよくなったように聞いています。浸透井戸が半径100メートル内の井戸の水質に影響を及ぼしていないか調査をしていくようです。

     空堀川に清流を取り戻す会では空堀川の左岸に雨水浸透ますを設置すると空堀川の水量を確保できるのではないかという、勉強会をしたことがあります。


  8日  午前中は久米川町の長寿を祝う会に参列。76歳以上167名の方が参加、和やかなよい会でした。
午後は翌日の青葉町運動会の準備に加わりました。


  9日  「すてき!運動会のある町」
このキャッチコピーは、体力つくり推進委員会の応募で入選したもの。小学生のお子さんをお持ちの若いお母さんの作品。いいコピーです。

  集合の7時半から片づけの16時半まで、60歳以上のリーダーたちの綿密な準備のおかげで、みんなで分担された作業をてきぱきとこなし楽しい運動会になりました。先輩たちはタフですね。頭が下がります。
  PTAの若い父母たちのリレーは大いに盛り上がりました。もう少し、参加の輪が広がるともっといいんですけどね~。

  青葉小学校校長を始め17名の先生方も終日参加してくださり集合など上手く進めることができました。小学校の運動会の時には体力づくりが応援に行きます。地域と学校が連携して行動することで、信頼関係を培っているのを実感しました。

  それにしても運動会モードから議会質問作りへ切り替わらず困った~。


最近の話題 | 【2007-09-09(Sun) 21:51:03】 | Trackback(-) | Comments:(0)
賛否の理由をのべたし。

2007年9月6日


  4日から9月議会がスタートしました。
本日は2日目、交渉会派(3人以上から成る会派)の4人が渡部市長の所信表明に対して代表質問を行いました。自民党・自治クラブを代表して鈴木忠文議員が質問に立ちました。私は交渉会派の一員になったのはこのたびが初めてですので、まだ経験がありません。公明党、共産党、民主・ネットそれぞれの会派の政治スタンスや政策からの質問で特色がでています。

  初日の即決議案は以下。
郵政民営化法の施行に伴う関係議案(文言整理)が5件、縄文探検館建設工事契約議案1件、物品購入(コミュにテイバス)議案1件、議会の議決を経ないで契約された物品購入議案6件、介護保険会計補正予算、人事案件2件を審議し5時15分に閉会しました。

  特に問題となった議案のひとつは、縄文探検館建設契約。市の予定価格1億8096万円に対し落札率99,46%と高い点で、95%を超えると談合の可能性があるという、また、ある議員のところに匿名で談合だと情報が入ってきたからだという主張でした。談合情報がある議員にだけ流されるということは以前にもありましたが、直接担当をする行政に何故情報を入れて調べるようにしないのか、情報ソースに疑問を感じます。
  入札はこんな単純なことではありませんが、別な機会に書きます。
   自・自クラブは新人熊木議員が質疑しましたが、円形の建物構造は設計および建築費もメンテナンスも経費がかかるので、機能的経済的な建築にするべきだと、建設費のあり方そのものを課題にしました。

   もう一点は、8月30日にお知らせしましたように、2000万円以上の備品購入は議会の議決を得ることとなっているにもかかわらず、H11~14年に6件も上程忘れしていたというものです。備品を使用する所管と契約担当、理事者と大勢の職員が関わっているにもかかわらずみんなで『失念しました』なんてことがあるのでしょうか。
   今回可決されると過去に遡って『治癒』され契約は有効になるそうですが、次々と質される契約過程など明確に答えられていません。答弁を聞けば聞くほど議会はチェックの機会を奪われ大変不本意です。その上、行政の反省の態度に真摯なものが感じられなかったことが非常に残念でした。


   私は賛成討論を申し出ていましたが、答弁を聞いているうちに中身を書き換えて討論の挙手をしました。ところが、「反対討論するものがいないからできない」と拒否されてしまった(少数会派では許可されるのにわかりにくい話です)・・・。あのような答弁にもかかわらず「ただ賛成する」と思われるのは忸怩たるものがあります。賛成討論を「再発防止策と職員研修の徹底」の内容から「苦言を呈しながらお互いに緊張感を持って変革しよう」とエールを送りたいと思いました。

   先の建設契約およびこの議案に対し、質疑も討論もなく反対の態度の会派がありましたが如何なものでしょうか。少なくとも“反対”の立場は、反対の意思表示をしただけでは執行部である行政に失礼だし、問題を伝えることにならない。意見表明することが行政と市民に対する責任ある態度だと考えるのですが。



議会/行政改革 | 【2007-09-06(Thu) 23:50:36】 | Trackback(-) | Comments:(0)
議会存続の危機感から!

2007年9月3日


   この土曜日曜は、『自治体議会改革』へ参加してきました。主催は「自治体議会改革会議フォーラム」、「市民と議員の条例づくり交流会議2007実行委員会」、「法政大学ボアソナード記念現代法研究所」で、会場は飯田橋にある法政大学。
   参加者は西東京や・江戸川、川崎の関東から恵庭、函館の北海道、熊本など九州地方と全国から200名以上が集まりました。無所属議員のみならず自民、公明、民主そして市民や学生・教授の姿もあり、うねりのようなものを感じました。

全体パネルデイスカッションと分科会で構成されている。
20070902000443.jpg

栗山町議会視察の報告で8月7日のブログに

説明の冒頭で栗山町議長は「二元代表制の筋を通せば与野党あるのはおかしい。自治体は二元代表制において機関対立主義に基づき全体としての議会は、町長をはじめ執行機関をチェックし、議案に対しては常に是々非々の態度で臨むことが重要」と。
  私が知りたいのは、どうやってそこへたどり着けたのか。会場から質問が出ましたが答えはよくわかりませんでした。視察後、メンバーから地方と都市部議会の違いだという意見もあり、たしかに町村議会のほうが議会改革は進んでいますから政党色は濃くないため実現できるのかもしれません。


と書き私は二元代表制にこだわります。
   2日目パネルデイスカッション『分権時代における議会の役割』のパネリストは議会基本条例をもつ三重県議会議員、伊賀市議会議員、栗山町議員の方々で議会基本条例を策定するに至った経過をきいて核心に触れることができました。

   栗山町山本議員は冒頭で「小さい議会だからできたのだろうといわれることがあるが心外です。議会の存続が危うい。すばらしい首長が出てきたら議会なんていらない時代がやってくる。」と議会の役割を厳しく意識しています。議会の進め方や不満や提案を募り話し合い、先進事例の議会報告会をまずやったことから改革が始まったと話されました。

   一方、三重県会議員51名の大規模議会の三谷議員は北川正恭知事の登場が脅威になったと話す。ニュウパブッリクマネジメントの提唱で“PDCA評価“をどんどんすすめられ、議会の存続が希薄になり議会人としての危機感を抱き、二元代表制を意識されるようになったと話します。分権により裁量権が増えて議会の役割が変わった。特別委員会は政策提言か条例作成か、成果物をあげるように明確な位置づけに。

  また、伊賀市議会は前者とは違い議員の不祥事と合併在任特例をきっかけに市民の怒りが激しくなりピンチをチャンスに変えて議会改革に取り組んだと。しかし、「議会報告会で市民の厳しい意見を聞くなんてできるか」とか、「条例引き伸ばし策は議論不十分」という正論を持ち出されたり、一筋縄ではいかない議会内の反応が、参加者たちの議会体質に近似しているため会場からは拍手喝采(もちろん私も)。
  我がまちにも適用するヒントがたくさんありそうです。東村山市議会運営委員会では来年の視察先を伊賀市議会としているのはさすがでしょう。

 どの議会にも共通しているのは、議会存続の危機感を持ち、議会の役割を直視して改革の必要性を受け止める勇気を持っていたことだ、と思いました。そして、とにかく行動を起こしていることです。理屈だけをこねているのではなく実践し、さらにステップアップしています。
今後、(地方議会はどんどん差がついてくるぞ)と実感しました。この格差はやる気になれば私たちで越えられるはずです。


 注:PDCA評価とは、plan →do → check → actionを繰り返す評価の方法。



議会/行政改革 | 【2007-09-03(Mon) 16:32:28】 | Trackback(-) | Comments:(0)
夏祭りの反省会

2007年9月1日


  夜は先週の土日に行われた青葉町夏祭りの反省会でした。私は、震災訓練の後"議会改革”のフォーラムに出席したため、反省会には間に合わず打ち上げの方に合流しました。7,8年前から福祉協力員会として祭りに参加してきましたが今年初めて実行委員会へ参加しましたので、皆さんの動きがよく伝わってきました。。
  その組織力、実行力には本当に頭が下がります。
祭り実行委員会は2回開かれただけですが、その前に幾度となく役員会を開催し段取りをつけてくれているからこそ作業はスムースにすすみ祭りは今年も大いに盛り上がりました。本当に皆さんお疲れ様でした。

  下の写真からもわかるように青葉町の祭りはとても賑やか。
この写真は青葉町3丁目のときのもの。すばらしい幕間です。
20070902000054.jpg

アオババーバーズの"そうらん節”かっこいいんですよ。
20070902000128.jpg

仮装行列大会。笑いと拍手で迎えられたダチョウ。
20070902000154.jpg


<


最近の話題 | 【2007-09-01(Sat) 23:59:08】 | Trackback(-) | Comments:(0)
防災訓練

2007年9月1日


  9月1日は防災の日。第7中学校の校庭を使用しての訓練が行われました。災害協定を結んでいる東久留米市や所沢市、ガス、水道、JA,トラック協会、民生委員、福祉協力員、防火女性の会、米組合、NTT、消防分団・・・・等、地元の美住町、野口町の人々が参加して真剣に訓練が行われました。7月には恩多小で夜間訓練も実施。

隣接する介護施設”やすらぎの森”の避難訓練に携わる7中生
20070901235800.jpg

今年から初めて犬の避難場所が誕生。獣医さんからアドバイス。
20070901235826.jpg

近所の企業も救助訓練に参加。
20070901235848.jpg

自衛隊後方支援の参加は数年前から。
20070901235910.jpg



最近の話題 | 【2007-09-01(Sat) 23:56:30】 | Trackback(-) | Comments:(0)