プロフィール

島崎よう子

Author:島崎よう子
明治大学文学部卒業。退職後子育ての傍ら青葉文庫、カンガルー共同保育、青葉小・5中PTA、リサイクル条例直接請求運動に係る。1995年東村山市議会議員初当選。現在6期目。

生活文教委員会(前期は厚生委員会)。議会運営委員、広報広聴委員。昭和病院企業団議会議員。
保護司。
自治体議会改革フォーラム会員。全国フェミニスト議員連、財政問題研究会。
介護予防大作戦実行委員、青葉町福祉協力員、いきいきシニアあっぱれ脳トレ、みんなのうたごえ実行委員
sorakazeyoko@w3.dion.ne.jp

島崎よう子 on Twitter
カレンダー
06 | 2007/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
そらかぜ通信*Mobile
そらかぜ通信のブログは携帯からもご覧いただけます。
QRコード
ブログ検索
高齢になるってことを学びませんか~子ども編

2007年7月18日


16日の話の続きです。
今月上旬、富士見小学校4年生の授業で「車椅子とアイマスク」の体験学習のお手伝いをしました。数年前から“さんきの会”のみなさんが高齢者や障がい者の立場を子どもが学ぶことに取り組んでいます。
この日は社協職員と共に「車椅子、アイマスク、学習」のコースをクラスごとに学習する2時間弱。子どもたちは車椅子に乗る人と押す人を交互に経験します。さんきの会員は子どもたちが質問に答えながら要点を覚えられるよう、上手に説明していきました。やんちゃ盛りの男の子たちを集中させ、うまいものです。段差を降りる時に声掛けなしでいきなりやられ「怖い~」と悲鳴を上げる子もいました。これがアイマスクをはめ校舎内を歩くのはもっと怖く、時間が大幅に取られました。どの子も興味深そうに一所懸命です。
子どものうちから、障がいある立場を経験でき、サポートの仕方も学ぶのは必要なこと。経験があるかないかは、その立場の人の理解が全く違うでしょう。今後は車椅子の人を見かけたら手伝えるかもしれません。

 そういえば、もう14,5年も前のことですが、私も「インスタントシニア」体験をしたことを思い出しました。薄い手袋をはめ、水中眼鏡をかけ、足には何グラムであったか錘をつけて出かける経験でした。・・・自動券売機できっぷを買うのに、財布から硬貨をうまく出せない。コインをいれ出てきた切符をうまくつかめない。階段を上がる足が重くて手すりにすがって上がっていく。それに水中眼鏡がうっとおしく廻りがよく見えない・・・こんなにしんどい思いをするくらいなら、出かけたくないと思ったものです。
 自分の体にシニアの状態を作り出したのですが貴重な体験でした。体の状態から心への影響もわずかですが味わうことができました。

この学習を全小学校で取り組めるといいですね。


子ども/教育 | 【2007-07-18(Wed) 23:46:32】 | Trackback(-) | Comments:(2)