プロフィール

島崎よう子

Author:島崎よう子
明治大学文学部卒業。退職後子育ての傍ら青葉文庫、カンガルー共同保育、青葉小・5中PTA、リサイクル条例直接請求運動に係る。1995年東村山市議会議員初当選。現在6期目。

生活文教委員会(前期は厚生委員会)。議会運営委員、広報広聴委員。昭和病院企業団議会議員。
保護司。
自治体議会改革フォーラム会員。全国フェミニスト議員連、財政問題研究会。
介護予防大作戦実行委員、青葉町福祉協力員、いきいきシニアあっぱれ脳トレ、みんなのうたごえ実行委員
sorakazeyoko@w3.dion.ne.jp

島崎よう子 on Twitter
カレンダー
01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
そらかぜ通信*Mobile
そらかぜ通信のブログは携帯からもご覧いただけます。
QRコード
ブログ検索
H30年3月議会一般質問②不登校、引きこもりの若者が自分らしく生きられる場づくりを
○2番(島崎よう子議員) ぜひよろしくお願いしたいと思います。さくさく進んだので次に移ります。2番の不登校、引きこもりの若者が自分らしく生きられる場つくりをです。
  不登校の問題は、ずっと私、テーマで追いかけておりますけれども、大変丁寧に、ここ数年、取り組んでいただけたと思っています。それで、スクールソーシャルワーカー、SSWや訪問指導員のかかわりで、あるいは早期発見、早期対応のための3日の欠席管理というのも含まれるのかなと思っていますが、不登校出現率が改善されたと報告されております。
  そこで、①ですけれども、小学校、中学校の各学年における不登校状況を伺います。そのうちフリースクールに通学している小学生、中学生は、それぞれどのぐらいいるのか伺います。
○教育部長(野崎満君) 平成29年度、今年度の2学期末の各小・中学校の長期欠席児童・生徒のうち、不登校に当たるものはトータルとして、小学生が40名、中学生が141名でございます。各校ということですけれども、個別には控えさせていただきたいと思いますが、小学校につきましては、一番多い学校で8名、一番少ない学校でゼロ名、中学校につきましては、一番多い学校で35名、少ない学校で12名という状況でございます。そのうちフリースクールに通学している児童・生徒は、小学生が5名、中学生が6名となっております。


“H30年3月議会一般質問②不登校、引きこもりの若者が自分らしく生きられる場づくりを”の続きを読む>>
子ども/教育 | 【2019-02-09(Sat) 22:40:45】 | Trackback(-) | Comments:(0)
29年12月議会③DESC学習支援事業の拡大
○2番(島崎よう子議員) 3点目に移ります。DESC学習支援事業の拡大をについてです。
  「DESC」は、生活困窮者自立支援制度の任意事業の一つとして、家庭の経済格差が子供の教育格差を生み出すことを防ぐことを目的に、2015年4月よりスタートいたしました。
  ①です。4月に要保護世帯への周知、次に就学援助が決定する9月にひとり親の準要保護世帯へ送付し、定員に余裕がある場合には、10月にその他の準要保護世帯に対して案内を送付するという手順と聞いています。要保護世帯及びひとり親準要保護世帯、準要保護世帯の生徒数、対象者はそれぞれ何名で、そのうち何名が利用しているのか伺います。
○健康福祉部長(山口俊英君) 平成29年度、学習支援事業の対象者として新たに周知させていただいた人数は、要保護世帯が42名、準要保護世帯459名の計501名、うち10月31日現在、要保護世帯が24名、準要保護世帯が73名、利用申請をされている状況でございます。


“29年12月議会③DESC学習支援事業の拡大”の続きを読む>>
子ども/教育 | 【2019-02-09(Sat) 19:27:47】 | Trackback(-) | Comments:(0)
保育の無償化より待機児童対策に税金を
無償化を実施するために毎年必要となる予算について7700億円余りと試算し、消費税率の引き上げに伴う増収分から、国が3000億円、都道府県が1500億円、市町村が3100億円が負担となるという。
東村山市議会では、共生き生活ネットが意見書の提案を行い、自民、公明、立民の賛同を得て可決された。
私は反対。以下、反対理由の討論を行った。

幼児教育・保育の無償化に関する意見書に対し

まずもって、「幼児教育・保育の無償化」は、国政選挙での公約であるのだから、本来は地方の財源をあてにしないでやるべきである。全国市長会がかねてから優先事項としている待機児童対策を飛び越して、自治体の財政負担割合を決め、導入時期を決め上から押し付けるこのやり方は、財政自主権や地方分権に反すると強く主張したい。自治体において、無償化のための財政負担が増えたゆえに、自治体計画の他の事業に響くようなことがあれば本末転倒である。

政府方針では世帯年収を問わず、3~5歳児の幼稚園や認可保育施設の利用を無償化するというものであるが、3~5歳児で所得制限がないのは納得がいかない。所得に応じた負担軽減策はすでにあり、今回、恩恵が大きくなるのは高所得層である。無償化に多くの財源を充てるより、保育拡充で待機児童を解消することを優先すべきだ。
幼児教育・保育の無償化を否定するものではないが、現状で保育の無償化をすすめることは、認可保育園に入所できた世帯と入れなかった世帯の格差は拡大するばかりである。市民間に分断を作りかねないことを危惧する。

保育の無償化の前に、子育て支援策への税金投入は、待機児童対策であり、保育の質の確保にこそ取り組むべきである。

よって、幼児教育・保育の無償化に関する意見書の提出には、反対する。



子ども/教育 | 【2018-12-21(Fri) 21:30:48】 | Trackback(-) | Comments:(0)
3月議会・一般質問①より「中学生の制服は生徒参加、人権に配慮して」
2018年3月議会の一般質問は、議席番号の大きい方からでしたので、私は3日目の一番最後でした。
今回のテーマは3点。①市立中学の制服について 
             ②不登校、引きこもりの若者が自分らしく生きられる場づくりを
             ③補助金の問題についてです。

島崎 都内の公立小学校で高額なアルマーニの制服が話題になった。東村山市立中学校では、どのように制服を決めるのか?
   また、1着の金額はいくらか?

教育部長 第7中が創立30周年時に保護者と協議して標準服を変更したので、その例をあげると、男子 約5万6000円、女子約5万3000円。

島崎 LGBTや寒さに配慮し、女子の制服でもスラックス等を選べるようにしては如何か?

教育部長 生徒・保護者の意見を聞いて、多様な選択肢を検討するように伝えている。

一般質問全文の内容は以下から読めます。


“3月議会・一般質問①より「中学生の制服は生徒参加、人権に配慮して」”の続きを読む>>
子ども/教育 | 【2018-07-30(Mon) 11:21:41】 | Trackback(-) | Comments:(0)
「子どもと貧困~生きる希望をつくる」 市民と行政が出来ること

2017年02月12日


こどもと貧困 お話は白梅学園大学の長谷川俊夫教授

2月9日、講演「子どもと貧困~生きる希望をつくる」がありました。

主催は、東村山社会福祉協議会&ボランテイアセンター

雪混じりの雨が降る冷たい夜にも関わらず社協会場は満員、静かな熱気に包まれていました。

今どきの日本で貧困のこどもがいるなんて実感できない、といわれますが、イラクシリアなどの絶対的貧困ではなく相対的貧困、餓死はしないが社会の通常の生活レベルから大きくかけ離れている生活状態をいいます。

最低限度の文化的な生活ができること。また進路など様々な機会が保障されるようにすることは、➡行政の役割。
そして、経済的貧困は人間関係の希薄を生み、家族同士も共に過ごす時間が少なくなり、孤立して健康や精神的な問題を引き起こします。孤食が増えていることはデータに表れています。

そこで、日本全国各地で広がりを見せている「こども食堂」について、長谷川ゼミ生が調べた沖縄県「こども食堂」から提言です。
「こども食堂」は貧困家庭が行くものにしてはいけない。
他者と繋がる一つの居場所へ。
「空腹と寂しい」➡「満腹で楽しい~」へ。


「こども食堂」~私たち市民が出来ることですね。
昨夏から青葉町で「キッズダイニング」として、こども食堂が毎週土曜開かれています。
課題はあります。関わっている人たちが話し合って、進めていることがとても重要なことだと思っています。
そして、問題の一つは会場の確保です。行政が会場を保障してくれれば東村山市内でも広がることができるのにと常々考えていました。議会では、「市内の空家を市民活動へ提供を」と質問をしていますが、それも一つ。


会場から、「私たちは何が出来るでしょうか!」との質問に対し、「気持ちのある人たちが集まって考えてください。行政は会場の提供で支援するということだと思います」・・・・行政の役割として応援してください。


子ども/教育 | 【2017-02-12(Sun) 10:31:44】 | Trackback(-) | Comments:(0)


次のページ