プロフィール

島崎よう子

Author:島崎よう子
明治大学文学部卒業。退職後子育ての傍ら青葉文庫、カンガルー共同保育、青葉小・5中PTA、リサイクル条例直接請求運動に係る。1995年東村山市議会議員初当選。現在6期目。

生活文教委員会(前期は厚生委員会)。議会運営委員、広報広聴委員。昭和病院企業団議会議員。
保護司。
自治体議会改革フォーラム会員。全国フェミニスト議員連、財政問題研究会。
介護予防大作戦実行委員、青葉町福祉協力員、いきいきシニアあっぱれ脳トレ、みんなのうたごえ実行委員
sorakazeyoko@w3.dion.ne.jp

島崎よう子 on Twitter
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
そらかぜ通信*Mobile
そらかぜ通信のブログは携帯からもご覧いただけます。
QRコード
ブログ検索
H31.3一般質問③「ひきこもり」自分らしく生きられる環境づくりを!
3番目、最後のテーマです。生きづらさを抱えたひきこもりの方への支援を急ごうです。
  8050問題を御存じだとは思います。80代の親御さんが50代の子供の生活を支えるという問題です。背景にあるのは子供のひきこもりです。40代、50代になったひきこもりの人が、高齢化した家族とともに追い詰められ、社会的に孤立している深刻な事態が、全国で相次いで報道されています。最近は自治体の調査で、例えば佐賀県の調査では、40代以上がひきこもり層全体の7割を超え、松山市では半数近くが10年以上というデータがあります。長期・高年齢化というのは全国的な傾向にあるのではないかと思います。
  また、町田市が、ひきこもり当事者調査報告書を出しています。20歳から64歳の無作為抽出の2,000人対象で、目的は、いろいろな生き方が容認される土壌があるのかどうか、市民の認識を知るために行ったとありました。「本人及び家族にいる」との回答は5.5%で、「周辺にいる」は31.5%です。早い段階で支援体制に取り組めれば、20年、30年と長期化しないで済みます。ひきこもりとなった原因は、さまざまな事情があることでしょう。解きほぐすことは容易ではないと思われます。
  今までも、28年12月、30年3月にもこのひきこもり問題を取り上げまして、実態調査をしてくれという切り口で質問してきましたが、今回は視点をちょっと変えまして、働きたい、社会とつながりを持ちたいと、その気になった人を受け入れる多様な選択肢が用意できればと考えます。本人、家族にとって、自分らしく生きられる環境づくりを進めていただきたいという思いで、以下質問していきます。
  1、内閣府の2016年調査によると、ひきこもり状態の方は54万人、これは39歳までで、40歳以上の方はカウントされていません。この数値から換算すると、東村山市内にはどのくらいのひきこもりの方がおられると推測されるか、わかるでしょうか。
○教育部長(野崎満君) 平成28年9月の内閣府のひきこもり調査結果によりますと、平成27年12月、全国で無作為抽出した15歳から39歳の男女5,000人を対象に調査を行い、回答者の1.57%がひきこもりに該当する結果とのことでございます。この出現率1.57%から単純換算いたしますと、当市の平成31年2月1日現在の15歳から35歳の人口が3万9,356人であることから、ひきこもりの推定値としては618人となります。


“H31.3一般質問③「ひきこもり」自分らしく生きられる環境づくりを!”の続きを読む>>
シニア/福祉 | 【2019-06-04(Tue) 20:01:07】 | Trackback(-) | Comments:(0)
30年6月一般質問「誰も自殺に追い込まれることのない地域づくりを」
○2番(島崎よう子議員) 梅雨に入る前のきょうは晴天です。爽やかな気持ちのよい日ですが、議会のほうも爽やかに頑張っていきたいと思います。
 今回は2つのテーマを取り上げます。1つは自殺対策、もう一点は公文書管理についてです。
 初めのテーマ、「生きる支援としての自殺対策計画の策定に向けて」。
  自殺者数は6年連続で年間3万人を下回ったものの、主要国G7の中で日本は一番多い状況にあります。主要死因は、国、東京都、東村山市のいずれも1位は悪性新生物、がんですね。2位が心疾患、3位、肺炎、4位、脳血管疾患、5位、老衰と同じですが、死亡率と自殺の順位については、人口10万人に対して国は18.5で8位、東京都は16.9で7位、東村山市は22.6で6位と高く、私はショックでした。なくさなくとも済む命を失うことのないように、誰も自殺に追い込まれることのない社会・地域づくりをしていきたいと思います。

東村山市は、人口10万人当たりの自殺者数が、東京都約15.9に比べ、当市は22.6と高いが、特徴はあるか。

健康福祉部長 24年度からの自殺者数のデータでは、60歳以上で無職のおひとり暮らしの男性と40歳から59歳で仕事をしている    男性、60歳以上で無職で一人暮らしの女性の順に多く、高齢男性がやや多い傾向にある。
島崎    厚労省では、計画策定よりも計画実行に移す際に、協力を得られるように策定過程が重要だとしているその点を考慮し     ているか。
健康福祉部長  「東村山市いのち支える自殺対策支援推進本部」の元に庁内で横断的なワーキンググループを立ち上げ、自殺       対策につなげる事業を行っている所管で連携体制を整える。

詳細について、以下をご覧ください。


  

“30年6月一般質問「誰も自殺に追い込まれることのない地域づくりを」”の続きを読む>>
シニア/福祉 | 【2019-02-11(Mon) 14:00:07】 | Trackback(-) | Comments:(0)
29年12月一般質問①安心して暮らし続けられる介護保険に。
○2番(島崎よう子議員) きょうから12月に入りました。ことしも押し迫り何かと気ぜわしくなりますが、この議場の中だけは、住みたい・住み続けたい東村山のまちづくりに向けた、落ちついたよい議論をしていきたいものだと思います。
  今回、私の質問は、1、介護保険について、2、総合評価競争入札方式について、3、学習支援事業についての3つのテーマを取り上げます。
  初めに、1、安心して暮らし続けられる介護保険に。
  2018年度からの第7期介護保険事業計画の策定に向け、厚労省や財務省は給付の縮減の意向です。要介護度2までを軽度者と位置づけ、地域支援事業を枠に組み込む案も出ていましたが、地方自治体や関係する機関から猛反発があって見送られました。2025年問題は視野に入れざるを得ませんが、地方分権の試金石でもある介護保険制度は地域政策として捉え、地域で安心して暮らせるものにしていきたいと切望しています。
  さて、当市では、市民や関係団体にアンケートやグループインタビューを実施し、それらの現状分析を行い、介護保険事業計画の策定としていくとのことです。この基礎調査報告書を、ピンクのこれですね、出していますが、綿密な調査で分析も大変だったのではないかと思われます。9月議会に引き続き、それらを参考にしながら質問したいと思います。
  1番、2015年度は介護保険制度の大改正が行われました。それによる課題は何なのか伺いたいと思います。
  ①です。介護予防・生活支援サービス事業者の参入と人材確保について伺います。

“29年12月一般質問①安心して暮らし続けられる介護保険に。”の続きを読む>>
シニア/福祉 | 【2019-02-09(Sat) 19:19:30】 | Trackback(-) | Comments:(0)
ちょこっとカフェは、地域の人たちの居場所です♪
毎月第3日曜は、青葉町安心ネット主催の「ちょこっとカフェ」
老健施設の多摩すずらんの場所をお借りし、職員の方もあれこれ協力してくださり、大変にありがたいです。

ちょこっとカフェ看板3

   ちょこっとカフェ看板     ちょこっとカフェ看板2


ちょこっとカフェ受付
今日は抹茶ラテやコーヒーが人気でした。どれも1杯 100円。
クリスマスらしく小さなスポンジケーキにチョコがかけられたお菓子が好評。
「どうしようかと迷ったけど、来てよかった~」とニコニコと話す方や何カ月ぶりにいらした方もいて嬉しいです。


ちょこっとカフェふまねっと 今月はふまネット。
手拍子や童謡に合わせて、左足、右足よこに、左足は斜め前~と簡単そうですがオットトト。笑い声が弾けます。
気が進まない方は、おしゃべりに花が咲きます。


ちょこっとカフェテーマソング

ちょこっとカフェのテーマソングは ♫手のひらを太陽に~
エレクトーン&ウクレレの伴奏で手話を付けて歌って、お開き。
また、来月、元気にお会いしましょう♪




シニア/福祉 | 【2018-12-16(Sun) 21:57:50】 | Trackback(-) | Comments:(0)
あゆみの会親子新年会~共に過ごす時間を大切に
あゆみの会新年会① あゆみの会 西尾会長


  毎年、新年早々の新年会は、 東村山 あゆみの会親子新年会から始まります。
 西尾会長の新年の挨拶は、障害者年金の引き下げを始め、親亡き後のこどもの行く末やダブル介護、高校卒業後の居場所と親の働き方等様々な課題を投げかけ、「敵意と分断」から「信頼と共生社会」をめざそうと熱く呼びかけました。様々な年代の人が置かれている問題を話されたのですが、暖かい語り口からも差し迫っていることを感じました。
 市長、宮本衆議院議員、尾崎都議、同僚議員と共にしっかり受け取めました(皆さんその筈)

   あゆみの舎②      あゆみの舎④ 第2中学三味線クラブの皆さん


 獅子舞や迫のダンスパフォーマンスは毎年恒例です。迫さんの輪にダンス好きな人も加わり、最後には来賓や私も踊り、めちゃくちゃ盛り上がりました😄
 肢体不自由に重複の障害がある方も多く、この新年会を通じひとり一人の個性や介護の様子等知る機会にもなっています。
 共生社会は一緒に過ごす時間から育まれる、ですね。

    あゆみの舎⑤    あゆみの舎③

  そうそう、最後のビンゴゲームで、なんとテイーファールが当たりました♪
  こいつア、春から縁起がいいわい!




シニア/福祉 | 【2018-01-08(Mon) 11:43:22】 | Trackback(-) | Comments:(0)


次のページ