プロフィール

島崎よう子

Author:島崎よう子
明治大学文学部卒業。退職後子育ての傍ら青葉文庫、カンガルー共同保育、青葉小・5中PTA、リサイクル条例直接請求運動に係る。1995年東村山市議会議員初当選。現在6期目。

生活文教委員会(前期は厚生委員会)。議会運営委員、広報広聴委員。昭和病院企業団議会議員。
保護司。
自治体議会改革フォーラム会員。全国フェミニスト議員連、財政問題研究会。
介護予防大作戦実行委員、青葉町福祉協力員、いきいきシニアあっぱれ脳トレ、みんなのうたごえ実行委員
sorakazeyoko@w3.dion.ne.jp

島崎よう子 on Twitter
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
そらかぜ通信*Mobile
そらかぜ通信のブログは携帯からもご覧いただけます。
QRコード
ブログ検索
特定の団体による自販機の長期設置は不公平~3月議会一般質問②

2017年06月22日


何十年も自動販売機を公共施設等に一部の団体だけが設置しているのはおかしい。すみれ会や身障者運転者協会など、ごくごく限られた福祉団体で、現況の設置は一部に偏ったものであり、公平・公正とは言えないなと感じています。


自販機の設置を許可しているのは、福祉団体の自立を支援する目的であることは、私も賛成です。今ある福祉団体全体に門戸を開けないのならば、
入札で上がった歳入分を福祉団体支援の財源として分配する提案を25年9月の私の代表質問で行ったわけですが、特定目的の収入として限定することなく取り扱いたいとの答弁でした。今回もその考えは変わらないとのこと。

市長は、「昔からあるところだけを優先するのは不公平ではないかというのも、おっしゃられる点ではわからないわけではないんですが長年それでそれぞれの団体も、歳入の、大体それで見込みが立ってしまっていて、もし万が一入札から外れると、もう組織の維持にもかかわるぐらいの打撃を受けざるを得ないというお話も聞いているところでございまして、市役所としても大変この扱いについては苦慮しているというのが事実であります。」と答弁されたが、これこそ既得権。自立の支援といえるのか、疑問に思います。

以下、質問内容全文。


“特定の団体による自販機の長期設置は不公平~3月議会一般質問②”の続きを読む>>
まちづくり/市民協働 | 【2017-06-22(Thu) 22:02:51】 | Trackback(-) | Comments:(0)
震災訓練、「避難所運営訓練」に取り組む
青葉町で毎年実施している「震災訓練」
今年は、「避難所運営訓練」~実際の災害時に即した活動として、避難所開設初期時の行動を参加者が共有する

避難訓練安否確認2     避難訓練安否確認 

2月19日午前9時に震度6強の地震発生を想定。
安否確認サインの白いタオル。初めての取り組みでしたが参加率は47%!数週間前に公報で知らせただけなのに、良い成績でほっとしました。


避難訓練集合        避難訓練集合2 

11時までに青葉小学校校庭に集合。   縄に繋がってくる自治会もありました。安心かもしれないですね。
車いすの方も参加してます。
                                           
避難訓練会場2        避難訓練クラカッー2
         
杉山校長先生のご挨拶。           私は物資担当で、お土産のクラッカー準備。
                           人数にお構いなく全部開けてしまうという失敗。
                           配布場所も二転三転。


避難訓練会場3      

体育館に移動後、避難者役割担当による避難所開設準備。
336名が参集。

例年の消火訓練や煙や起震車体験などはなく、9時にいっとき集合場所に集まってから、校庭に集合し、避難所開設訓練を経て体育館に入るまで待つ時間が長く、お叱りを戴きました。目的の徹底が弱かったのかもしれません。また、待ち時間を有効に活用できるよう工夫が必要だったかも(自治会によっては集会室で話し合いをしたところもありました)
やってみて見えてきたこと。貴重な体験です。

前日の暖かさとは変わり寒い中、皆様お疲れさまでした!




まちづくり/市民協働 | 【2017-02-20(Mon) 21:35:25】 | Trackback(-) | Comments:(0)
9月議会一般質問3~浸水被害、感染者が出てからの消毒では遅い!
そして3番目のテーマに移ります。台風9号による床上浸水被害に対してです。
  今議会では台風9号の議論が大変多くありました。実際に床上浸水が50件、床下は23件であったという報告もあります。私が御相談を受けたのは、よもぎ橋のお宅の皆さんです。それで、床上、床下もそうなんですが、大変な被害に遭われておりました。何よりも泥をかき出して、その後、乾かして消毒をしたいと。そうしないと伝染病とか、そういったことが心配だなということでした。
  ちょうどよもぎ橋の向こう側、渡ったところの道路1つ隔てたところは所沢市なんですけれども、所沢市役所の方は、台風のあった22日の夕刻にはもう泥を掃き出してくれたりしていたということですし、消毒費用も出るそうなんです。
  そこで、私、この段階では床上浸水になった家屋の消毒費用は出ないんですかという通告の仕方をしたんですけれども、全額自己負担、床上の場合は1万2,000円、床下の場合は2万8,000円だったと聞いておりますけれども、これに対する見解を伺います。
○環境安全部長(平岡和富君) 東村山市地域防災計画の中で、市には防疫活動という役割がございます。これは感染症患者への措置として行われまして、具体的には、被災家屋や避難所における消毒活動を実施するというものでございます。
  今回の台風9号による被害では、感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律に定められている感染症が発生したという事案がないことから、この防疫活動を実施していないところでございます。
  なお、当該地域の民生委員からの要望を受けまして、健康福祉部の保健師が被害のあった家屋を訪問し、健康相談等の対応を行ったとの報告を受けているところでございます。

○2番(島崎よう子議員) 先週は市長も泥のかき出しをしてくださったなんてお話も伺っておりますけれども、すごく昔、私がまだ越して来る前だと思うんですけれども、改修する前の空堀川があふれたときに、たしか赤痢か何かがはやったという、その水があふれたためにということを伺っているんです。
  今の部長の御答弁ですと、感染症にかかっている場合にはというただし書きがあったみたいですが、そうでなかったとしても、じとじととする家屋の中できちんと消毒しないと大変気持ちが悪いという、もし万一ということはすごくわかると思うんですけれども、そういった点を含めてでも検討はしなかったんでしょうか。
○環境安全部長(平岡和富君) 当市としましても所沢市の情報は認識していたんですが、先ほど私が御答弁申し上げたとおり、やはり感染症の予防と感染症の患者に対する医療に関する法律に定められている感染症が発生していないということから、今回は市としての防疫活動は行わなかったということでございます。
○2番(島崎よう子議員) でも実際は皆さん、消毒なさっています。そして、もう御存じだと思いますけれども、床上浸水の場合はフローリングが全部だめだし、畳も全部だめだし、それに床上に行かなかったお宅でもガス給湯器がだめになったり、室外機が故障してしまったり、あと廃車になってしまいました。そんなので大変な負担になっております。
  そういったときに、防災見舞金というのは床上の場合5,000円しか出ないということなんですけれども、ここは市長に聞いたらよろしいでしょうか。こういった被害に対して、今回の特別ということもあるかもしれませんが、無利子の福祉貸付金などはないだろうかという御相談も受けているんです。市長はどのようにお考えでしょうか。

○市長(渡部尚君) 今般の台風9号の被害につきましては、とりあえず当市としては23日に、どういう手順で行うかは、まずはとにかく早期にお知らせをしなければならない。まずは罹災証明を受けていただくということを中心にお知らせをさせていただきました。その時点では、まだ市内の被害の全容がほとんどこちらとしても、何件ぐらいあって、どこが中心的に被害を受けられたかということについては、全てを把握していたわけではありません。
  先ほど申し上げた家屋の消毒の関係については、これまでも地域防災計画に基づいて、市内でも床上浸水の被害もありましたが、特段、市としては、防疫という観点から行ってきてはおりませんでした。したがいまして、急に考え方を切りかえることについてはどうかということで、今回についても今までどおりの対応をとらせていただいたところであります。
  今後もし、防疫ということでなく、床上浸水をした場合については市で所沢市のように消毒するということになると、一部、地域防災計画自体の見直しも含めて考えなければならないかなと今のところは判断しております
  見舞金等のことについては、これは要領で定めているものなので、今回、市境でかなり被害が発生したということもあって、余り他市と格差が生じることになると、ここはうまくないであろうということで、現状、浸水被害については5,000円しか、当市の場合は要領上支給していないんですが、周辺市の状況も見ながら、今後見舞金については検討させていただきたいと、現時点では考えているところであります。
  また、将来的には先ほど申し上げたように、消毒と、あとごみ処理の問題ですね、汚泥等々。それについてどうするかというのは、ちょっとお時間をいただいて考え方を整理した上で、地域防災計画等できちんと定めていく必要があるのかなと考えているところでございます。

○2番(島崎よう子議員) 消毒のことに関しては、考え方がわかりました。そして、今回の見舞金も検討するよということでよかったなと思うんですが、いつごろまでにその結論は出していただけますか。
○市長(渡部尚君) 見舞金については余り日を置くことはできませんので、いずれにしても今回の台風被害については、前川等で護岸が数カ所崩落して、これについては早急に対応もしなければなりませんし、それらを積み上げてまいりますと、現状で予備費で積んでいる当初予算で計上している金額では対応し切れないので、9月定例会最終日に予定している補正予算の中で、今、予備費の増額を検討させていただいております。
  その中に考え方としては、議会に上程するまでに見舞金の考え方は整理をして、予算可決後、支給できるように準備を進めてまいりたいと考えているところでございます。
○2番(島崎よう子議員) 大変柔軟に物事を考えて取り組もうという姿勢が感じられましたので、どうぞよろしくお願いしたいと思います。
  以上で質問を終わります。

まちづくり/市民協働 | 【2016-11-23(Wed) 17:03:59】 | Trackback(-) | Comments:(0)
6月議会一般質問(1) 生き延びるための災害対策を 
○2番(島崎よう子議員) トップバッターになりました。ぐずついた天気ですけれども、議会でのやりとりは明快に健やかにやりたいと思いますので、よろしくお願いします。
  今回は、3つのテーマについて伺います。さらに安心できる災害対策に、認知症声掛け訓練の全市取り組みを、困り感ある生徒の高校進学の支援についてです。
  1番から伺います。さらに安心できる災害対策に。
  平成28年熊本地震は、4月14日に発生した震度7の後、16日にさらに大きな本震を発生するという想定外の地震で、14日時点では倒壊しなかった建物等が崩れ、16日の地震により甚大な被害になったと言われております。現在も多くの方々が避難所生活を余儀なくされています。犠牲となられた方々の御冥福をお祈りするとともに、被災された皆様にお見舞い申し上げます。被災地の一日も早い復旧・復興を願うばかりです。
  さて、首都直下型地震が今後30年の間に必ず発生すると言われていますが、ともすると日常生活に流され、地震対策が意識から遠くなりがちです。熊本地震を教訓に防災・減災に取り組みたいと考え、以下伺います。

  1、配布された市の防災ガイドマップによれば、地域配備消火器及び防火水槽の配置は、地域間での大きなばらつきが目につきます。その理由と今後の配置計画を伺います。
○環境安全部長(平岡和富君) 市内の消防水利は、防災ガイドマップに掲載されている防火水槽393基以外にも、東京都水道局により消火栓が1,205カ所に設置されております。防火水槽だけでは見た目上ばらつきがあるように見えますが、消火栓とあわせ市内の消防水利のバランスがとれるように配置されているところでございます。
  続いて、地域配備消火器についてでございますが、市内全域888カ所に設置されております。昨年12月議会で答弁させていただいておりますが、消火器の間隔とか誘致距離につきましては、明確な定めはございません。御指摘のように偏りがあるのは事実でございますが、市としても満遍なく配備したいと考えておりますし、また、要望を受ける形で配備することにつきましては、そのとおり応えているところでございますので、今後におきましても、市民の皆様の要望をお聞きし、協議しながら設置を進めていきたいと考えております。
○2番(島崎よう子議員) 市民の要望ですと、やはり防災意識が高いところでは要望していく傾向にあるように見受けられます。むしろ配置が少ないところは、そういった意識も弱いように見受けられますので、ぜひ行政側としても積極的に働きかけを行うべきだと考えますので、検討していただきたいと思います。  

次の室内家具転倒防止対策について伺います。現況の実施率2倍増を目標にしていますが、その数値を伺います。また、実現達成の課題をどう捉えていますか。
○環境安全部長(平岡和富君) 東村山市地域防災計画上の東村山市が掲げる減災目標において、現況の家具転倒防止対策実施率の2倍増を掲げておりますのは、平成23年に実施された消防に関する世論調査において、東京都民の家具転倒防止対策実施率が53.6%であり、これを100%にするという東京都の指針に基づき2倍という言葉を用いたものでございまして、東村山市における現況数値、いわゆる実際に統計をとったものに基づくものではございません。
  なお、平成27年に実施された同調査では、都民の家具転倒防止対策実施率は66.6%、プラス13ポイントに向上しております。
  この調査では、対策を実施していない理由としまして、面倒である、あるいは建物の壁に傷をつけたくないという御意見がそれぞれ2割以上を占めておりまして、対策の必要性が十分に伝わっていないことが一つの課題であると考えられているところでございます。地震による負傷者の3割から5割が家具の転倒落下によるものである点からも、この対策による減災効果は非常に大きなものであると考えております。

“6月議会一般質問(1) 生き延びるための災害対策を ”の続きを読む>>
まちづくり/市民協働 | 【2016-09-01(Thu) 20:23:49】 | Trackback(-) | Comments:(0)
空家等対策協議会の設置で空家対策に期待しているけど、議員がメンバーに入るのは時代に逆行

2016年06月27日


花アジサイ


6月6日から開始した6月定例議会が本日27日に終わった。
例年同様6月議会は議案が少なかったが、今年は請願陳情が28件も。
議会基本条例で陳情も請願同様審議すると決め、一昨年より施行してから、陳情が多くなった。最近は市外のお一人の方が精力的に出されている。
東村山市の問題を東村山市に関わりのない方から提案され、審査、結論を出すのは如何だろうか、と思う。
議会運営委員会では、陳情の扱いについて今後、検討することになりそうだ。

さて、一人会派の私は、自分が所属していない委員会にかかった議案や陳情に対して賛否を明らかにするために、ここ数日、検討していた。インターネットで審議内容を確認できるので本当に便利で助かる。
空家等対策協議会を設置する条例では、討論で気になる点を指摘して賛成した。


以下、討論-----------------

空家等対策協議会条例について、市民自治の会は賛成の立場から討論します。

空家問題は私有財産に関することではありますが、防災防犯、衛生や景観の観点から大きな社会問題であり喫急の課題です。空家に関する総合的な計画の策定や対策を協議していくこの「空家等対策協議会」を設置し速やかに検討して戴きたいと思います。
予防・啓発をすすめ、また空家等の利活用をまちづくりに生かしていただくよう期待しています。

しかし、この協議会の組織に議員が構成員として入っている点は、違和感をもちました。
全国市議会議長会が平成18年2月、『「分権時代における市議会のあり方」に関する調査研究報告書』において指摘している事項で、地方分権の推進による議会の厳正な監視機能の発揮、また、住民の直接的な市政参画を拡充するためにも議員の審議会等への参画を見直し、法令の定めによるものにとどめるべきであるとされました。
以来、東村山市議会では出来るだけ議員が加わらないようにしてきました。全国的にも、審議会等への議員参加は法定で定められているものに限定してきています。
議会は議論をする場を設けられているのです。議会改革度ランキング32位の東村山市議会としては、時代に逆行しているのではないかと思えます。

今回は、議員は市長による選任でありますので、多様な立場からの議員を選任して戴くよう要望します。
この条例の審査において、議員の人数および公募市民の人数は議論されていないので各人数については不明ですが、空き家対策は地域住民の問題でもあり、公募枠を1名でも多く参加できるようお願いして討論とします。



まちづくり/市民協働 | 【2016-06-27(Mon) 21:28:58】 | Trackback(-) | Comments:(0)


次のページ