プロフィール

島崎よう子

Author:島崎よう子
明治大学文学部卒業。退職後子育ての傍ら青葉文庫、カンガルー共同保育、青葉小・5中PTA、リサイクル条例直接請求運動に係る。1995年東村山市議会議員初当選。現在6期目。

生活文教委員会(前期は厚生委員会)。議会運営委員、広報広聴委員。昭和病院企業団議会議員。
保護司。
自治体議会改革フォーラム会員。全国フェミニスト議員連、財政問題研究会。
介護予防大作戦実行委員、青葉町福祉協力員、いきいきシニアあっぱれ脳トレ、みんなのうたごえ実行委員
sorakazeyoko@w3.dion.ne.jp

島崎よう子 on Twitter
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
そらかぜ通信*Mobile
そらかぜ通信のブログは携帯からもご覧いただけます。
QRコード
ブログ検索
空堀川の木々は水の流れを妨げていないか? ~3月議会の一般質問①

2017年06月21日


空堀川増水

梅雨入り後、久々に本降りの一日でした。
写真は、午後6時頃、雨が上がった空堀川です。草がなぎ倒されています。


下の写真は、昨年8月22日の台風9号で増水した空堀川

空堀川台風

○2番(島崎よう子議員) 長い一日でしたが、やっと最後となりましたので、あとしばらく皆さんおつき合いお願いいたします。今回は2つのテーマについて質問していきます。空堀川の植生管理についてと市の自動販売機設置方法の見直しをについてです。
  1番からいきます。空堀川の植生管理について。
  昨年は台風の多い年でした。特に8月22日の台風9号は、午前10時半からの1時間で72ミリメートルという当市の過去最大雨量を記録しました。前川、柳瀬川流域では床下・床上浸水被害をこうむり、空堀川も危険水域に達しました。住民の方から、空堀川内の樹木が流下を邪魔しているので、樹木全てを伐採したらどうかという意見を複数いただきました。御心配はもっともだと思います。
  一方、空堀川内の樹木を全て切ったとしても、ほとんど効果がないとも聞きます。私は、空堀川内の樹木を適正に管理することが治水上及び環境上重要と考え、以下質問します。

“空堀川の木々は水の流れを妨げていないか? ~3月議会の一般質問①”の続きを読む>>
ごみ/環境 | 【2017-06-21(Wed) 22:57:40】 | Trackback(-) | Comments:(0)
リサイクルフェアは、焼却炉のある秋水園で行われ大成功。

2016年10月16日


毎年市役所駐車場で開催される「リサイクルフェア」は、今年は本庁舎耐震工事中のため、初めて秋津町の秋水園で行われました。一昨年夏、リサイクルセンターが建設されました。見学コースが設置されお子さん連れのご家族50人見学されたそうです。


リサイクルフェア13 フリマも模擬店も遊びブースも大賑わい リサイクルセンター玄関 


リサイクルフェア8  水を絞ると➡     リサイクルフェア7こんなに効果あり。
   

リサイクルフェア5 リサイクルフェア6 
生ごみは資源! 燃やせるごみを減らせば小さな焼却炉で済みます。週1回の集団回収に参加しませんか(^^♪

リサイクルフェア11 自転車で発電。


今年は初めて「秋水園」で開催でした。秋水園に初めて来たとか、秋水園探しちゃったよ~といった声も。
これから焼却炉建替えの課題もありますから秋水園を知って貰う良い機会になったと思います。

ごみ/環境 | 【2016-10-21(Fri) 21:59:23】 | Trackback(-) | Comments:(0)
陳情「資源ごみ(古紙・段ボール等))の戸別回収について」は賛成
集団回収2   集団回収

長かった9月定例議会の最終日でした。最終日は、議会中に議論してきた議案や陳情などについて、全議員が採決に加わって結論を出します。一人会派の私は所属する厚生委員会以外にかかっている全ての案件について、態度表明をします。持ち時間8分(今回は議運協で時間延長を申し出て1分の追加を認めて貰った)の中では1件くらいしか取り上げられません。
陳情「資源ごみ(古紙・段ボール等)の戸別回収について」は都市整備委員会では全議員が反対し、私の考えとは違うので、討論しました。結論は、賛成は私と共産党3人のみで、不採択。

以下、討論内容 ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

市民自治の会は、採択すべしの立場で討論します。

東村山市では、拠点回収の際には、古紙等持ち去りが発生した対策として、GPSの設置およびごみ減量推進委員パトロールなどを講じ効果をあげてきていますが、昨年10月から市の資源物回収は拠点回収から戸別回収へ変わりました。
今回、陳情者の青葉町下堀自治会が、資源物の集団回収日が狙われる主な要因は行政回収と自治会回収の回収方法の違いが考えられるとしているのは、理屈に合います。

持ち去り発生事件の折、警察に届けたところ、「取り締まる法律がない」として被害届の受付を拒絶されたとあります。一旦自宅から出された物は廃棄物となるのでそのような警察の対応になる訳ですが、「持ち去り禁止条例」において、廃棄物の所有権は市に帰属すると定めることによって、警察は捜査権や取り締まりを発動することができるわけです。
従って、改善を求める事項として、「他市でも導入されている持ち去り禁止の条例を制定する」ことに賛同するものです。

一方、委員会審査で議論が集中した集団回収の目的についてです。
ごみ減量・資源化の促進、コミュニティの醸成、地域力を高めるというのが資源循環部の答弁でした。ごみを拠点に出し合うことでコミュニティが醸成されるという一面もあるかもしれませんが、これは、あまりに杓子定規な捉え方です。実際、拠点にごみを出す様子を確認したでしょうか。会えば挨拶はされるでしょうが、立ち止まっておしゃべりするといった昔のような風景はありません。9時までに古紙などを出し、大急ぎで次の行動へ移るのが現代です。
陳情文にあるように、高齢でありながら手押し車に積んで持ち込んだり業者回収によるトイレットぺーパーの配布を放棄して自治会に協力をしている方がおられる実態があるということです。
また、下堀自治会には防犯委員会、道路委員会や自主防災、商店会といっしょに実行委員会組織での夏祭り、さらに夏と年末に行うこども夜間パトロールの取り組みなどなど、大変活発に地域活動に取り組んでいます。大いなるコミュニティ活動、地域力ではありませんか。その実績があるから会員も協力的になるのです。
集団でごみ出しを行うことだけがコミュニテイではありません。役所は、画一的な尺度だけではなく現実的な評価の姿勢を持つべきです。内実を把握することもなく、否定するのは、住民から上から目線と思われても仕方ありません。
以上のことから「自治会補助分の回収においても戸別方式に変更する、」陳情事項にも賛同を表明し、討論を終わります。




ごみ/環境 | 【2016-10-01(Sat) 22:23:02】 | Trackback(-) | Comments:(0)
空堀川の桑の木は切ってしまえ?!
空堀川5

今までにも、空堀川に清流を取り戻す会として、空堀川の学習会を開いてきましたが、今回は空堀川は東村山市内を流れる最大の川なのだから、まちの一部として考えてほしいと人一倍情熱を注いでいる平田さんが中心になって開催していくことになりました。

空堀川学習会


このシリーズの第1回目は「空堀川の歴史を知ろう!」
東京新聞に入れたチラシを見て小学3年生1年生&ママも含め24名の参加。

後半の質問・意見交換コーナーでは、「大雨の台風9号で空堀川は溢れそうになった。木が邪魔している。切ったほうがよい!」といったお話がしたくて参加した方に対して、別の男性からは、「河川管理、治水のためには木は必要。木があることで水の流れを遅くしてくれる。樹木は緑のダム。」、「洪水になったら大変だ。勝手に切ってもよいか」、「東京都が管理しているので勝手に切ることはできません。」「河川計画の中に河畔林を取り込んだ中で考えていきましょうよ。」といった複数の方から活発に発言がありました。
「森は海の恋人」は有名な言葉ですが、「樹木は緑のダム」って、川においても生きているんですね~。目からうろこ。

改修前の川本来の流れは蛇行していて、水流は早くなかったのですが、直線に改修され川の水は一目散に駆け抜けて、あっという間に水が消えてしまいます。

私の両親が若かった頃,床上浸水に遭いそれはそれは大変な目にあったと話していましたし、川に近くにお住まいの方の不安は想像できるような気がします。

この日は、会場使用時刻が過ぎてしまい、意見交換が深まるといったところまではたどり着けませんでしたけど、面白い議論となりました。次回は、「空堀川の樹木の在り方について」新河川法や東京都の河川計画なども含めて学びたいと思いました。


空堀川魚 御成橋辺りで投網で捕まえたオイカワやザリガニ


ごみ/環境 | 【2016-09-12(Mon) 20:07:46】 | Trackback(-) | Comments:(0)


次のページ