プロフィール

島崎よう子

Author:島崎よう子
明治大学文学部卒業。退職後子育ての傍ら青葉文庫、カンガルー共同保育、青葉小・5中PTA、リサイクル条例直接請求運動に係る。1995年東村山市議会議員初当選。現在6期目。

厚生委員会。議会運営委員、広報広聴委員。
保護司。
自治体議会改革フォーラム会員。全国フェミニスト議員連、財政問題研究会。
介護予防大作戦実行委員、青葉町福祉協力員、いきいきシニアあっぱれ脳トレ、みんなのうたごえ実行委員
sorakazeyoko@w3.dion.ne.jp

島崎よう子 on Twitter
カレンダー
06 | 2007/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
そらかぜ通信*Mobile
そらかぜ通信のブログは携帯からもご覧いただけます。
QRコード
ブログ検索
参議院選挙から感じること

2007年7月30日


  まもなく11時半になろうとしているのに、激しい雨音と雷の轟きが聞こえています。昨夜、青葉町3丁目の夏祭りも“アオババーバーズのぱらぱら”が終った辺りから土砂降りになって、盆踊りは中止になってしまいました。

  今夜はあるサークルの暑気払いでした。昨日の参議院選挙の話で持ちきり。
「住民税が3.5倍になった」、「医療費負担が1割から3割負担になったらやっていけないぞ」と最近の負担増に対する怒りは留まることを知りません。

  組織に属しているときは国政選挙に関わってきましたが、無所属となった今回は一切選挙運動はしませんでした。一国民としてみていると自民党惨敗に対する分析が自民党議員に届いていないようで気になります。

  「自民党の敗因は投票日を延長したせい。延長した結果、給料明細書をみることになり国民は負担増を実感した」という投稿コメントを見つけましたが、合点できるものがあります。所得税と住民税は相殺されるという説明で定率減税廃止に伴う影響に対して実は私もピンときていなかったのですが明細書の数字が明らかにしました。自民党は国民がどう受け止めるか想像力が働かなかったのでしょうか。やはり国民の生活感とのギャップは大きいと感じます。
  国民投票法、教育基本法改正など数々の強行採決がされ、何のための国会かと憤りをもっていました。議論を尽くして国民にとって最善の着地点を見つけるのが議員の務めですが、「数の力」だけで議論以前に結果が決まってしまい、これは民主主義とは言わない。多数決は議論をした結果に出すものです。この半年間のやり方は納得ができない。
  東村山市議会も市民にとって最善の議案や条例にするための議会運営へ努力しようと私は想い新たにしています。
  それにしても投票率が対前回よりたった2.5ポイントしか上がらなかったのはとても残念。


下の写真は日曜日におこなわれたあゆみの会とグループホーム・ヴィレッジの夕涼み会。おばあちゃまも盆踊りの輪にはいって一緒に踊りました。車椅子の盆踊りがとても楽しそうだったのですけれどうまく撮れませ~ん。


あゆみの会お祭り



最近の話題 | 【2007-07-30(Mon) 11:48:02】 | Trackback(-) | Comments:(0)