プロフィール

島崎よう子

Author:島崎よう子
明治大学文学部卒業。退職後子育ての傍ら青葉文庫、カンガルー共同保育、青葉小・5中PTA、リサイクル条例直接請求運動に係る。1995年東村山市議会議員初当選。現在6期目。

生活文教委員会(前期は厚生委員会)。議会運営委員、広報広聴委員。昭和病院企業団議会議員。
保護司。
自治体議会改革フォーラム会員。全国フェミニスト議員連、財政問題研究会。
介護予防大作戦実行委員、青葉町福祉協力員、いきいきシニアあっぱれ脳トレ、みんなのうたごえ実行委員
sorakazeyoko@w3.dion.ne.jp

島崎よう子 on Twitter
カレンダー
06 | 2007/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
そらかぜ通信*Mobile
そらかぜ通信のブログは携帯からもご覧いただけます。
QRコード
ブログ検索
花のある町づくりへ

2007年7月21日


鷹の道沿いにある夢ハウス、市役所庁舎入り口、中央公民館前に植えられている花々のそばに“生ごみ堆肥で育てています”とか“協力・花と野菜の会(花なかま)”の札にお気づきでしょうか。

通りがかりに手入れの行き届いた生垣や花々、ガーデニングのまち並みに出会うとすがすがしい気持ちになり、きっといい町なんだろうな、と思います。もう10年以上も前、北海道恵庭市は町中を花いっぱいにする政策を進めていると聞き、「東村山もそんな町にしたいね」と友人と約束しました。彼女は“花と野菜の会“を立ち上げ活動の中心を担ってきています。私は想いはあれど・・・ぼちぼち会員。

花と野菜の会はごみの半分以上を占める生ごみを堆肥にして減量し、花や野菜作りを進めることを目的にしています。私はもっぱら生ごみの堆肥化・減量策を議会ですすめてきたのですが、ここのところ時間がうまく取れて作業に参加できました。

作業は花がら摘み、水やり、剪定が主なものです。この季節、雑草の勢いのいいことといったら、2週間前は炎天下、汗だくでやりました。今週木曜日は台風の影響で雨が地面にたっぷり浸み込んで雑草を抜くのも簡単。これら雑草はもちろんコンポストへ入れ、一部は庭の空いている地面に敷き込んでいきます。こうすると雑草が生えてこないという昨年の恵泉女学園大学での学びを取り入れています。

 今年の課題のひとつは、野菜作りの用地を探すこと。現在3箇所ありますが農地を少しでも広げて緑をふやしたいのです。野菜作りは会員の家庭ででた生ごみをEM菌で堆肥化したものを使っています。食の循環をつくりもちろん無農薬。集まりがあると野菜の出来具合に花が咲き、その話題に私は入れないのが残念~。

 花や緑を育くみ、快適で質の高い生活環境を作っていきたいと思います。
(参考:2/1.5/27.6/24をご覧ください)

*写真は花なかまの作業の様子です。花はもっと美しかったのに写真の腕前がいまいちでした。


中央公民館前の花ポット
20070720232606.jpg

20070720232632.jpg

リサイクルショップ・夢ハウス前庭
20070720232657.jpg

奥に”生ごみの堆肥化で育てています”の看板
20070721002821.jpg




まちづくり/市民協働 | 【2007-07-21(Sat) 10:31:07】 | Trackback(-) | Comments:(1)